« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月24日 (水)

鮮度が命?

[東京]ホルモンの名店  森脇慶子・YAKINIQUEST・編著  東京書籍

 所謂一つのガイド本だろか?ちなみに焼き肉とホルモンの違いすら分かっていないトーシロですが、何か?状態で…というのも、焼き肉の本だと思って手に取ってしまいますたとゆー、そんな切っ掛けからキタコレでして…

 一応、本書には一章分さいて、「ホルモンがおいしい焼肉店」も掲載されているのですが、あぶりレバ塩(スタミナ苑/西新井)、特上ミノ・特上ホルモン(王十里/銀座・東銀座)、スーパーホルモン(名門/四谷三丁目)、ホルモン盛り合わせ(韓灯/月島)、丸腸(五臓六腑/麻布十番)、ハラミねぎ塩(あらちゃん/学芸大学前)、リード・ボー(みゆきや/豊洲)、5種盛り(まんてん/中目黒)、極ホルモン(幸永/東新宿)、ホルモン(精香園/田町)、ホルモン5種盛り(かるびあ~の/新橋)、ヤン(和牛食堂まるに/新橋)、シロコロコロ(焼肉の安/東中野)とあるらすぃ…

 とゆー事は、焼き肉屋さんにも普通にホルモンはあるとゆー事なんだろーか?何か全然気がついていなかったので、ホルモンに申し訳ないよーな…

 で、そのホルモン語源説なんですが、「ホルモン料理とは、そもそもからして朝鮮系の内臓料理のことかと無条件に思いこんでいたが、これが大間違い」って、ホンマでっかぁーっ?から始まって、ホルモンは「昭和11(1936)年、大阪の人気洋食レストラン「北極星」がオープンした時に、話題を呼ぶために作り出した洋食フレンチコースのメイン料理としてだったのだ」って、そーだったのか?ジビエ?

 でで、巷で「「ホルモン」は、関西弁の「放る(捨てる)もん」からきているのだと、まことしやかに言われ、それが定説だと信じている人は少なくない。だが残念なことにこれは事実と異なる」そで、この「放るもん」説の元ネタが「一冊の対談集「差別-その根元を追う」(野間宏、安岡正太郎・編/朝日新聞社刊/1977年。1984年には朝日選書になっている)が浮上する」そで、「この本で、関西在住の在日朝鮮人詩人、金時鐘が語った「放るもん」説を、深夜番組「11PM」(読売テレビ)の司会者として絶大なる、人気を誇っていた作家の藤本義一や、評論家の呉智英が引用して広まった」のだそな…

 この「金氏の発言を要約すると「ホルモンは英語ではなく、大阪弁で捨ててしまうもの、ほるもん(ほおってしまうもの)が定着した。屠殺場で捨てられる内臓、頭など、飯場住まいの同胞達がもらい受けて食していたもの」だという。だがこれについては、朝鮮大学校教授やモランボン味の研究所所長などを歴任し、朝鮮半島の歴史や韓国料理についての著作も数多くある郭大聲氏が、その著書「焼き肉・キムチと日本人」(PHP選書)で完全に否定した」とな…

 だいたい昔は日本も食糧事情が貧しかった訳で、「そもそも贓物は骨の髄まで利用されていて、決して捨てられることはなかったのだ」そな…

 なのに「一度メディアやネットにのってしまえば、情報は無限に拡散していつか定説となってしまうものだ」で「「放るもん」説がまさにそのケースと言える」って、それってどこかのゴホンゴホン…

 ででで、ホルモンという単語はどこから来たか?は1905年、「イギリスの生理学者、アーネスト・H・スターリングによって提唱された医学用語」からなんだとな…でもって、それは「生体内の器官から分泌され全身の物質代謝を調節する化学物質」の事を指すらすぃ…「スターリングはその物質を、ギリシャ語で「呼びさます、刺激する」を意味する「horman」から「hormon」と命名した」そで、関西弁じゃなくて、ギリシャ語だったでござるの巻か?

