« めんくいっ♪ | トップページ | 黒潮に乗ったイタリアン? »

2018年4月 1日 (日)

春のお約束♪

一度は見ておきたい名所の桜  写真と文・庄子利男  河出書房新社

 サブタイトルは、桜花の艶やかな美しさに出会う本なんですが、お花見の季節キタコレで、日本の春は桜に決まりじゃね(笑)それにしても、日本人と桜の付き合いってで、「花見は古代から行われており、人々は稲の神が宿ると信じていた桜にお神酒を添え、豊作を祈願したといわれている」そで、「万葉の時代から歌に詠まれてきた桜は、昔は京都や奈良の一部の地域だけが名所で、花見は貴族な風雅な遊びでした」とな…まぁ「平安時代には、野生の桜を京の都に移植して楽しむようになり」ましたとゆー事らすぃ…

 そして安土桃山時代時代、「豊臣秀吉の「醍醐の花見」のように大規模な花見」キタコレでしたけど、花見の拡大化キタコレでも「まだこのころは庶民の娯楽ではなかった」そな…

 江戸時代になると「三代将軍徳川家光が上野の寛永寺や隅田川堤に多くの桜を植え、八代将軍吉宗が飛鳥山を桜の名所にして飲酒を許可したことから、庶民も花見を楽しむようになった」そで、これが「現在の花見の原形」じゃねって事らすぃ…

 更に「大名たちは参勤交代のさいに、桜の苗木を江戸からたびたび持ち帰ったため、桜が全国各地に植えられ、いまでは五〇〇か所以上の名所が誕生しています」になった模様…参勤交代って情報と物流、ついでに流行もキタコレだったのか?

 まぁそんな歴史を踏まえて、桜の名所ガイドを広げてみしょーですかねぇ?まぁ何と言っても写真がふつくしいでございます(笑)

 アリス的には、京都と大阪の桜の名所かなぁ?まぁこちらにはアリスは一度は足を運んでいると思うんだが、如何なものか(笑)

 そんな訳で、「円山公園は明治一九年に造られ、京都市ではもっとも古い公園」なんだそな…そして「京都市民の花見の宴会光景が見られる場所でもある」って、そーだったのか?朝井さん(笑)

 大阪城公園の場合は、「毎年四月上旬の一週間は、観桜ナイターが行われ、天守閣と桜がライトアップで浮かび上がる」って、そーだったのか?船曳さん(笑)他にも造幣局の通り抜けでは、「毎年開花シーズンの一週間だけ一般公開され、南門から一方通行で見学することから、「通り抜け」の名がある」そな…

 他にアリス的というと、千鳥ヶ淵でしょかねぇ?片桐さん的に(笑)後は井の頭恩賜公園か(笑)

 桜の豆知識的には、夜桜の場合、日本三大夜桜は、「青森県の弘前公園」、「東京都の上野恩賜公園」、「新潟県の高田公園」なんだそな…ちなみに「この三大夜桜のゆえんは、夜桜見物での人出の多さで、期間中は一〇〇万人を超える人で賑わいます」って、ホンマでっかぁーっ?

 桜は「一般に、一日の平均気温が関東以西では摂氏一二~一三度になると開花する」と言われているとな…ソメイヨシノの開花寿命は、「開花期間が一六日、満開期間が五日」「開花日から満開に至る日数は五日」ってとこらすぃ…尤も、天候によるがという但し書き付きですけど(笑)

 そんな桜の開花前線はどよ?とゆーと、「一日ごとの気温と過去のデータをもとに作成された関係式を用いて、コンピュータによる計算で全国の開花を予想する方法」キタコレらすぃ…まぁ春の風物詩の一つだよねぇ(笑)天気予報が桜予報になっているの(笑)

 ちなみに「植物に花を咲かせるのは、開花ホルモンという物質。花が散り、葉桜になった桜は、葉の付け根に小さな芽をつくる。これが、一〇月ごろまでに花弁などをつくってつぼみの原型となる」のだそな…でもって、「冬の寒さ」キタコレで「秋から冬の桜は、成長を抑制する物質を芽に送っている」そで、寒い冬の間は休眠中ってか…休眠を止めるには「摂氏一〇度以下の低温にさらされる必要がある」そで、「一月下旬以降には休眠から目覚め、開花ホルモンの活動がはじまり、あとは温度の上昇にしたがって花が咲く」という一連の流れになる模様…なるほろ、桜にも大寒が区切りなのか?

 後、桜あるあるで桜の花びら、白っぽい時とピンクっぽい時があるけど、どよ?では、桜が開花する前に、天候不順で日照不足、気温低しの場合、「色素の生産力が落ち、薄紅色、濃紅色といった本来の色に染まらない」ので、白い桜キタコレになるらすぃ…准教授の若白髪も日照不足気温低下によるものじゃないよね(笑)

 それからサクランボで、「桜は「自家不結実性」といって、自分自身の木の花粉では実を結ばない性質をもっている」そで、「日本の観賞用の桜は、たいてい接ぎ木で増やしたものだから、桜の名所と呼ばれるところにまとめて植えてある桜は、もとをたどればみんな同じ桜の木ということが多い」ですしおすしで、実ができない、ならないとゆー事らすぃ…ちなみに「日本で最初に栽培されるようになったのは、明治に入ってから」で、米と仏から導入して、北海道で始めたんだそな…とゆー事はサクランボというと山形のイメージだけど、実は北海道が元祖なのか?

 そしてこれを忘れちゃいけない、食キタコレで、桜湯、桜餅、桜ごはん、桜のお吸い物etc.来たぁーっで詳細は本書をドゾ。

 個人的に気になった桜では、盛岡の石割桜かなぁ?巨石の間から桜がとゆー画像的にインパクトのありすぎじゃね?盛岡地方裁判所の構内入り口にあるそで、地元で手厚く保護されているらすぃ…というのも「昭和七年、裁判所が火災になったさい」の命がけの消火活動の詳細は本書をドゾですけど、「そのときの名言が「裁判所は燃えても建てることができるが、この桜はつくることができない」」ですしおすし(笑)

 他にもたくさんたくさん本当にたくさん写真いばーいですので、興味のある方は本書をドゾ。

 掲載されている名所、
 京都・清水寺、祇園白川、平安神宮、平野神社、高台寺、円山公園の枝垂桜、醍醐寺、半井の道、仁和寺、哲学の道、嵐山、
 大阪・大阪城公園、造幣局の通り抜けの桜、万国博記念公園

 目次参照  目次 生物

|

« めんくいっ♪ | トップページ | 黒潮に乗ったイタリアン? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春のお約束♪:

« めんくいっ♪ | トップページ | 黒潮に乗ったイタリアン? »