« 魚は2%、肉は1%(笑) | トップページ | 十二周年~ »

2018年6月10日 (日)

運者生存?

科学がつきとめた「運のいい人」  中野信子  サンマーク出版

 所謂一つの科学エッセイ本だろか?もしくは自己啓発系?というか、生き方指南?まぁ本書的には、自身の脳にとっての最適解を実行してみよーかなぁ?でまぁ、お題は運、しかも科学的に見ての運…うーん(笑)あると思いますなのか?のか(笑)

 ちなみに著者的に視点からすると「運・不運というのは、だれの身にも公平に起きていて、その運をどう生かすかを少なくとも人は主体的にかかわっていける」ものらすぃ…何とゆーか、何事も己の気の持ちよーって事でしょか(笑)

 本書で一番他と違うなぁというか、いかにもらしーなぁーと思わされたとこの一つとして、「私たちの脳は、自分では如何ともしがたい生まれつきの個性をもっているのです」と断言されているとこかなぁ?だから、運のいい人になるべく自己改造、改変、改修?とゆー「自分を変える努力をしがちですが、そもそも自分を変えるというのは至難の業で、そうたやすくできることではないのです」って、人はそう簡単に変わるものではないって事ですか?そーですか(笑)

 じゃあ?どーするよ?とゆーと、自分を変えるんじゃなくて、「いまの自分を生かす」方向でご検討くらはいとゆーご提案らすぃ(笑)何事もフルモデルチェンジより、ありのままにぃーってな方が楽だし、省エネだよね(笑)

 しかも「自分を世間に標準に合わせる必要はありません。いちばん大事なのは自分です。その自分を最大限に生かすのです」って、ある意味、究極の自分ファースト(笑)でも、究極に自分に居心地いい、超気持ちいいーを目指すと、利他的な遺伝子な方向性に至る道に向かっていくよな…結局、人類って人が生きやすい環境整備をずっとしてきますたの世界なんだろか(笑)

 アリス的には、新規探索性だろか?これは「いつもの日常には飽き足らないで、新しいことを知りたいと思う、新しいことを知る喜びを感じる性質」の事らすぃ…まさに好奇心の塊のアリスそのものと思うのは気のせいか(笑)ちなみにこの「新規探索性」って「遺伝的に決まって」いるって、絶対アリスママの遺伝だと思うんだが、どよ(笑)

 他にアリス的というと、オオサカンなとこで、「大阪大学医学部の大平哲也准教授」曰く、「子どもは一日平均300回笑いますが、大人は17回、70歳以上になると2回しか笑わなくなる」って、そーだったのか?コマチさん?

 おべんきょになったのはブラック企業の採用法って、「いつも「使い勝手のいい人材」」だそで、「まじめ、人を疑うことを知らない、人の話を素直に聞ける、責任感が強い」な人だとな…日本の学校教育の賜物の果てがブラック企業に最適な人間を輩出していたとは(笑)イイハナシだなぁ(笑)

 又、柔軟性の方も、人としてこれがあると「不測の事態に速やかに対応」できるし、「考えが硬直」化してないので「発想が豊か」なんだとな…まぁ発想が豊かという点では、アリスの場合人後に落ちていないと思う気がするのは気のせいか(笑)

 まぁ真におべんきょになったでは、「ヤーキーズ・ドットソンの法則」の件だろか?詳細は本書をドゾですが、よーするに「学習の成果がピークとなるのは適度にストレスがあるとき」って事じゃね?

 後は、最近何かと自分ファーストが流行りですけど、自分一人だけが生き延びても、種は存続できない件だろか?かくて、利他的であれ、他者を思いやれ、共同体として生き残る事を考えよ、その社会性の高さが己を含めた人類を存続させるとゆー事らすぃ…こちらの詳細も本書をドゾ。結局、一人勝ちって一番の悪手なのか…

 それから「最適より好適」を狙えですかねぇ?成程、長期的に見れば我々は皆死んでしまうで、そして誰もいなくなったなんですね、分かります(笑)「勝ちすぎない、ひとり勝ちしない道を選ぶのです」「まわりとうまく共存できる道を」選択する事こそが長く生き延びる道なんだとな…

 しかも「脳は戦ってだれかを蹴落とすことより、共生をめざすことのほうが高いパフォーマンスを発揮できる」って、ホンマでっかぁーっ?それってどごぞのゴホンゴホン…しかも、そゆ人達って配慮範囲もゴホンゴホン…

 豆知識的には、神経伝達物質三つキタコレかなぁ?「セロトニンは、脳の過剰な覚醒や活動を」抑制し「安心感、安定感、落ち着きをもたら」すそで、「ドーパミンは「やる気」のもととなり」「モチベーションを高めるなどの働き」があるそで、「ノルアドレナリンは、集中力を高めてくれる」そな…執筆へのソレならノルアドレナリンがアリス的には一番アリか(笑)

 でもって、「神経細胞には、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンを分解し、全体量を調整するモノアミン酸化酵素」もありますよってにって事らすぃ…まぁこれらの詳細は本書をドゾ。脳の中は今日も大変って事か(笑)

 面白いのはセロトニンがいぱーいあると不安感がないとゆー事になるのか?それって単純にシアワセって思うやんかぁーっ?ところがどっこい「不安感は先を見通す力、将来を考える力があるからこそ芽生えます」って、もしかして転ばぬ先の杖なんてのはセロトニン不足からきたことわざ?