 これを「今は、元祖オムライスの店として知られる「北極星」が」新店舗キタコレの時に店の目玉料理にホルモン料理来たぁーっとなったらすぃ…当時は、このホルモンって言葉がブームだった模様…神谷バーの電気ブランみたいなノリだろか?うーん?で、当時の北極星で出していたホルモンとはどんな料理というと牛の「睾丸のバターソテーは、とくに旨かった。いまでも通用しますよ。あの味は」(@北橋茂登志代表取締役総料理長)とゆー事らすぃ…成程、その当時からお肉というものは捨てるとこなく全て調理していたんですね、分かります(笑)

続きを読む "鮮度が命?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

東風吹かば?

梅干し・梅酒・梅料理の大全科  杵島直美  グラフ社

 所謂一つのレシピ本だろか?梅干し…食べてはいても自分で漬けた事がないとゆー情けなさなので、梅干しってこーやって作るのか?と目から鱗でございました…何か本当におべんきょになった本でござる…

 さて、そんな梅干しの素、梅からなんですけど、どこから来たのとゆーと奈良時代に中国から「薬木として渡来した」のだそな…「平安時代には、青梅をかまどの上でカラスのように真っ黒に燻製した「烏梅」を、解毒や下痢どめなどに利用」したそで…ちなみに「日本最古の医学書とされる「医心方」(984年)にも梅に関する記述」があるそで、当時は「もっぱら薬用だった」とな…

 で、鎌倉時代になると「武士の兵糧として梅の実が用いられるように」なったそな…江戸時代になって「梅干しが誕生」したって、ホンマでっかぁーっ?何か梅干しって物凄く昔からあるイメージでいたら、その実400年もたっていないのか?ちなみに、その梅干しは「うどんやそばの薬味などに使われ、次第に庶民の食卓に普及していきました」とな…

 とゆー事は、梅うどんとか、梅蕎麦とかあったって事なんだろか?うーん?

 そんな梅干しの作り方ですけど、梅を塩と紫蘇で漬けるだけかとこれまた勝手に思っていたら、塩とホワイトリカーで下漬けをして、本漬けは塩と紫蘇の二段構えだったのか?それにしても江戸時代、ホワイトリカーってあったんだろか?と素朴な疑問が?焼酎でも使っていたんだろか?うーん?

続きを読む "東風吹かば?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

ほおむめいど?

みんなのおうちカレー  柴田書店・編  柴田書店

 何とゆーか、カレーのエッセイとレシピ本だろか?本書に登場する人達のカレー観が分かるってか(笑)日本人なら誰しもカレーに対する一家言みたいなのがあるんだなぁと、納得しますた(笑)でもって、誰しも家のカレーはとゆーのを多かれ少なかれ持っているんじゃまいか?でしょか?なるほろ、カレー、日本の食に根をおろしているんだなぁと(笑)

 例えば、カレーをメインに作るぞぉーってノリではなく、カレーにでもする?みたいなニュアンスなのかの「この"ついでカレー"もかなりイケます。どんな野菜を入れてもおいしく作れるのがカレーのいいところ(@大宮エリー)とあったり、「以前は市販のカレールウを使っていましたが、初めて行ったインドでカレーのすさまじいおいしさに圧倒されてからスパイスにはまりました」(@大宮)なんて事も、そーだったのか?ガラムマサラ(笑)

 他にも「僕にとって、カレーは野菜をたくさん食べるための一皿。おふくろの味が生きた、いわば、スパイシーけんちん汁です。しかも一つの鍋で作れる。そんなこともカレーが日本人に支持され、普段着の和食になった理由かもしれません」(@野崎洋光)って、カレーってけんちん汁って、そーだったのか?建長寺?ちなみ「"和カレー"は長く煮込みません」(@野崎)って、ホンマでっかぁーっ?

