« ちゃーれんじ(笑) | トップページ | 満月の夜? »

2018年1月 4日 (木)

そういうものなんだよ(笑)

人生はマナーでできている  高橋秀実  集英社

 日本人なら、礼に始まり、礼に終わる、これ常識じゃまいか?そんな日本の中には、マナーがいぱーいってか(笑)いつものよーに、それらに著者がトライ&ゴーの体当たり企画キタコレ(笑)最初から最後まで、ああ日本人なエピ満載でしょか(笑)

 それにしても「ルールは従うべき掟だが、マナーとはそれぞれの「やり方」。ルールを破った時、あるいは破りそうな時にどう振る舞うか。それこそがマナーではないだろうか」とな…マナーとは何ぞや?って、そゆ事?なのか(笑)人生の立ち振る舞いを、振り返ってみよーってか?

 いやぁ何か本当に目から鱗のエピいぱーいで、ビックリしますた…何せ荀子からキタコレなんですから、ドンダケェー(死語?)というのも「礼なる者は吉凶を謹しみて相い厭わざる者なり」ですしおすし…「「礼というものは、「吉」と「凶」の区分に慎重であり、互いに紛れないようにする、ということ。「吉」と「凶」の分別。それが「礼」の原点なのである」って、ホンマでっかぁーっ?

 吉凶占いって、そんなに深いものだったとは(笑)魏志倭人伝の昔から骨焼いて占ってますが?何か?らしーし、日本書紀だって「イザナギとイザナミに「天神、太占を以ちて卜合ひたまひ」ですからぁー(笑)「いうなれば私たちは占いの産物なのだ」って、そーだったのか?大和民族(笑)その他、聖徳太子から、古事談、今昔物語集、軍記物語も、貴方も私も吉凶って事らすぃ…

 でもって、ちゃんと凶の対処もマスターしますたとな…例えば、おみくじ、凶が出たら「逆手(右利きなら左手)で境内の枝に結ぶ」でお祓いできますたになるやんけってか(笑)

 アリス的には、マナー…アリスの場合は見かけ結構ルーズのよーで、あの雑学データベースのお化けならば、細かくチェック入っていそーだよなぁ(笑)

 他にアリス的には、三つのの鉄オタアリスきたこれで、「駅での停車時間は「ドア1つに上客が3名多ければ1秒増える」という計算にもなり、結局「列車が遅れる原因はほとんど乗降時間の増加」なのだそうだ」って、お客さんがいなければ遅延しないって事ですか?そーですか(笑)

 ちなみに列車内の迷惑行為について、各鉄道会社はルールともマナーとも規定していないとは知らなんだ…というのも「マナーをつくると、「マナー違反」が生まれます。この「マナー違反」ということに苛立つ人が多いんです」になってしまうからとな…モラハラきたこれになるのだろか?うーん…

 後、満員電車内での所作の詳細も本書をドゾ。目から鱗のエピいぱーいってか?一例としては、「電車の中では「しあわせ」は禁物。確かに、会社などの共同生活においても「しあわせ」では人に不愉快を生じさせがちである。「苦しさ」のほうが同情を呼ぶわけで」の件は、何で日本ってしかめっ面の人が多いか、これで判明したよーな気がするのは気のせいか(笑)

 でも、鉄道営業法なんてあったのか?アリス?詳細は本書をドゾですけど、それによると「本来、乗客は座れる時しか乗ってはならないのである」でして、「つまり満員電車は毎日この法律に違反しているわけで、乗客に対してあれこれマナーを求めるのは筋違い」じゃね?なのか(笑)何だかなぁ(笑)

 他にアリス的というと雛人形他のラーメンで、ラーメン二郎における、ジロリアンのマナーだろか?フリークによるローカルルールって奴でしょか?こちらの詳細も本書をドゾ。たかがラーメン一杯、されどラーメン一杯なんですよ、奥さん(誰?)

