« 2018年12月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年1月

2019年1月 7日 (月)

あっち、そっち、こっち(笑)

虫の虫  養老孟司  廣済堂出版

 何の本かというと虫エッセイになるのかなぁ?虫というと、何じゃそら?かもしれないけど、この虫のとこを自然という単語に置き換えれば、なるほろな世界かも?複眼で物見ろやってか(笑)

 虫には全く関心のない己でも、虫と聞くと世界って広いやと思わされざるを得ないとゆーか、もしかしたら地球って虫の星なのかもなぁとも思うんですけど、どよ?というのも、「昆虫は多く数える人で三千万種、少ない人でも五百万種。名前がついているのは、そのうち百万になるかどうか。だから昆虫に関して、世界はまだ新種のほうが多いはずである」って、ドンダケェー(死語?)もしかして、昆虫標本とか図鑑って、毎日刷新な世界なんだろか?

 多分、こーゆースケール感の中にいると、日常の感覚が違ってくるんじゃないかなぁと?毎日が同じなんてまずないよな?まさに今でしょ(死語?)じゃまいか?自然と個人のスケールを対比したら、そりゃ自然の方が大きいどーになるんじゃね(笑)

 まぁもののスケール感って、どよ?系つながりになるのか?で、「世界を拡大すれば、自分のバカさ加減も拡大する」の件かなぁ?「おおかたの科学者がそういわないのは、科学は客観的で、自分は関係ないと信じているからである。客観とは、見ている自分を度外視することだからである」って、自分だけカヤの外なんですね、分かります(笑)

 それから、形の世界観もこれまた凄いとしか言えないよな?というのも、現物があるんだから、現物に現実あわせるしかないやんけとゆー話になるんですよ、奥さん(誰?)ちなみに「科学論文に想像は書けない」のは当然ですよね、ですけど「世界には想像するしかないことがたくさんあって、生物進化なんて、その典型である」じゃまいか(笑)こちらは時間というスケール感の問題か?何にしても、デカって事の許容量って一体(笑)

 でまぁ日々是虫三昧だと、「自分の考えなんて、たいしたものじゃない。虫を採っていれば、それもよくわかる」境地に達するらすぃ…とはいえ「考えなければ、万事はわけがわからないままである。あれこれ続けているうちに、わずかずつとはいえ、ものがわかってくる」んじゃねって事らすぃ…千里の道も一歩からってか(笑)そうして人は方向感覚を養うらすぃ(笑)

 でもって、「自然を相手にするときに、邪魔になるのは自分の勝手な思い込みである」は含蓄深いお言葉だよなぁ…

 虚心なくモノをありのままに見る、何かもー哲学か禅問答のよーな気がしないでもないが、それが出来る人というのは、果たしてこの地球上に何人いるのか(笑)見てるだけぇーでも、見ている私という、脳劇場に過ぎないのか、否か?それが問題だってか(笑)

続きを読む "あっち、そっち、こっち(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

天下統一(笑)

読み忘れ三国志  荒俣宏  小学館

 所謂一つの解説書というか、エッセイなのか?そーなのか?三国志、マジ読破しますたとゆー方もいぱーいいるとは思うけど、日本人なら誰しも一度は聞いた事があるタイトルじゃね?諸葛孔明の名を知らない人って殆どいないよな?今じゃゲームもありますの世界だし(笑)

 それにしても、三国志って三国志じゃなかったとは知らなんだ…「三国志には由緒正しい歴史書と波乱万丈の物語との二種類」があるそで、「正式タイトルは前者を「三国志」、後者を「三国演義」(あるいは「三国志演義」)」と言うとな…で、「わたしたちが俗称する三国志の物語が出ているのは「三国演義」のほうである」って、そーだったのか?三国志?

 で、マジ「三国志」は立派な歴史書で、「中国の三国時代(二二〇~二八〇)に現役として活動した陳寿という人が書き残した正史」だそな…その三国志の中の「魏志」の中の東夷伝の中に、「日本を扱った「倭人伝」」があるってマジか?だから「魏志倭人伝」なのか?そーなのか?こちらの詳細は本書をドゾ。まぁこちらはおかたい系という事になるのかなぁ?

 では、読み物としての三国志(三国演義)の方はどよ?とゆーと、「明朝になった十五世紀終わりにやっと刊行される」「小説」だとな…で基本はとゆーと「蜀の英雄劉備たちに偏っており、魏の曹操をハッキリと悪者に仕立てている」ですしおすし(笑)「英雄に似合うのは史実ではなく伝説なのである」って、そーだったのか?レジェンド(笑)

 まぁ時代背景としてとゆーか、その頃の日本史と重ねてみると果てしなくとほい世界のよな気がするのは気のせいか(笑)黄巾の乱が起きた紀元一七〇年後半から一八〇年前半の頃、日本列島では「王権争い」の嵐キタコレで、そこから出ましたが「女王卑弥呼」ですしおすし…「卑弥呼は、大陸で黄巾の乱がおこり、曹操・劉備・孫権が並び立った「三国志」ドラマの幕あけに、ヤマトの女王についた」となり、「諸葛孔明が蜀を率いて活躍する時期を眺め、さらに曹操が築きあげた魏に司馬懿が台頭していくありさまを目にしつづけた」事になるとな…家政婦は見たもとい卑弥呼は見た激動の三国史というのもあると思いますか(笑)

 そんな訳で「司馬懿と日本の関係を考えてゆくと、三国の争いも遠い他国の物語とばかりいえなくなる」訳で、こちらの詳細も本書をドゾ。例えば、238年司馬懿が「燕王国を滅亡させる」件からして見えてしまいますたと思うのも気のせいか?