 一方印では、「祖父に連れられてインド大使館でのホームパーティーに行くと、同じ年くらいのインド人の子どもたちが、平気で辛いカレーを食べていました。インドでは、離乳食にスパイスを少しずつ入れて味に慣れさせます」(@ナイル義己)ってホンマでっかぁーっ?印人って離乳食からスパイス始まっているのか?まずスパイスありきなんだろか?印って?

 更にスリランカでは、「カツオ節の原型という"モルジブフィッシュ"でしたが、行ってみるとカレーにはあまり使われていなくて、代わりにあらゆる料理に入っていたのが、カルピンチャとランパという香草」(@斎藤輝彦)ホンマでっかぁーっ?ですけど「現地でも「これがないとスリランカ料理じゃゅない」という定番素材」(@斎藤)って事らすぃ…しかも「カルピンチャとランパがメインでカレー粉はサブという感じ」(@斎藤)ってドンダケェー(死語?)

 後は、「店の名物の一つがカレーパン。具材となるカレーにはかなりこだわりました。試作段階から決めていたのは、市販のカレールウを使って作ること。目指したのは、母親が作る昔ながらの懐かしい味でしたから」(@田中真司)って、市販のカレールウって母の味なんですねぇ…きっとどこの家庭でも定番のソレがあるはず(笑)

続きを読む "ほおむめいど?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

真夏の雪、真冬の熱中症?

歴史を変えた気候大変動  ブライアン・フェイガン  河出書房新社

 うーん、著者は考古学者だそーなんですが、本書は、人類史みたいなノリになるのだろか?それも気象から見た、人の歩みかなぁ?それ歴史じゃね?で、環境(気候)が人類に与えた影響半端ねぇとゆーそれに尽きるよな…

 まぁ何よりもおろろいたのは、この一、二千年の時間軸で見ても、気候変動パネェでござるだったんですねぇ…下手すると毎年違うかもキタコレ状態突入もあると思いますなのか?冗談ではなく、寒波と熱砂がくるくるくるぅーなんですよ、奥さん(誰?)

 で、そゆ事があれば、それが歴史に影響を与えない訳がない訳でして、この気候変動とか、気象の状況と歴史的事件を対比していくと見えてしまいましたとゆー事に(笑)そんな実例を本書は最初から最後までノンストップで怒涛のよーに続いていく訳で…

 この激動の地球史を見ていくと、人類の歩みも山あり谷ありの繰り返しだったんだなぁと、よくもこれで今まで生き延びてこれたのだおろろくばかり…「人類は地球に誕生して以来、気候の変化にずっと翻弄されてきた。過去七三万年間に、人間はかぎりなく創意工夫を凝らしながら、少なくとも八回、おそらくは九回の氷期をくぐりぬけてきた」ってホンマでっかぁーっ?

 でもって、氷河時代というと、クロマニョン人とかマンモスの世界だと思うやんかぁーっ?でも氷河時代って「完全に凍結した時代ではない。むしろ気候が不規則に急変化した時代なのである」そーなんですよ、奥さん(誰?)その「気候の急変は大気と海洋が複雑にかかわりあうことで引き起こされたものだが、その仕組みはいまだによく解明されていない」って、ドンダケェー(死語?)

 まぁともかく、よく分からないシステムで変化する気候(気象)に人類はずっと翻弄されてきましたが、何か?状態だった模様…でもって、「こうした気象の変化は、ヨーロッパの歴史の進路をどの程度変えてきたのだろうか」もあると思いますですけど、「多くの考古学者や歴史家は、気象の変化が人間の社会を変えるほど重要な役割を担ったという考えには賛意を示さない」そな…「環境決定論」でもそんなの関係ねぇー(死語?)というのが「学問の世界では異端視されてきたのだ」そで…

 まぁこちらの詳細は本書をドゾですが、「環境決定論は学問として見れば破綻しているかもしれない。だが、気候の変動こそは、歴史の舞台でこれまだ注目されることのなかった重要な役者なのである」んじゃね?とゆーのが本書のスタンスかなぁ?