 それから、片桐さんのホーム、神保町来たぁーっで、環境省の「かおり風景100選」に「東京、神田古書店街」も入っているそな…「環境省によると、かおりの源は「古書」。古書は「よいかおり」だというのだ」って、それは一部の本好きマニアだけかと思ってますた(笑)今や環境省のお墨付きとは(笑)

 とはいえ、今時の古書店は、本も一冊ずつビニール袋に入れてにおわなーいの世界らすぃ…というのも、古書ににおいがついていると古書の価格が下がるとな…ちなみに古書店主によると神保町の香りとは、カレーじゃねとゆー事になるらすぃ(笑)アリス的には、本でもカレーでも、大好物だからオケ?

 他には、作家的に言葉の定義的にどよ?かなぁ?で、「「ありがとう」はもともと「有り難い」。滅多にないということで、それは、事実、あるいは現象を述べているにすぎないんじゃないですか」(@加藤和夫教授/金沢大)となるらすぃ…

 又、敬語も、元々関東は無敬語地帯で敬語とは「京都の宮中の貴族、そして中世には大阪中心に接客用語として発達したんです」(@加藤)という事になるそな…そゆ訳で、関東の敬語の歴史は「たかだか300年ですからね」(@加藤)って事で、それが「今日、「敬語の乱れ」などと憂う人もいる」って、どよ?もあると思いますか(笑)敬語後進地域の悲哀ってか(笑)

 それにしても、本書は豆知識に事欠かない情報がいぱーいで、例えば、おじぎの歴史…「604年4月に「憲法十七条」がつくられ、「礼に以ちて本とせよ」(第四条)と「礼」が国の基本理念とされた後、同年九月に」詔キタコレってか?どういう所作かの詳細は本書をドゾですが、よーするに、宮門に来るならおじぎしろってゆー命令ですねん(笑)で、これが「おじぎのルーツ。マナーというより天皇が定めたルールだったのである」って、ホンマでっかぁーっ?

 で、これが武家作法となるとどよ?で天下の小笠原流キタコレで、「おじぎとは、もともとひれ伏すということなんです」とな…ちなみに小笠原流の初代は1187年からとゆー事になるらすぃ…こちらの詳細も本書をドゾ。

 しかもさすが武家と言うべきか、礼法って「心身を鍛える」為にやりなはれの世界だったとは知りませんでした…「礼法の基本は「立つ」「座る」「歩く」「おじぎする」「物を持つ」「回る」。これらすべての所作が実は鍛錬法だったのだ」って、ホンマでっかぁーっ?いやぁ武士は常にスタンバイってパネェ…てな訳で、一つ一つの動きについての詳細は本書をドゾ。

 いやぁそれにしても、ウォーキングのあの腕を振って歩く動作って、「あれは「狙われることがない」という表明なんです」になって、「「完全に油断しています」と宣伝しているようなもの。周囲の状況をなめており傍若無人でもあるわけで、いうなれば無礼者なのだ」とは知らなんだ…てな訳で、武士は手を振って歩いたりはしないのか…

 まぁともかく、他にも伊勢礼法もあるんですが、どちらにせよ、「本当の礼法は門外不出」だそで、「巷に出回る「しきたり」は全部ウソ」って、「「しきたり本」では礼法を学べないのである」ってホンマでっかぁーっ?

 他にも挨拶って仏教、禅からキタコレだったのか?「「挨」は「積極的に追ってゆくこと」で「拶」とは「切りこんでゆくこと」」とか…こちらの詳細も本書をドゾですが、丸めると「禅問答のことなのだ」になるとは、これまた知らなんだぁーっ(笑)

 それから清潔でアレも「今から1300年以上前、文武天皇」の詔キタコレかららすぃ…そんな訳で「悪臭防止は国民の義務なのだ」ってホンマでっかぁーっ?と思っていたら、今でしょ(死語?)も「悪臭防止法」なんてあったのか?アリス?民法なのか?刑法なのか?それとも商法?環境法ってどこに入るのだろか?と素朴な疑問が?

