« ジュネプリュファン? | トップページ | うたがきこえます♪ »

2018年11月 5日 (月)

パラパラ?

中国の極うまごはん  譚彦彬  成美堂出版

 表紙コピーは、身近な食材やいつもの調味器具でできるとか、野菜・豆腐・卵・魚・魚介類の食材レシピ、ごはん・麺・スープ・簡単点心のワザありレシピ、これだけは揃えたい器具・調味料、中国料理をおいしく作る調理ポイント、譚彦彬先生の秘伝のタレ5品とかあるんですが、所謂一つの中華のレシピ本でしょか?

 何とゆーか、家庭料理としての中華キタコレですけど、どれも美味しそうに見えるんですけど(笑)料理もなんでしょーけど、写真が普通に奇麗です(笑)特別凝った尖がった写真じゃなくて、普通に写しているよな?ですけど、何かインパクトあるんですよ、奥さん(誰?)

 まぁそれはともかく、家庭料理の中華で一番簡単なのは何じゃらそら?でいくと、個人的には炒飯じゃね?なんですけど、どよ?でもって、炒飯って、何故かむしょーに食べたくなる時があーりませんかぁ(笑)

 てな訳で、本書には卵とわけぎのチャーハン、じゃこ入りチャーハン、かに肉とレタスのチャーハン、あさり入りチャーハン、春野菜のあんかけチャーハンと掲載されておりまする。レシピの詳細は本書をドゾなんですが、一つだけ、パラパラにおいしく作るポイントのとこで「大きめのフライパン(できればテフロン加工)であわてず、強火でゆっくり炒めること。急いで炒めてフライパンをふりすぎると失敗しやすいので気をつけましょう。具を入れるタイミングは、しっかり炒めてご飯がパラパラになってから。この基本をおさえれば、チャーハンは本当に簡単にできます」って、ホンマでっかぁーっ?

 家庭でのチャーハンで、パラパラご飯は憧れだよなぁ?何故か家で作るとお米がベチャっとしてしまうのだろーか…まぁ中華料理店のパラパラまでいかなくても、こーほのかにパラっと具合までは何とかしたいものよのぉ、越後屋ってか(笑)

 

 アリス的には、朱色のサラダで、シャキシャキ大根のサラダ、キャベツとベーコンの簡単サラダ、豚肉のサラダとか、マレーのエビチリで、えびのチリソース煮とか、雛人形のシュウマイで、豚ひき肉と玉ねぎのシュウマイ、ジャンボカレーシュウマイとか、鍵のカステラで、蒸しカステラとか…

 蝶々の准教授の好物蟹で、二種アスパラガスのかに肉入り豆乳あんかけ、芙蓉蟹(かに肉入り卵焼きのあんかけ)、かに肉と春雨の茶碗蒸しとかとか…

 そして忘れてはいけない二人のソウルフードのカレーで、やりいかカレーもありまする(笑)

 さて、本書、中華料理のコツという事で、色々提言されているんですが、おろろいたのは中華鍋よりフライパンなんだそな…お家の火力とプロの調理場の火力の違い、なめたらあかんぜよって事らすぃ…なるほろ、中華鍋ってまず火力ありきなんだなぁ…

 後、調味料のとこでも中華の調味料いぱーい掲載されているんですが、こちらも家庭で使うなら、オイスターソースと豆板醤の二つでまずは大丈夫とゆー事らすぃ…後は「いつも使っている調味料で十分」なんだそな…

 その他調理手順とか、テクニックとかの詳細も本書をドゾ。家庭料理に特化としているのか本当シンプルなんですよ、奥さん(誰?)

 後、こちらは豆知識になるかもの中国の食習慣と飲茶の話のとこかなぁ?「「一日に二回ご飯を食べ、一日に三回点心を食べる」といわれるほど、中国の人は点心が好きです」だそな…「朝のお粥にはじまり、午後三時のおやつに、また夜食としてなど、しっかりとした食事と食事の間のちょっとした空腹感を満たすために、点心をつまみます。そして、おいしいお茶を飲む」そで、これが「広東地方の人の最大の楽しみなのです」って、そーだったのか?広東?

 そーいえば、香港にはその手のお店がいぱーいあったよーな記憶が薄っすらと?お茶と小っちゃい蒸し器が縦横無尽に走っていたよな(笑)

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんレシピいぱーいですので、興味のある方は本書をドゾ。

 目次参照  目次 食物

|

« ジュネプリュファン? | トップページ | うたがきこえます♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パラパラ?:

« ジュネプリュファン? | トップページ | うたがきこえます♪ »