« にゅーたいぷ? | トップページ | 乃東生? »

2018年12月19日 (水)

バリエーション♪

すし The SUSHI recipe book  谷あつこ・著 成瀬すみれ・料理  成美堂出版

 所謂一つのレシピ本でしょか?お家寿司のソレですが(笑)お家で手作りお寿司というと、太巻きとか、お稲荷さんとか、ちらし寿司のイメージしかなかったんですが、世界はにはもっと手軽に作れるお寿司あったんですねぇ(笑)いや何か助六にうっとりしている場合ではなかったか(笑)

 そんな家庭寿司ですけど、「昔はどこの家でも作っていたすし(家ずし)がこのまま作られなくなってしまうのは寂しいことです」位、お家でお寿司は作られなくなっていた模様…

 他方、「日本には"江戸前ずし"をはじめとして、昔から育まれてきたプロの職人さんの作るすし(外ずし)があります。時代が変わっても、大切に伝えていきたい味や文化です。近年は回転ずしの普及や持ち帰りずしの進化で、すしが手軽に食べられるのもうれしいことです」とな…

 とはいえ、家で作るなら、一番簡単そーなちらし寿司かなぁ(笑)そんな訳で本書では、漬け物ちらし、牛肉ちらし、それに海鮮ちらしだろか?自分的には、寿司と言えば魚がないと寂しい気がするんだけど、どよ?ちなみにこちらの海鮮ちらしには、まぐろとイカといくらと卵のネタが入っていますが(笑)

 アリス的には、寿司というとダリ繭の寿司折ですが、他には朱色の手まり弁当で、手まりかなぁ?こちらでは、いか、たこ、まぐろ、ほたて、しいたけ、みょうが、れんこん、小なす、それとにんにくのレシピが掲載されておりまする(笑)にんにくのお寿司ってちょっと想像がつかないんですが、あるんですねぇ?

 後は、ネタ的なとこで、ふくさの場合は、ラフレシアのアリスの好物ハムで、ハム・アスパラとか、新・細巻のとこでは、ラフレシアのハムで、生ハム巻(ねぎ・チーズ)、マレーのスモークサーモンで、サーモン巻(にんじん)とか、レタス巻の場合は、201号室のソーセージで、レタス巻とか、新・手巻のとこでは、201号室他のチーズで、サンチュ、すし飯、キムチ、カマンベールチーズとかゆでたキャベツ、すし飯、カマンベールチーズ、バジル、アンチョビ、オリーブ油とか、マレー他のスモークサーモンで、サニーレタス、すし飯、スモークサーモン、クリームチーズ、万能ねぎ、しょうゆのジュレとか海苔、すし飯、スモークサーモン、ルコラ、いくら、しょうゆのジュレとか、ラフレシア他のハムで、レタス、すし飯、生ハム、クリームチーズ、黄パプリカ、黒こしょう、オリーブ油とかも、どよ?

 焼きいなりの場合は、201号室のチーズで、たらこチーズとか、あぶりずしの場合は、ラフレシアのゴーヤで、ゴーヤとかもあるとな…

 他にアリス的という事で、アポロンのとこの刺身ネタから、ひらめの場合は、「身はどこまでも淡泊ながら、上品な甘みといい、脂といい、"白身魚の王様"といわれるのも納得の味わいだ。生のまま握るほか、昆布締めにしても、身が締まっておいしい。旬は晩秋から2月いっぱいまで。そのあとはひらめにかわって、かれい(鰈)の出番になる」そで、かんぱちの方は、「体長80cmにもなる大きな魚で、ぶり(鰤)やひらまさ(平政)の仲間の白身魚。冬場に旬を迎えるぶりに対し、こちらは初夏なら夏に、もっともおいしい時期を迎える。締まった身はさらりと甘く、脂もほどよくあっさりしているので、暑い夏場にもぴったり」という事らすぃ…アポロンの頃って確か秋だったと思うんだが、アリス的にこの選択はありなのか(笑)

 個人的に気になったのが、あぶりずしのとこでして、「くりぬいた野菜にすし飯を詰め、香ばしくあぶって、アツアツを食べます」っていうお寿司らしーんだが、その土台?カップ?になるお寿司が、ゴーヤ、ズッキーニ、ピーマン、しいたけと、肉詰めの代わりに寿司キタコレのよな?見た目もちょっとしたカナッペのよーで、オードブルに向いてそーかなぁ?

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんレシピいぱーいですので、興味のある方は本書をドゾ。

|

« にゅーたいぷ? | トップページ | 乃東生? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バリエーション♪:

« にゅーたいぷ? | トップページ | 乃東生? »