 ちなみに施行当初は業種的にどよ?の世界を想定していたらしー…畜産とか、し尿処理とか、製紙業とかとか…それが今でしょに至り、ラーメン屋、イタリアンレストラン、コーヒー豆の焙煎、焼き肉屋、カレー屋、パン屋etc.にまであると思いますになってきたらすぃ…こちらの詳細は本書をドゾ。匂いで客寄せって、今だとご近所迷惑になるのか…

 まぁ臭いとなると、親父臭とか、加齢臭とか話題になっていますけど…スメハラとか…こちらの詳細は本書をドゾ。娘を持つお父さんは悩んで嘆いておりまする…ちなみに加齢臭は背面が臭うとゆー事になるそな…だから「女性たちは男性のすぐ後ろに立つのを嫌がる」そで…

 ちなみに「人にはそれぞれ異なる体臭があるそうで、それを「指紋」ならぬ「臭紋」と呼ぶらしい」って、そーだったのか?体臭?

 ちなみにちなみに、くさいの語源は「くさる(腐る)」だそで、におうの方は「にほふ」で、「に(丹、赤いの意)」+「ほ(秀、ぬきんでて表れているもの)」+「ふ(接尾語)」だそで、「もともとは色彩を意味していた」のだそな…そーだったのか?匂宮?薫君?

 他には、実に日本らしいのは会議のマナーのとこなぁ(笑)ちなみに「日本は神代の頃から事あるごとに会議をしている」そで、古事記の昔から丸まって相談が平常運転らすぃ(笑)八百万の神って…てな訳で、今でしょ(死語?)のリアルな会議事情についての詳細は本書をドゾ。更に女子会とか…それにしても女子会でも「しあわせな話は禁物ですね。しあわせは角が立ちますから」(@M/仮名)らしー…

 でもって、議論の方はどこから来たの?とゆーと、戦国時代にイエズス会が持ち込んだってホンマでっかぁーっ?論破して信者増やすぜぇーと意気込んでやってきたけど、日本に来たら肩透かしってか…というのも「日本人は決して争わない。争うから「議論」になるのだが、儀礼を優先する日本人にはそもそも争う姿勢がなかったようなのである」ですしおすし…

 だいたい戦場でも、マナーが支配していたよーで…でもって、挨拶とか名乗りとか一通り終わると、「詞たたかひ」始まるよぉーってか(笑)「達人になると、「詞たたかひ」で相手を笑わせて戦意を喪失させ、戦を終結させることもあったという。言い争うというより、争わないための一種の余興。悪口も戦を避けるマナーだったらしい」って、ホンマでっかぁーっ?そんな訳で、今日日のネットでの悪口蔓延、刃傷沙汰なんて「それは本来、マナー違反なのである」とならねって事か…本当の悪口は悪口で笑いをとらなきゃいけないんですよ、奥さん(誰?)で、戦意消失、しこりを残さないと(笑)

 そして時代は、議論ではなくて、熱議とな…文科省的には、「推奨するマナー、話し合うというより折り合うのである」キタコレって、こちらの詳細は本書をドゾ。今時の教育パネェ…それは褒め殺しじゃないのけ?

 ちなみに国会も「自由討議」の場だったはずが、規則や先例集で式次第通りに進んでますが、何か?の世界を展開しているし(笑)こちらの詳細も本書をドゾ。最早、これは相撲中継のノリか?いっそアナウンスと解説つけたら、ウケるんじゃね?ちなみにちなみに、中の人的には「議事進行係」という役職ありますでして、こちらの詳細も本書をドゾですが、「この議事進行係は内閣総理大臣へ登竜門ともいわれている」とは知らなんだ…今までに竹下登、羽田孜、野田聖子、小渕優子etc.と担当してきたそな(笑)

 まぁともかく、どんな話し合いも「話し合いに勝つには丁寧に話をすべし」なんだとか(笑)口角泡を飛ばすは、日本ではウケないって事か(笑)

