« お役立ちっ♪ | トップページ | 究極の和食? »

2018年6月29日 (金)

世界の地酒?

完全地ビール公式ガイド  JBA全国地ビール醸造者協議会・監修  出版文化社

 所謂一つのガイド本と思われでして、日本全国こんなに地ビールってあったんだなぁと(笑)何とゆーか、下戸の人間からするとお酒造っているというだけで、凄い事だなぁと感心するしかないよーな…

 そんなビールの起源は、「紀元前3000年代の終りごろの古代メソポタミアの粘土板に、世界でもっとも古いといわれるビールの記録が残されている」そで「メソポタミアのシュメール人がパンを作る過程で偶然にビールを発見したのがはじまりだといわれている」とな…で、「これは酵母が発見される前の自然発酵の原始的ビール」という事になるらすぃ…

 で、これを受けて「原始的なビール」から「現在のビールの原形をつくったのがエジプト文明」になるそな…ちなみに今でしょ(死語?)でも、ベルギーでは自然発酵のビールが造られているらすぃ…となると自然発酵のビールって五千年も続いているって事でFA?

 そんなビールですけど、ビールのスタイルは「世界で70余種もある」そで、醸造方法では三つに分かれるそな…それが上面発酵と下面発酵と自然発酵とな…違いは何じゃそらとゆーと、上面発酵は「パンやワインの酵母と同じ酵母を使い、自然のままに近い20-25度の比較的高温で発酵させる」のだそー「発酵中に酵母が泡と一緒に液面に浮いてくるのが特徴」だとか…

 それに対して下面発酵は「150年ほど前、冷凍機の発明により普及した醸造方法」だそで、「低温で発酵させ、上面とは逆に発酵の終わりに酵母が沈んでいく」のだそな…「醸造に長時間かかるが出来上がったビールが日持ちする」らすぃ…だから大量生産向きとゆー事か…

 そして自然発酵は、「どこでもできるわけではない」そで、「ベルギーのブリュッセル郊外の空気中に浮遊するマイクロフローラという微生物がビールづくりに適しているため、ベルギーでは自然発酵が行われている」そで、なるほろビール、まず酵母ありきか?

 さて、ビールの種類はゆーと、上面発酵は、ヴァイツェン、ペルリナーワイズ、ペールエール、IPA、アルト、スタウト、トラピストとあり、下面発酵は、ピルスナー、アメリカンラガー、メルツェン、ボックとあるそな…こちらの詳細は本書をドゾ。

 原材料は、麦芽(モルト)とホップと水と酵母ですしおすしは今更なんですけど、何とこの水「実はビールづくりに適しているのはごく普通の水道水」(@多摩ブルワリー黒田社長)ってホンマでっかぁーっ?となると日本全国、どこのお水でもできるのだろか?

 アリス的には、ラフレシア他のハムで、地場産にこだわってていねいに造り上げた仙南クラフトハムもあるという仙南シンケンファクトリー(宮城・角田)とか、「腸詰屋」のハム・ソーセージがおすすめの八ヶ岳ブルワリー(山梨・北巨摩)とか、スペインの生ハムを用意しているという㈱福田農場ワイナリー(熊本・水俣)とか、朱色他限定のの蕎麦軍鶏でそば・うどんも、楽10月からしめるという5月大子森林物産株式会社には、季節(茨城・久慈)とかもありまする…

 他にアリス的なとこでは、日本海夕陽岬ビール(三景/新潟・三島)でしょか?夕陽丘的に(笑)

 それにしてもビールには、ビール酵母キタコレですけど、これって身体によかったんですねぇ…「紀元前4世紀ごろのギリシャの医者が、婦人病の治療に煎った酵母を使ったという記録がある」そだし、「古代エジプトでは、ビールが強壮剤として使われていた」そで、「紀元前1550年ごろに書かれたと推定される古代エジプトの巻物には、「ビールの泥」または「ビールのカス」(ビール酵母のこと)を、消化不良や腫れ物に効く薬として用いていたと書かれているそうだ」ってホンマでっかぁーっ?

 ちなみに今でしょ(死語?)では、ビール酵母にビタミンBが含まれている事が分かっているそな…多にも「たんぱく質、ミネラル、カルシウム、鉄分、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれ、必須アミノ酸とビタミンB群のほとんどを含んでいるのが特徴」なんだそな…

 さて、本書に出てくるビールですけど、面白ネーミング的には、海鱗丸ビール(北海道・小樽)の「モルトのときめき」「二人の夜明け」「夜のうらぎり」「小樽のしのびあい」「蜜のしのびあい」とゆーラインナップ(笑)他にも、月夜野クラフトビール(群馬・利根)では、「夕陽の月夜野ピルスナー」「蛍の星の黒ビール」「水と緑のエール」「ロマンの里のヴァイツェン」と、月に蛍とアリス好みのネーミングじゃまいか(笑)

 他にも、北緯39°ビール(長沼ウィングガーデン/宮城・登米)のとこでは、「漫画家の石ノ森章太郎をはじめとする有名漫画家による特製ラベルをつけた数量限定の「萬画バージョン」もある」ってホンマでっかぁーっ?

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんのビールいばーいですので、興味のある方は本書をドゾ。北は北海道から南は沖縄まで、全国各地のビールあり〼(笑)

 掲載されているビールは、
 京都・京都町屋麦酒・京都花街麦酒(キンシ正宗/中京)、京都地ビール黄桜麦酒酒蔵仕込(黄桜酒造/伏見)、周山街道ビール(羽田酒造/北桑田)、
 大阪・箕面の地ビール(A.J.I.BEER INC.箕面ブリュワリー/箕面)、地底旅行(ニックタナカ/港区)

 目次参照  目次 飲物

|

« お役立ちっ♪ | トップページ | 究極の和食? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

飲物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界の地酒?:

« お役立ちっ♪ | トップページ | 究極の和食? »