 それから、「男性の場合は、モノアミン酸化酵素の分解の度合いが弱いと攻撃的なタイプになるといわれています」の件は、そーだったのか?准教授?まぁ准教授の場合は、売られた喧嘩は買うってタイプだからなぁ(笑)しかも確実に倍返しはしていそー(笑)

 蛇足ですけど、「セロトニンはトリプトファンという必須アミノ酸からできて」いるそな…赤身の魚や肉類、乳製品をとりなはれって事か?更に合成に必要なビタミンB6も忘れずにってか(笑)

 でもって、ドーパミンを増やすのに効率的なのが「よい恋愛をすること」だそで、おすすめは「よい妄想」って(笑)それによって「心がドキドキ」する状態をキープってか(笑)ここは妄想の達人、アリスの出番だろか?准教授(笑)

 後、最近よく聞く幸福度じゃないけど、「幸福を主観的に感じている人は、感じていない人よりも死亡リスクが35%低い」って、ホンマでっかぁーっ?やっぱ人生、幸せ回路回っている方が幸せなのか(笑)

 これも豆かで、脂肪なんですけど、部位によって脂肪違っていたとは知らなんだ…例えば、ウエスト、腰まわりはオメガ6脂肪酸、お尻や太ももにつくのはオメガ3脂肪酸なんだそな…でもって、脳も「大部分は脂肪です」しおすしで、その中でも軸索のまわりキタコレでミエリン鞘(髄鞘)なんですが「原料となるのがオメガ3脂肪酸」とな…

 よーするに男性がウエストくびれてお尻の大きい、ポンキュッポンを選択するのは、「オメガ3脂肪酸をたくさんもっていて、なおかつ、不健康さや老化の指標となるおなかの脂肪が少ない女を産む確率が高く、男性はそれを無意識のうちに見分けているのだ」って、ホンマでっかぁーっ?かくて殿方は、見かけに走ると(笑)

 ちなみに女性の場合は、「記憶、つまり、その言動に矛盾がないかどうかを重視する」のだそな…その心は「「その男性が「エサをきちんと持って帰ってくるかどうか」の判断につながります」って、そーだったのか?クリ〇トン(笑)

 も一つ豆で、ノーシーボ効果もどよ?「これは医学的には無害でも有害だと信じると病気になったり死んでしまったりすること」の事らすぃ…一例としては、医者が薬の副作用を患者に説明した結果「プラセボ薬だとしても本当に副作用が起きてしまう場合」があると思いますらすぃ…最近は医療訴訟で、何でもオープンが流行りですけど、それによって、更にキタコレもあるという事か…

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピ満載ですので、興味のある方は本書をドゾ。最後に一つ、本書で一番ハーヘーホーと思わされたとこを一つ…苦手な人や嫌いな人の対処法?「苦手な人や嫌いな人のことを考えているときには、脳にストレス物質であるコルチゾールが分泌され」るそで、「コルチゾールは生体に必須ホルモンで、分泌量が増えすぎると血圧や血糖値を上昇させたり、免疫を低下、また記憶や精神面にも影響を与える」んですよ、奥さん(誰?)

 ところがどっこい「苦手な人や嫌いな人のしあわせを祈ることができたら、脳内には開館物質が分泌され、心と体によい影響を与えるのです」って、ホンマでっかぁーっ?以前にそんな事できる人がいるのかぁーっ?と思うやんかぁー(笑)

 ところがどっこいどっこい(笑)「ダライ・ラマ法王(ダライ・ラマ十四世)は、チベットの人々と共に中国から厳しい弾圧を受けていますが、「中国人そのものに対する憎悪の念を抱くことはけっしてない」などなど発言なさっているとな…詳細は本書をドゾ。いや、マジ神やでの精神世界に住んでいる人って本当にいるんだなぁ…人類皆これが出来たら、戦争もテロもなくなりそーだが、現実って(合掌)

 目次参照  目次 生物

|

« 魚は2%、肉は1%(笑) | トップページ | 十二周年~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運者生存?:

« 魚は2%、肉は1%(笑) | トップページ | 十二周年~ »