 それから究極のマナー、ルール、結婚キタコレでこちら詳細は本書をドゾ。それにしても結婚の黄金律は「女性がOKを出して男性にプロポーズさせる、それが成婚の基本マナー」なんだそな…

 ちなみに今でしょ(死語?)だと、恋愛至上主義が蔓延しているので、お見合い結婚の場合はお見合いである事を、特に男性が隠したがるそな…ところが一昔前は、庶民は見合い結婚なんてできなかったそで、「お見合いできないから恋愛で結婚するしかなかった」となるらすぃ…良家の子女は皆、見合い(政略)結婚ですが、何か?だったらすぃ…結婚事情にも色々と変遷ありなんだなぁ…

 後は、体操ニッポンはマナーで優勝したとか…騎士道とはで、アーサー王の「騎士ガヴェイン」とか、ラマンチャの男とか、ダンス、笑いヨガとかの詳細は本書をドゾ。

 それにしてもレディ・ファーストって、古代独方式も、伊方式も何とゆーか、女性の為というよりは男性の為のソレだったのか?こちらも詳細は本書をドゾ。結局、外聞が今一のレディ・ファーストじゃねで「身勝手な「レディ・ファースト」を正当化するために騎士道が捏造されたのである」って、成程、どこも聞こえが良い事には裏があるってか(笑)

 豆知識的には、ベジタリアンって単に野菜しか食べない人かと勝手に思っていたら、その中にも仕分けがあるのか?「ペスコ・ベジタリアン/肉は食べないが、魚は食べる」「ラクト・オボ・ベジタリアン/肉・魚は食べないが、卵や乳製品はとる」「ラクト・ベジタリアン/卵は食べないが乳製品はとる」「オボ・ベジタリアン/乳製品はとらないが卵は食べる」「ビーガン/卵も乳製品もとらない」「フルータリアン/卵も乳製品もとらず、さらには葉物野菜も食べない」って、ホンマでっかーっ?ちなみに「「ベジタリアン」とは、1847年にイギリスでベジタリアン協会が結成された際に初めて使われた言葉。当初は「活力がある」「野菜を食べる人」というニュアンス」だったそな…それがいつの間にかこーなったと…それにしてもベジタリアンって、野菜野菜野菜、野菜を食べるとぉー位な意味合いだったのか?

 ちなみに本当にビーガンだと、衣食住全て動物あきまへんえになるらしー…だから衣なら、毛皮、シルク、ウールは駄目絶対って…ホンマでっかぁーっ?

 言葉の豆で、めおとって、元は「女夫」だったのか?「明治時代に夫を先にして「夫婦」と置き換えられたのである」って、とつぐもそで、「「嫁ぐ」などとまるで嫁入りを表しているようだが、これはもともと「と継ぐ」。「と(性器/ほと)」をつなぐセックス、あるいは「と(戸)」を継ぐということで家を継承することを意味しており、本来、性別は関係ない」そな…明治のご維新は本当にすんばらしーですね(笑)

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピ満載ですので、興味のある方は本書をドゾ。食に対するエピのとこですが、山口佳子さんのお言葉かなぁ…東日本大震災で意識が大変革したの件で、「自分が災害に遭った時に「これは添加物が入っているからダメ」なんて言えますか。いつか食べ物を選べなくなる時がくる。それに私たちは明日死ぬかもしれないわけですから。今、目の前にある物を「ありがたくいただく」ことが大事なんです」のとこじゃまいか?そして著者は「食べ物があるだけしあわせ、ありがたくいただくことこそがマナーの基本なのである」と続けているんですよねぇ…これが本当の衣食足りて礼節を知るってか(笑)

 目次参照  目次 文化・芸術

|

« ちゃーれんじ(笑) | トップページ | 満月の夜? »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そういうものなんだよ(笑):

« ちゃーれんじ(笑) | トップページ | 満月の夜? »