« 賦、比、興、風、雅、領? | トップページ | アート? »

2018年7月24日 (火)

言葉は、言刃ではなくて言霊…

ねこはなやまニャい  御誕生寺・著 キッチンミノル・写真  オレンジページ

 所謂一つの人生指南書だろか?うーん?もしくは猫の写真集?タイトル通り、悩み多き人生において、おりゃーどーしたらいーだぁーっ?には、「できるだけ考え込むことを少なくすること、そのためには、体で実感することに関心を置いて、生活することです」とな…

 そんな訳で「座禅をはじめとする「禅」の修行は、その基本を実感するものですが、気ままに過ごす猫たちを相手にしているだけでも、「禅」の境地にふれられます」になるらすぃ…そーだったのか?禅?

 さて、本書の舞台は御誕生寺だそで、福井県は越前市郊外にあるそな…その御誕生寺は、「瑩山禅師が約750年前にご誕生になった地に建つお寺。地元の篤志家が土地を寄付し、総持寺の貫主(大本山の住職のこと)で、曹洞宗管長(宗門を管轄する長)だった板橋興宗禅師を開山住職に迎えて、およそ10年がかりで建立され、平成21年に本堂が完成しました」というから、結構新しいお寺なんだろか?

 ちなみに御誕生寺は「曹洞宗の僧侶を育成する修行道場」だそで…それもあるけど、今でしょ(死語?)ではねこ寺として全国区で有名ですけんの世界に突入した模様(笑)

 どーしてこーなったぁーっとゆーと、「まだ寺が建設中だったころのある日のこと、敷地内に、段ボールに入れられた4匹の子猫が捨てられていました。それを昔から猫好きだった板橋禅師が保護」したところから、始まったらすぃ…一時は80匹まで増えたみたいだから、相当なものじゃね?とゆーか、世の中そんなに捨て猫ってあったのか?とおろろいた…

 更に「動物愛護法ができて、今ではペットを捨てることは刑罰の対象になる。犯罪なわけですよ」とは知らなんだ…それでも捨て猫が後をたたないって、根深い問題なんだなぁ…

 その間の紆余曲折の詳細は本書をドゾですが、猫のご縁だけでも物凄い事になっている模様…お寺ですから、何事も縁と修行という事になるみたいですけど…まぁ命を大切にね?に人も猫も大差はないよなぁ…

 まぁともかく、猫好きの人達が猫を見に猫寺詣であると思いますで、現在に至るとゆー事らすぃ…

 アリス的には、猫と来たら准教授の出番でしょおぉぉぉっ(笑)さて、本書はそんな猫エピが幾つも出てきて、例えば「彼らには言葉がないから、エサのために争うことがあっても、その場だけの争いです。愚痴や不平は出ないし、人間のように言葉であれこれ考えて悩むことがありません」って、そーだったのか?ウリ、コジ、モモちゃん?

 そゆ訳で「猫は考えるということをしないので、頭の中をからっぽにして、ただ寝転んでいられます」になるらすぃ…もしやこれが無我の境地?

 それから「不思議なもので、猫は自分を好いてくれる人がわかるようです。エサをやったりしなくても、猫のほうから寄ってきて、脚に顔をすりつけたり、ひざの上にちょこんと座ったりします。猫が人を見抜いているのですね」ってホンマでっかぁーっ?まぁ准教授なんか、伝説の猫マスターしてそーだしなぁ(笑)

 さて、猫をお手本に悩みから脱却って事で、発散方法が出ています。それが「立腰」そで…何じゃそら?とゆーと「正座でもいすに座ってでも、腰を立てて背筋を伸ばすことです」とな…「腰を立てて背筋を伸ばすと、下腹部に重心がかかり、自然と複式呼吸をすることになります」そで、それを「禅門では丹田呼吸といっています」って、そーだったのか?丹田?

 とゆーか、座禅って呼吸法だったんだろか?うーん?ちなみに「心静かにするものは呼吸です」ってホンマでっかぁーっ?「丹田呼吸によって、精神を安定させるセロトニンという神経伝達物質が分泌されること」が研究で発見されたとか…

 そして、この呼吸法と共に、「思考を断ち切る言葉を唱えるのもいいでしょう」とゆー事らすぃ…しかも「唱える言葉は「ナンマイダー」でも「ありがとさん」でも「ワンツースリー」でも何でも構いませんが、いわゆる語呂がよくて、舌に乗せやすい語句がいいですね」って、ホンマでっかぁーっ?

 何か座禅というと、足がしびれて、肩こりがのしかかるイメージでしたけど、もしかして究極のリラックス法だったのか?

 まぁリラックスという事では、猫を眺めて癒しもあると思いますもあるのだろーか(笑)そんな訳で、他にもたくさんたくさん本当にたくさん猫いぱーい、エピいぱーいですので、興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 文化・芸術

|

« 賦、比、興、風、雅、領? | トップページ | アート? »

ペット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉は、言刃ではなくて言霊…:

« 賦、比、興、風、雅、領? | トップページ | アート? »