« お米♪ | トップページ | カレーカレー、Ohカレー、カレー? »

2018年11月11日 (日)

可憐、だ?

僕は46億歳。  豊田充穂 作・絵 杉田精司 監修  学研教育出版

 サブタイトルは、親子で読む、壮大な「地球史」カレンダーなんですが、所謂一つの絵本でしょか?ちなみに大きさA4位あるピックだぜなハードカバーなんでけど(笑)

 よく聞く話で、人類が地球上に出現したのはいつみたいな小話(笑)それを地球誕生から今までを1年とするタイムスケールだと、大晦日の除夜の鐘の頃ってゆーのが定番なんですが、リアルにどよ?って事で、本書を拝読しますた…

 いやぁ子供用なんて甘くみてはあかんぜよってか…実に壮大なスケールで、しかも絵本だから平易、物凄く平易、でも中身はギュッとねな世界が展開しております…これは騙されたと思って普通の大人も目を通しておいた方がいいんじゃね?特に理系以外の人は(笑)

 本書は地球くんが主人公で、自分の生い立ちを語る形式なんだと思ふ(笑)その地球くんの人生はまさに魔女宅のコピーそのもの、おちこんだりしたけれど、わたしは元気ですじゃね?46億年、山あり谷あり波乱万丈の物語だけど、ここまで来たよぉーっ(エコー付/笑)ですから(笑)

 そんな訳で、一月一日元旦生まれ(?)の地球くんの半生でしょかねぇ(笑)ちなみに一年を46億年とすると、「1日で1300万年、1時間で50万年がすぎてしまう。人間や動物の一生なんて、1秒もたたないうちに終わっちゃうんだ」ですしおすし…

 まっそんな地球日めくりカレンダーというより最初は月めくりより季節めくりで、最後は日めくりより時間おしのタイトな秒刻みのスケジュールになっているよーな悪寒ってか(笑)

 アリス的には、地球…ジャバウォッキーの天文少年の准教授の出番だろか?はたまた、朱色の火星や、月が二つあるお人のアリスの方か(笑)

 さて、全身が活火山なファイアーな地球くんは七草がゆの頃にディープインパクト来たぁーっだったのか?で「おかげでまんまるだった僕の体はふたつにちょんぎれて、かたほうは遠い宇宙にまでほおり出されちゃった!」ってホンマでっかぁーっ?そんな訳で「その「僕のカケラ」もまんまるに固まって、空にぽっかりと浮かぶ月になる」って、そーだったのか?アリス?となるとお月さまの誕生日は一月七日なのか(笑)

 あれから四十年、もとい三か月がたって三月キタコレで、本格的に海キタコレになったらすぃ…これが今から38億年前ようやく水も安定して地球も水球になりましたとゆー事か?そして四月がくると、今度は「海のそこがもりあがって、陸が姿をあらわした」って、何だかノアの方舟かの世界が展開していた模様…何にしても全世界がシェイクシェイクシェイクってか?

 そして五月(30億年前)になると、ラン藻による酸素キタコレになったらすぃ…なのに七月(22億年前)にスノーボール・アースで全天凍結キタコレってか…それでも八月には細胞に核が、多細胞生物が出現するんですよ、奥さん(誰?)

 で、11月の半ばにはカンブリア紀来たぁーっで脊椎動物も来たぁーっになるそな…11月末(3億7千万年前)には両生類が陸上に、12月20日(1億5千万年前)になると恐竜王国ってか(笑)再びあれから四十年もとい一億7千万年すぎた12月26日、空から大魔王が来たぁーっ(隕石大衝突)で恐竜は全滅してしまいましたとな…

 ところがどっこい次の日の27日には哺乳類が登場ってか?人類誕生は12月31日とな…人間が「仲間同士で力をあわせ、家を作って生活するようになったとき」は夜中の11時だし、四大文明は「11時59分をすぎた頃」、でもって「地球を守る」なんてエコだろエコは「このカレンダーの1年が終わるたった1秒前のことなんだ」ですしおすし…

 というのが地球46億年の歩みらしー…詳細は本書をドゾですが、こーして一年にならすといかに人類史が短いかよくわかる(笑)人類、三日天下にもなってねぇ(笑)

 さて、本書の後書きみたいな著者達のミニ対談みたいなノリのとこがあるんですが、そこに「教室で5千年後の地球を予想させたら、大半の生徒が「人類は滅亡している」と回答した逸話」(@杉田)の件でしょか?「現代の子どもには地球や社会への閉塞感が漂っていますが」(@杉田)は、未来にも及んでいると…

 てな訳で、現実見ろよで科学的に地球を見てみたらが、あら?ってゆーのが本書の動機の一つらすぃ…詳細は本書をドゾ。ひろぉーいめで見てみよーってか(笑)

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピ満載ですので、興味のある方は本書をドゾ。最後に一つ、本書で一番ハーヘーホーと思わされたとこを「現代社会では必ずしも正確な地球観が共有されていません。例えば「地球に優しい」」というフレーズをよく聞きますが、本当の意図がどこにあるのか非常に不鮮明なメッセージです。いま壊れそうで優しくしてあげるべきは我々人間が住む環境であり、地球自体ではない」(@杉田)そで、地球って「簡単に壊れたり困ったりしません。どんなにひどい環境破壊があって何千万年後には必ず元の姿に戻ります。環境破壊で困るのは私たち人類自身。環境問題は人類vS.地球ではなく、人類自身の問題として捉えるべきなのです」(@杉田)の件かなぁ(笑)

|

« お米♪ | トップページ | カレーカレー、Ohカレー、カレー? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

理系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 可憐、だ?:

« お米♪ | トップページ | カレーカレー、Ohカレー、カレー? »