« かたさからの脱皮? | トップページ | 食ったどぉーっ(笑) »

2018年3月 6日 (火)

彩り(笑)

すしレシピ  重信初江  朝日新聞出版

 所謂一つのレシピ本だろか?お家で作るお寿司キタコレってか(笑)まぁ、家で作るとゆーと、太巻きとか、ちらし寿司のイメージなんだが、特に三月というとひなまつりがあるせーか、ついついちらし寿司に走ってしまう今日この頃ってか(笑)

 そんな訳で本書では、ばらちらし、精進ちらし、牛ごぼうちらし、かますの干ものちらし、洋風ちらしなどが掲載されていまする…何か普通にイメージするちらし寿司って、ばらちらしのソレだと思うんですが、ちらし寿司それだけじゃなかったんですねぇ…

 ちなみにばらちらしの場合、「すべての具が見えるように盛りつけるのがポイント」なんだとか…精進ちらしは最後にのせる青みも必須アイテムらしー…でもって、牛ごぼうちらしは、牛肉とごぼうを炒め煮にして、すし飯に混ぜた「簡単ちらしずし」なんだそな、これまた最後に紅たでをたっぷり上に散らせば完成ですらしーんだが、紅たでって何じゃ、そら?また、かますの干ものちらしは、かますの干物は勿論だけど、それに奈良漬けキタコレで、薬味のみょうがは、ごまとか、実山椒のつくだ煮、青じそとかもどよって事らすぃ…

 更に洋風となると生ハム、パプリカ、セミドライトマト、オリーブ、パルメザンチーズにバジル、更にはバルサミコ酢ですから、もーイタリアンそのもののよーな気がする?これが、今時のちらし寿司なのかと?あっアンチョビもいれませう(笑)

 アリス的には、ダリ繭の寿司折だろか?後は、マレーのローストビーフで、ローストビーフの押しずしとか、マレーのスモークサーモンで、スモークサーモンとチーズの鱒ずし風とか、朱色の手まり弁当で、手まりずしとか、朱色の柿の葉ずしで、柿の葉ずしとか…

 手巻きずしのネタで、ラフレシアのゴーヤで、スパムとゴーヤの沖縄コンビとか、ラフレシア他のハムで、生ハム、ゴーダチーズ、パイナップルとかチーズ、ちくわ、わさび漬け、海苔&サンチュのダブル巻きとか、201号室他のソーセージで、ソーセージ、アスパラ、海苔&薄焼き卵のダブル巻きとか…

 それから、蝶々の准教授の好物の蟹で、かにとアボカドのバーガーすしとか、二人のソウル・フードのカレーで、カレーそぼろずしとか、後は、大阪という事で、あなごの大阪風蒸しずしとか、どよ(笑)

 他にアリス的な、ダリ繭の卵焼きで、卵を焼くのとこかなぁ?薄焼き卵、錦糸卵、そぼろ卵、厚焼き卵と、卵焼きのバリエもいぱーいってか(笑)

 個人的にしみじみとしてしまったとこは、カリフォルニアロールとシアトルロールのとこかなぁ?所謂、裏巻きの太巻きキタコレですが(笑)カリフォルニアの方は、カニカマとアボカド、シアトルの方は、スモークサーモンとクリームチーズ、マヨネーズたっぷりで、逆輸入の寿司を頬張るってか(笑)

 それと、も一つ、ゆうれいずしのとこかなぁ?こちらは所謂一つの押し寿司の一つだろか?「ゆうれいずしはそもそも白いすしめしだけで作るもの。米のおいしい日本だからこそ生まれた料理といえます」って…上から見た分にはただの白いご飯の固まりなんですけど、それが断面を見ると間にいぱーい挟まっていると(笑)ちなみに「ゆうれいといえば柳、きゅうりの皮を柳の葉に見立てて飾り、完成です」って…何かこの感性がモロ日本だよなぁ(笑)

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんレシピいぱーいですので、興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 食物

|

« かたさからの脱皮? | トップページ | 食ったどぉーっ(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彩り(笑):

« かたさからの脱皮? | トップページ | 食ったどぉーっ(笑) »