続きを読む "天下統一(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

初夏の夜の夢?

ダンス&ウェイブ シェーンブルン宮殿 夏の夜のコンサート2012  ドゥダメル ウィーン・フィル  ユニバーサル・ミュージック

 テーマは、オペラの中の舞踏とクロード・ドビュッシー生誕150周年記念なんだとか…さて、本CDを拝聴してみれば、どこかで聴いた事がある曲がいぱーいってか?19世紀末から20世紀音楽多しのよーな気がするのは気のせいか?ドビュッシーもメインだしなぁ…当時の欧州は何となくクリスタルもといオリエンタルな世界だったらすぃってホンマでっかぁーっ?

 冒頭から露の作曲家が三人続くとこはどもかく、おフランスのかほりで、「フランスにおけるエキゾティズムの流行が終わりを迎えるのは、1889年と1900年に開催された万国博覧会で西洋以外の伝統に基づく独特の音楽を人々が初めて耳にしたのがきっかけであった」とな…モノホンのオリジナルきたこれって事らすぃ…

 「東南アジアの音楽を聴いたドビュッシーは次のように記している。「愛すべき小さき民族がもたらした音楽。彼らは息をするかのように容易に音楽を身につけている。彼らの音楽の学び場は、海、風に舞う木の葉、何千もの細やかな音たちが奏でる永遠のリズムであり、それらを大切に聴きとり、暴君のような教本から学んだりしない」」とあるそな…

 ドビュッシーにとっても東の音楽は衝撃的だった模様…それにしても小さき民族って、ホビットか(笑)

 まぁ何ちゅーか、世界は広いって事でしょか?でもって、大航海時代で世界中に行きまーすしてマテリアルは色々持ち込んできたけど、文化(音楽)が入ってきたのは400年位たってやっととゆー事らすぃ…欧米って…

 さてアリス的には、どよ?ですが、うーん…ドビュッシーとかは女性陣の方に受けそーなんだろか?で、朝井さんとドビュッシー…むしろ、ここは欧州と音楽という事で、ウルフ先生とか、ヴェロニカさんに欧州文化についてレクチャーしていただいた方がよろしいんだろか(笑)

続きを読む "初夏の夜の夢?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

牛に引かれて?

伊勢神宮とは何か  植島啓司 写真・松原豊  集英社

 所謂一つのエッセイなのか?小論文なのか?多分、文化人類学的にどよ?なんでしょか?失われた伊勢を求めての旅に出るぅーっ?ってか?よーするに、今でしょ(死語?)の伊勢神宮もあると思いますですけど、その中でも一般に認知されているのって内宮と下宮の二つじゃね?みたいな?でも、今だって、伊勢神宮は125社あるねんでぇーっでして…更に時代をさかのぼれば、歴史の途中で増減あると思いますらすぃ…

 で、昔々のその昔、よーするに伊勢神宮前の伊勢にも土地神サマがいらっさったじゃまいか?ってか?そゆ、神域としての伊勢周辺を彷徨う、もといフィールドワークに行こーってか(笑)ある意味、伊勢の社の考古学みたいなノリかも?

 文体は口語体で非常に平易で、写真も美しスなんですけど、こー馴染みのない土地がいぱーい出てくるので、果たして、今ドコ?とココはどこ?の連続でして、土地勘のない人間には、何が何だか?ついでに歴史観もないので、意味不明な案件がざっくざくってか…

 でで、そんな時は、分からないなら目次に逃げるパターンいってみよーで、「はじめに、第一章 伊勢神宮フィーリング、1筑紫申真「アマテラスの誕生」、2伊勢・志摩を歩く、第二章 志摩の磯部へ、1磯部神社旧宮跡、2「アマテラスの他に神はいますか」、第三章 水の神、1伊勢参宮名所図会、2五十鈴川上流へ、3瀧原宮と潮石、第四章 遷宮という仕組み、1遷宮という仕組み、2松前健「日本の神々」、3心御柱、4床下の秘儀、第五章 サルタヒコとは何か、1興玉の森、2サルタヒコとアメノウズメ、3松坂から鈴鹿へ、第六章 的矢湾クルーズ、1谷川健一「志摩の磯部」、2的矢湾クルーズ、3御贄、4御船代、5伊勢神宮よ永遠に、特別対談「祭りの場としての伊勢神宮」植島啓司×櫻井治男(皇學館大學特別享受)、おわりに」のラインナップ(笑)まぁ、これで分かる人には分かるんだろか?

続きを読む "牛に引かれて?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます!

本年も宜しくお願い申し上げます!

続きを読む "あけましておめでとうございます!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年12月 »