 そゆ訳で、ここは一つひろーい目で見てみよーってか(笑)

続きを読む "真夏の雪、真冬の熱中症?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

ずっと?ずっと(笑)

東京時間旅行  鹿島茂  作品社

 所謂一つのエッセイ本か?東京へのオマージュか(笑)東京を時間軸で見るとどよ?かなぁ?関ケ原以前の江戸と、江戸時代の江戸と、明治維新後の東京と、戦後の東京、東京五輪後の東京、そして今でしょ(死語?)の東京に続くと(笑)東京も色々あらーなって事ですか?そーですか(笑)

 今の東京の元になった東京は五輪後の東京という事になるらすぃ…東京大空襲で焼け野原になったやんけで、まっさらな東京を戦後組み立てたみたいなイメージが勝手にあるんですけど、でも、そんなの関係ねぇー(死語?)で、ハードの復興前に都内の人口も急激に膨れ上がって、間に合いませんの世界が展開していた模様…庶民としては日日の事何とかしろや、おらぁーだけど、施政者としてはこの際だから都市大改造して機能的な都市にしたいよね?長い目で見たらそっちの方がいいに決まっているしとなる訳ですが、戦後の日本、当たり前ですが、先立つものがない(笑)

 国の首都なんだから、都だけじゃなく、国の方も何とか都合つけてくらはいな話だが、「国の予算が東京都に対して、きわめて冷淡だったのである」ですしおすしで、立ち行かず、結局、この国を動かすには外圧が一番早いって事で、そーだ五輪をしよーになったらすぃ(笑)「オリンピックを開催し、外国人が大挙して東京にくるなら、そして、東京が旧態依然のままであったなら、恥をかくのは国である。国としては大幅な予算を割かざるをえなくなるだろう」という目論見で、東京は五輪招致を物凄い勢いで目指したらすぃ(笑)人間何事も下心があると動くなぁ(笑)

 よーするに五輪で東京が変わったのではなく、東京を変えたいが為に五輪を開催したとな(笑)かくして戦後、東京キタコレになるそな…何かこのやり方って新幹線と世界銀行と似てるよーな気がするのは気のせいか(笑)

 下心つながりでは、選手村どこにするよ?で、「組織委員会は当初、選手村として埼玉県朝霞市の米軍基地キャンプ・ドレイクを予定していた」そですが、「一九六一年五月九日、在日米軍は突如、キャンプ・ドレイクを返還する意思がないことを通告してきた」そな、ただし「ライシャワー大使は、意外にも、ワシントンハイツなら全面返還してもいいといってきたのである」って…ちなみに米軍基地ワシントンハイツは旧陸軍代々木練兵場にありますた(笑)これも「在日米軍としてはオリンピックが開かれる神宮外苑のすぐ横に広大な米軍基地があることが世界中に知らせることはは得策ではないと判断したようだ」で、人間何事も下心が以下略(笑)

 蛇足ですが、ワシントンハイツ跡地にでけた選手村は「施設、設備、食事、運営とも大好評で、選手たちは好印象を抱いて日本をあとにした」そな…そーだったのか?オシム(笑)

 でまぁ、具体的にどゆ改造整備になったかの詳細は本書をドゾ。ただ、今でしょ(死語?)の東京、西に発展していってね?はこの時決まったよーなもんだったよーで…というのも、メインが代々木、サブに世田谷ですけんで、東京の西じゃねで、西側を重点的に整備する事になったとな…この時、東京の東側は五輪に関与していなかったので殆ど放置プレイという事で今に至るらすぃ…

 で、この五輪を口実にした東京大改造の「大本は安井誠一郎、細部は山田正男」の二人によるものらすぃ…とにかく、整備はしますたとゆー事か?でも「都高速が美意識に基づく道路ではないことは確かである」でお察し下さい(笑)この辺りは所詮、日本のおっさんのした事って事ですか?そーですか(笑)

