« 初夏の夜の夢? | トップページ | あっち、そっち、こっち(笑) »

2019年1月 4日 (金)

天下統一(笑)

読み忘れ三国志  荒俣宏  小学館

 所謂一つの解説書というか、エッセイなのか?そーなのか?三国志、マジ読破しますたとゆー方もいぱーいいるとは思うけど、日本人なら誰しも一度は聞いた事があるタイトルじゃね?諸葛孔明の名を知らない人って殆どいないよな?今じゃゲームもありますの世界だし(笑)

 それにしても、三国志って三国志じゃなかったとは知らなんだ…「三国志には由緒正しい歴史書と波乱万丈の物語との二種類」があるそで、「正式タイトルは前者を「三国志」、後者を「三国演義」(あるいは「三国志演義」)」と言うとな…で、「わたしたちが俗称する三国志の物語が出ているのは「三国演義」のほうである」って、そーだったのか?三国志?

 で、マジ「三国志」は立派な歴史書で、「中国の三国時代(二二〇~二八〇)に現役として活動した陳寿という人が書き残した正史」だそな…その三国志の中の「魏志」の中の東夷伝の中に、「日本を扱った「倭人伝」」があるってマジか?だから「魏志倭人伝」なのか?そーなのか?こちらの詳細は本書をドゾ。まぁこちらはおかたい系という事になるのかなぁ?

 では、読み物としての三国志(三国演義)の方はどよ?とゆーと、「明朝になった十五世紀終わりにやっと刊行される」「小説」だとな…で基本はとゆーと「蜀の英雄劉備たちに偏っており、魏の曹操をハッキリと悪者に仕立てている」ですしおすし(笑)「英雄に似合うのは史実ではなく伝説なのである」って、そーだったのか?レジェンド(笑)

 まぁ時代背景としてとゆーか、その頃の日本史と重ねてみると果てしなくとほい世界のよな気がするのは気のせいか(笑)黄巾の乱が起きた紀元一七〇年後半から一八〇年前半の頃、日本列島では「王権争い」の嵐キタコレで、そこから出ましたが「女王卑弥呼」ですしおすし…「卑弥呼は、大陸で黄巾の乱がおこり、曹操・劉備・孫権が並び立った「三国志」ドラマの幕あけに、ヤマトの女王についた」となり、「諸葛孔明が蜀を率いて活躍する時期を眺め、さらに曹操が築きあげた魏に司馬懿が台頭していくありさまを目にしつづけた」事になるとな…家政婦は見たもとい卑弥呼は見た激動の三国史というのもあると思いますか(笑)

 そんな訳で「司馬懿と日本の関係を考えてゆくと、三国の争いも遠い他国の物語とばかりいえなくなる」訳で、こちらの詳細も本書をドゾ。例えば、238年司馬懿が「燕王国を滅亡させる」件からして見えてしまいますたと思うのも気のせいか?

 アリス的に三国志…そーいやアポロンに色々出てきた本の名にあったっけ?うーん?

 他にアリス的というと、朱色の夕占とかどよで、「日本で有名な「橋占」や「夕占」」ありますよってにですけど、「夕方に街へ出たり、あるいは橋のたもとに立ち、ザワザワと聞こえてくる人の話し声に耳を傾ける」と、不思議に耳に入る、残る言葉ありきで、それを「占い師のところへもちこんで看てもらうと、聞いたことばの内容から、未来に起こる事件やら吉凶やらがわかる」のだそな…そーだったのか?アリス?

 他にも占い系では、天候占いのとこかなぁ?「日和を占うことがより発展して、現在の「日取りを決める」習慣となって定着した」そな…ちなみにこれも諸葛孔明はマスターしてたそで…ええ「大将と呼ばれる者であるにもかかわらず、天文に通ぜず、地理を知らず、奇門を知らず、陰陽の術を身につけず、陣形の図を見分けられず、兵法の勢いにも気づかぬようでは、まったく物の役に立たぬ」と孔明先生断言なさっておりまする(笑)

 それから鳥占いの件もどよ?で、「鳥占いは、インドから地中海全域、とくにエジプト、ギリシア、ローマなどできわめて重要視された技術」だそで、これが「極東にも存在」してたとゆーのはどよ?とでこちらの詳細も本書をドゾ。

 後アリス的なとこでいくと、後継者の資質に文才キタコレのとこだろか?曹操、曹丕、曹植の父子の件の詳細は本書をドゾ。それにしても文才、詩才で生き延びる事ができるんだから凄すぎる(笑)多少性格と生活に難ありでも、文才があれば許されるのか(笑)何でそんなに文才が珍重されるのかとゆーと、「文章は永遠に伝わり、永遠に残る。他人も楽しめる。自分の存在をかけて文章をつづれば、やがて名声も自分のものとなるであろう」って、そーだったのか?アリス(笑)

 蛇足ですがこの曹植は、「中国文壇の最高位に達し、五言詩という形式を確立した」そで、「唐の時代になって杜甫が出るまで、詩といえば曹植といわれるほどの大巨匠」なんだそな…でもって「曹植が確立させたこの時期の文学を「建安文学」と呼ぶ」そなな…そんな訳で、建安文学についての詳細は本書をドゾ。

 何とゆーか、古典を読むというか、理解するには、その世界のお約束をマスターしてるとより分かりますよってにとゆー事らすぃ…例えば、劉備の見かけについての表記で、「両の耳が肩まで垂れ、手を伸ばすと膝下にとどき、目は自分の耳が見えるほど切れ長で、身長も七尺三寸」とゆー事で「妖怪に近い姿とさえ言える」って…その他の登場人物達の姿ももしや異形ではなオプション多すぎで、詳細は本書をドゾですが、これってどよ?とゆーと「このような異貌は、超自然的なパワーの保持者であることをあらわす印でもあった」のだそな…これからすると「阿弥陀とまったく同じ奇怪な身体的特徴をそなえた劉備は、三国志の中の阿弥陀仏にたとえてよい。戦国の未来に光をもたらすべき真の英雄であることを、その姿がすで保証しているのである」って、そーだったのか?劉備玄徳?

 姿も姿なら、行動も色々あらーなで、まずは祈りや占いの類もいぱーい出てくるじゃあーりませんかぁ(笑)例えば、劉備達の義兄弟の契り、桃園で祭壇キタコレですが、この桃も「古代中国人にとって、鬼神のわざわいを祓う呪術の強い果実」で「魔を祓うときには、わざわざ桃の木で弓をつくり、桃の棘で矢をこしらえて、祓いの儀式」を行ったとな…祭壇には香炉を焚き、捧げものは、「黒い牛と白い馬と神の銭」でして、黒牛と白馬でモノクロ、准教授かよ?と思わずにはいられないが(笑)牛は陰の生き物で、黒色も陰ならば、馬は陽で、白もとな…転じて黒牛が月、白馬が太陽を象徴する事になるらすぃ…詳細はこれまた本書をドゾですが、何とゆーか出てくる小道具、単語一つ、意味ありまんねん感がパネェ(笑)

 蛇足ですけど、生贄にする動物はその民族によってちゃいまんねんで、「ユダヤ民族では、牛と山羊と羊」、「アッシリアでは豚」、「中国では牛、馬、豚」などで、更に中国の場合「犬」もありますとな「犬の血は、汚れたものを清める効果があると信じられた」らすぃってホンマでっかぁーっ?

 後、漢字見れば分かりますで、羊…良い事の意味を持つ感じに羊の字が入っているの多くね?で「羊は、ものごとに「良い結果」をもたらそうとするとき、用いられた犠牲獣だったと考えられる」からって、そーだったのか?メリーさん?

 桃ときたらこちらも忘れてはいけないんじゃねで、梅キタコレですけど、「梅の実は、古く、男女が契りを結ぶときに贈りあう神聖な食べものだったという」って、ホンマでっかぁーっ?

 中国あるある名前編では、中国の人名では姓は「生まれ、あるいは血筋」で、「少数の例外を除くと、一字であらわす「単姓」」で、「総数で四、五百種類しか」ないそな…ちなみに「姓の字に女偏があることから、古代では女系制社会があり、それがもとで姓が成立していたとも考えられる」って、ホンマでっかぁーっ?

 そして名は「親から子に与えられるもので、やはり一字がほとんどだった」そな…でもって「「名」はまさに実名であって、その名自体が本人の運命を象徴しており、本人そのものすら象徴する」そで、名は公開しないのが普通だったらすぃ…そんな訳で、「他人に呼ばれるときには、本人と直接つながりのないニックネームを使わせた」そで、それが「字」、「字は、逆に二文字になるケースがほとんど」なんだそな…

 又、諱もありますよってにで、「これは亡くなった人物を顕影する名であって、いわば死後の尊称」となるとな…「元来は朝廷から与えられたが、中国では自分で諱を付けてしまう輩も多かった」って…それって日本の〇〇守と似たよーなノリか?ところがどっこい、この諱、「死後の姓とすると、いわば死後の名にあたるもの」で、「死後の名はもっとタブー性が強く、厳重に守られた」になるそな…そんな訳で、「諱は実名と同じか、あるいはなるべくそれに近づけた文字が用いられた」そで、この諱に対するこだわり半端ないので詳細は本書をドゾ。遺された人が諱の字を見たり、聞いたりしただけで大号泣あると思います位、重いんですよ、奥さん(誰?)

 権力パネェで、「諱のルールを死守するあまり、一般に流布する用字のほうを変えてしまう」位ですからぁー(笑)マジ卍もとい、マジかぁ?

 さて、名と字ですけど、「中国では、子が生まれて三か月経つと、家廟に出かけていって子の誕生を告げる儀式を行なう。このときに名を付けて家系の一員に加えられる」そな…しかも「字のほうも幼名(小字)としてこのときにともに付けられる」そな…

 役職名キタコレで、黄門というと水戸黄門のイメージが強い日本ですけど、中国では「黄門とは日本の内務府にあたる少府(皇帝の身のまわりの品々をつかさどる者)に属した官僚をあらわす言葉」だったそで、こちらの詳細も本書をドゾですが、「中国では黄門というのは宦官の別称にも転用された」って、ホンマでっかぁーっ?

 まぁともかく、「管職名は本人の姓名よりも重要なものとして取り扱われた」そな…「名より肩書が大切だったのである」って、男子ぃの肩書好きって今に始まった話じゃないと(笑)そんな訳で、「中国でも、すべては肩書きが物を言った」そで、「官職に就いていない人物は、どんなに強くても、無視されるべき在野の私人にすぎなかった」って、何か殿方は序列という格差がお好きだよなぁ(笑)で、こちらの詳細も本書をドゾ。特に太古の中国パネェで王様変わると官職名も統一されて変わるんですよ、奥さん(誰?)

 それから、ブルータスお前もか?じゃないけど、英雄って何故かマザコンが多いよーな気がするのは気のせいか?父親より母親に育てられますたみたいなノリの(笑)アレキサンダーとか、カエサルとか、皆そのノリだけど、劉備もそーだったのか(笑)

 それから、中国の人生観というか、死生観のとこも一般的に「中国の人々は始皇帝と同じように永遠の生を何よりも強く望んでいた」そで、「その願望をすくい取り、民衆の中にはいりこんだ太平道・五斗米道」キタコレになったらすぃ…「このような民衆反乱の先頭には、いつも宗教集団が立ち、太平天国の乱や義和団事件にまでその伝統をつなげているのだから」に至るらすぃ…宗教とテロって…

 それと、中国、戦とくれば、必ず出てくるんじゃねの孫子(の兵法)来たぁーってか(笑)これも謎多き書籍なんだなぁでこちらの詳細も本書をドゾですが、作者も候補が二人いるとは知らなんだ…一人が「呉の孫武」、も一人が「戦国中期の兵法家である孫臏」とな…それにしても「「孫子」の冒頭にも、国を守るには賢明な臣や将軍を迎えるべきである、と述べられている」って、そーだったのか?孫子?まっそーして見るとなるほろ日本なんでしょかねぇ(笑)

 まぁ最も今でしょ(死語?)の類では、ここじゃね?の「蜀に諸葛孔明が立ち、ともに手を組んで魏の曹操に対抗しようと呉に呼びかけてきたとき」の件じゃなかろーか?「諸葛孔明の誘いに困惑したのは、既得権を握る呉の高官たちだった。かれらとしては、呉が曹操に滅ぼされたとしても、事務官やアドヴァイザーとして今の地位を保てるのではないかという楽観があったからである」の件は、どこかの霞〇関とうり二つと思うのは気のせいか(笑)

 本書的に一番男気があったのは、もしかして南蛮王孟獲かなぁ?戦いとは何か?勝敗とは何か?の件で、「負けた者は、勝った者に敬意を表する」の件は、むしろ戦争というよりスポーツだよなぁ(笑)スポーツマンシップに則って勝敗を決めよーじゃまいかで、決着がついたらノーサイドみたいな(笑)

 で、それ以外の戦いはどよ?というと、「きたないだまし合いを繰り返し、裏の裏のさらに裏まで読みあうような神経戦だらけの文明国間戦争」ですしおすしで、騙された方が悪いんだぁーっが正義ですからねぇ(笑)でもって、それに一番うんざりしているのが孔明で、これまた一番上手いのも孔明という、何とゆージレンマ(笑)

 そんな諸葛孔明の最大のライバルと言えば、司馬懿じゃね?って事になるらすぃ…こちらの詳細も本書をドゾ。何か、こちらの関係性は、ハンニバルとスピキオ・アフリカヌスを思い出してしまった(笑)

 それから、結局国が亡ぶ時って、外敵より内敵なんじゃねの件かなぁ…「蜀と魏の滅亡」は、「両国を滅ぼした最大の要因は、まさに内部のライヴァル関係であったからである。これを心理的にうまく利用した者が最後の勝者となる」の件じゃね(笑)

 それから、馬という生き物の有用性でしょか?中国の西は馬文化って事かなぁ…「西域の人々にとって馬は、中国産の茶や絹を手に入れる際の有力な交換品」で、「とても大きな価値」ですしおすし…

 それと、剣もどよで、中国では諸刃のものが「剣」、片刃のものを「刀」と区別していたそな…ちなみに刀の方が厚いから頑丈らすぃ…で、諸刃の剣は薄いので折れやすく、切るというより突くのがジャスティスってか…こちらの詳細も本書をドゾ。武器にも歴史ありってか…墨子も出てくるよぉ(笑)

 後、物としては玉もキタコレか?中国で玉が物凄く価値があるのはよく聞く話だけど、「中国人がいう「玉」とは、古く崑崙山脈のコータンに産するとされた神秘的な宝石」なんだそな…しかも「魔を祓い、死者をよみがえらせる力をもつと信じられた」ってなんつーマジカル(笑)「新石器時代の最も重要な呪物」であり「殷王朝が青銅器に新しい呪術性をもとめるまでは、絶大な畏敬を集めていた」のだそな…まぁこちらの詳細も本書をドゾ。

 それにしても中国人って石がお好きって事で、「中国人の宝石好きにつけこんだ西域商人」達、「シリアやローマ、またインドの交易商人たちは、「夜輝く宝玉(夜光璧)」や「コブラ石」といった怪しげな宝石を中国に売りにきていた」って、ホンマでっかぁーっ?ちなみに「玉や水晶というふれこみで持ちこまれた石の多くは、ガラス玉にすぎなかった」そーですしおすし…凄いなシルクロード(笑)

 食では、お酒キタコレで、酒で失敗したエピ盛り沢山じゃねで「中国では、酔っ払いが大あばれするという光景のほうが、むしろ、よく目につくのである。酒で失敗した人たちのエピソードも、これまたたくさんある」って、マジか(笑)何てたって、中国酒って、黒酒も白酒も「アルコール含有量は軽く五十度を超える」そで、普通それをチビチビと飲むものだが、これをグイグイ飲めば、皆まで言うなの世界が待っていると(笑)まさに酒は飲んでものまれるなの世界が展開していく模様…

 で、あまりに酒でヤバくね?って事になって「まともな神経の持ち主たちは、新しい清潔な指導者をもとめた。このニューウェーヴを「清流派」と呼ぶ。酒に飲まれ、女に現を抜かすような権力者は打倒すべきである」まで、行っちゃった訳か(笑)

 そして、女性の登場人物どよ?で、文姫キタコレかなぁ?まぁ何とゆーか、中国も男社会だからなぁで、女性の評判はどれも辛い気がするのは気のせいか?知的女性の代表みたいな文姫も「悲運だが二度も三度も夫に仕えるというのは節操がなく、いくら詩才があっても、歴史に名を残すような存在ではない」と一刀両断の評判キタコレらすぃ(笑)「これは主に学者や歴史家、それも男の意見であるのだが」ですしおすし(笑)とはいえ、范曄は列女としてアゲアゲしてるらすぃ…この前者と後者の評価の違いは皆まで言うなか(笑)

 それと孔明と奥さんの黄氏のなれそめ話がパネェ(笑)「諸葛孔明が、とても頭のよい女性がいることを聞いて、わざわざ出向いてプロポーズし、正式に妻としたこと」って…ちなみに黄氏って美人じゃなかったそー…うーん、孔明の女性観ってひたすらに知的である事だったのか(笑)こちらの夫婦のエピについての詳細も本書をドゾ。一例をあげると「兵法を勉強しあいながら、仲むつまじく平穏に暮らす夫婦」ってあると思います?何か、銀英伝のヤン夫妻を思い出してしまったりして(笑)まぁあちらは奥さん美人だけど(笑)

 それから、究極のソレでいけば、これじゃね?で「「三国演義」のポイントは、英雄たち一人ひとりが、いかにいい女に惚れられるか、その勝負に尽きる」って、そーだったのか?朝井さん(笑)結局、異性にモテる殿方が正義って事か(笑)

 他にもたくさんたくさん本当にたくさんエピ満載ですので、興味のある方は本書をドゾ。最後に一つ、本書で一番なハーヘーホーと思わされたとこ、「漢の高祖劉邦」による今までの王朝の「滅亡の原因となった政治体制」についての「分析」がパネェ…夏王朝は忠、殷王朝は敬、周王朝は文、秦王朝は法、そしてどれもその長所は短所にはまって滅んだとゆー事らすぃ…こちらの詳細は本書をドゾですが、それらを踏まえて、漢王朝キタコレになったそな(笑)目指すべき社会とは何か?なかなかに難しい世界だよなぁ(笑)

 ちなみに蛇足ですが、文を目指せでその結果「礼節を身につけた人々は、上面だけ法則にしたがい、たくみに世の中を渡っていく不誠実な暮らし方をするようになったからだ」は、まさに今でしょ(死語?)のどこかの国と似ているよーな気がするのは気のせいか?ええ、想定外だから責任ないし、法的に問題ないなら全てはOKなのよですしおすし(笑)

|

« 初夏の夜の夢? | トップページ | あっち、そっち、こっち(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

フィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天下統一(笑):

« 初夏の夜の夢? | トップページ | あっち、そっち、こっち(笑) »