 かくして、五輪後東京ができましたとな(パチパチ/笑)

続きを読む "ずっと?ずっと(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

世界レベル(キバッ)

芸能界のグルメ王が世界に薦める!東京最強の100皿  渡部建  文藝春秋

 所謂一つのガイド本でしょか?都内のご飯屋さん、その中でも一品をドゾみたいな(笑)そんな訳なのか、実に分かりやすい構成のよーな気がする…一対一対応とゆーか、ほぼ一ページに一品(一店)で、その写真もドカンと載ってると、しかもタイトルに世界に薦めるとあるよーに、お店情報は英語表記もありまっせとゆー(笑)

 そゆ事で各種ジャンルの料理が掲載されているのですが、一際目をひいたのが焼き肉かなぁ?焼き肉って写真うつりがいいんですよねぇ(笑)で、スモーク豚バラ(小野田商店/中目黒)、シマチョウ(ホルモン青木/亀有)、上ミノ青唐辛子(焼肉しみず/不動前)、名物!鉄板ホルモン焼き(タレ)(お好みたまちゃん青山店/表参道)、ラムネギ塩(ジンギスカン食堂まえだや/中目黒)、シルクロース(よろにく/表参道)、赤坂名物イチボのたたき(赤坂焼肉KINTAN/赤坂)、幻のタン(炭火焼肉なかはら/市ヶ谷)、ミックスのおおにし(焼肉おおにし/恵比寿)、スーパーホルモン(焼肉名門/四谷三丁目)、熊本あか牛イチボ(肉山/吉祥寺)と掲載されているのですが、焼肉店って結構あったんだなぁと、ちょっとおろろいた(笑)

 まぁ食欲の秋だし、肉食え肉をだろか(笑)お医者さんにもお肉食べて下さいって言われたしなぁ(笑)それはともかく、本書著者の名言がちょこっと載ってて、その中の一つが「並べば入れる」なんですよ、奥さん(誰?)けだし名言かなと(笑)何せ世の中、完全予約制とか、会員オンリーとか、一見さんお断りとか、あるとこはあるでしてパンピーはまず入れない仕組みになっているとこ多しの中で、どんなに行列が長くとも並べば誰でも入れるとゆーのは、ある意味とても民主的なんじゃまいか(笑)と、平等についてちと考えるってか(笑)

続きを読む "世界レベル(キバッ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

音楽のミクロコスモス♪

バッハ インヴェンションとシンフォニア他  グールド  ソニー

 聴いていて思った事は美しかぁーっなんですが、これバッハ的には「元来教育を目的として書かれたものである」になっちゃうのか?うーん、何とゆーか、これを普通に弾きこなせる位ならもーそれは十分プロじゃね?じゃね?な気がするのは己がトーシロだからだろーか?当時の子弟ってレベル高っの住人だったとゆー事なのか?それとも、音楽家的にはあたりまえの世界なのか?いやぁクラシックって本当に凄いものですね、ではさよならさよならさよならで終わりたい気が(笑)

 で、それをグールドが弾くとこーなるというのが本CDだと思われなんですが、いやまぁ何とゆーか、やっぱ美しスだしよなぁ、トーシロ的には…バッハの意図が那辺にあって、グールドの解釈も那辺にあるのかは、トーシロには皆目アレですけど、でも奇麗なものは奇麗なんですよねぇ…

 やっぱ教育というのは正しさも重要だけど、美しさも必要なんではあるまいか?と思うんだが?どーだろぉ?てな訳で理屈については解説をドゾ。

 アリス的には准教授のお気にのグールドという事でこれまた何も言う事はなしの世界だと思われ、何とゆーかグールドは何を弾いてもグールド節になるのはこれまた今更なので、取りあえず聴く、これがジャスティスじゃね(笑)

続きを読む "音楽のミクロコスモス♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »