ファッション・アクセサリ

2018年12月23日 (日)

気軽に気軽に(笑)

うきうきお出かけ着物術  近藤ようこ&お着楽倶楽部  河出書房新社

 所謂一つのエッセイ?ガイド本でしょか?うーん?着物を着て街歩きしてみますたとゆーノリで、着物好きのパンピーの一言みたいなのも乗っていたり、着物愛好家のわきあいあいとした場みたいなノリかなぁ?

 最近は着物の人もちらほら見るよーになったよーな悪寒?特に外人さんの着物姿が増えたよな?夏なんかは普通に浴衣姿の人がいぱーいいるし…

 まぁ日本で一番着物の人をみかけるのは、成人式と七五三の時だと思われですけど?どーなんだろぉ?後は結婚式か?今までで一番インパクトあったのは明治神宮での結婚式の多分、お婿さんの母親の留袖姿かなぁ?パッキンで180cmはゆうにあろーかとゆーご婦人のそれは、物凄い迫力でございました…花嫁さんも霞む程の(笑)

 そんな事はともかく、日本人も普通に着物着て街に出ようの世界が展開している模様…でもって、今時の呉服屋さん、そのた着物の小物屋さんも敷居が高くなくて、アットホームな雰囲気なんですねぇ…ちょっとそれもおろろいた(笑)いや、何か呉服屋さんって慇懃な番頭さんが待ち構えているイメージだったので(笑)

 そして、当たり前ですけど銀座にはあちこちに呉服関係のお店があると…普段気にした事がなかったので、全然気づいていなかったわーと…何とゆーか21世紀、もっと呉服をの世界かもなぁとちょっと思った…やっぱ伝統文化は残していかないとあきまへんえって事なんだなぁ…それが肩こらずにできたら、本当にいいんですけどねぇ(笑)

 でもって、着物にも東京好みってのがあるらしくって「さりげなく、がんばりすぎない」(@宮良/青山みとも銀座コア店店長)とな…江戸は昔からよく言えば粋、悪く言えばやせ我慢だからなぁ(笑)腹が減っては戦は出来ぬじゃなくて、武士は食わねど高楊枝なんですよ、奥さん(誰?)

続きを読む "気軽に気軽に(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

春ですから♪

大人女子着こなし図鑑  ashimai  メディアファクトリー

 表紙コピーは、ちょっと特別な日のコーディネートとか、同窓会、デート、お仕事、結婚式…安心&ほめられコーデ!ashimaiのおしゃれテクも初公開!とか、手軽にセンスUP108STYLE!とかあるんですが、イラストとエッセイで、語る今時女性の服装事情かなぁ?

 まっ着回しテクというよりも、こーゆー時ならこんな感じみたいな全身像が一ページに一つキタコレってか?で、思ったのは女の子って大変(笑)お洒落好きか、スタイルそこそこか、小金持ち以上じゃないと、これらをクリアするのは難しいんじゃまいか(笑)

 とはいえ、特別凄い恰好をしている訳でもなし、更に上から下までブランド物でござるなんてコーデでもないんですけど、それでも、服の上下、バックに靴、更にアクセサリーまで入れると、一つでいい訳ない訳で、なるほろ世間に着回し術系の本が出回る訳だと納得しますた(笑)

 更に仕事なんかだと「仕事で初対面の方とお会いする時は、気を遣ってコーディネートを考えます。「人は、色の印象が一番記憶に残る」という話を聞いてからは、まずは色から決めるようになりました」って、ホンマでっかぁーっ?ちなみに、「初対面で印象が良いのは黄色らしい」そーですよ、奥さん(誰?)

 てな訳で初対面の人には地道なスタイルで笑顔で会えって事らすぃ…それはそれで記憶に残りやすいかどーかはまた別な話か(笑)

続きを読む "春ですから♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

かわいいは正義♪

かわいい振袖  fussa 監修  グラフィック社

 春になりましたで今日はひな祭り…着物の需要はなくね?的なノリでどよ?とか(笑)まぁ今時、お正月や雛祭的な行事でいちいち着物着用している日本人がどれだけいるか?は知らねども(笑)女の子が振袖着てるシーン的にあると思いますでは、一月の成人式と、三月の卒業式と、通年では結婚式位か?

 まぁそんな訳で本書のサブタイトルも、成人式・卒業式・結婚式全30アイテムとあったりして(笑)お着物カタログかなぁ?今時の着物ってこゆノリなんだとちょっとおろろいた…何とゆーか大正ロマン風というか、レトロっぽいノリか?もしくは昭和のお人形さんみたいなノリとゆーか?もしくは原宿を闊歩している女子が着物着てみますたみたいな?

 でもって、十代っぽいとゆーか(笑)振袖そのものが一昔前は二十代位のギリ設定も、今でしょ(死語)では独身ならば幾つでもOKになりつつありますが、こちらに掲載している雰囲気は、二十代で着用するのは前半まではともかく後半は、どーなのかなぁ?何とゆーか、どこまでも少女風のよな気がするのは気のせいか?こゆ年代的な感覚っていうのもセクハラ発言になってしまうのだろか?最近のポリティカルコレクトは厳しいからなぁ…

 何が言いたいかとゆーと、総じてかわいいなんですよ、奥さん(誰?)着物版不思議の国のアリスみたいな、そんなふんわかした世界観のよーなよな?

続きを読む "かわいいは正義♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

ソックニッター?

手編み靴下研究所  Kotomi Hayashi  グラフィック社

 所謂一つの編み物本なんですが、編み物は編み物でも靴下に特化した編み物の本というべきか?

 そーいや昔、授業で手袋編んだ記憶が薄っすらと?なんですが、先生に確認とっても失敗作となったソレを思い出しました(笑)編んでいる途中で大きさが違う気がしたから、教師に訊いたら、そのままで大丈夫ですと三回も太鼓判を押してくれたんですが、出来上がりは見事におかしい…先生もこれは失敗作ですと、判定してくれました(笑)本当にありがとうございましたで、今となってはセピア色の思い出話なんですけど、十代の当時は結構ショックだったよな?まぁ、幼稚園の頃からずっと不器用な人間は、大きくなってもずっと不器用でしたマルなんでしょけど(笑)

 前振りが長くなりましたが、その手の黒歴史はいぱーいなんで、こゆ手先を使う事は殆どパス一、パス二、パス三してきたんですけど、靴下って何だ?ってつい気になって手にとってしまいますた(笑)というより、靴下って手編みでできたんだと、ちょっとおろろいた?そーいや日本で一番最初に靴下履いたのって水戸黄門と昔聞いたよーな気がするが、黄門サマが着用した靴下も、もしかして手編みだったのかなぁ?編み機の発明って、いつ頃なんだろ?

 まぁそれもともかく、今まで己は靴下をなめていました…靴下ってどこも同じ形じゃね?と思っていたら、世の中こんなに種類があったとは知らなんだ…つま先部分と、かかとの部分と、物凄く種類があったんですねぇ…しかも、模様編みなんかもありまして、靴下、最早芸術品じゃまいか?と…目から鱗でございますでしで、是非、本書を見てくらはい(笑)靴下ワールド全開でございます(笑)

続きを読む "ソックニッター?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

まっしろまっしろまっしろな?

ウェディング・ドレス・ブック  カーリー・ロニー  フレックス・ファーム

 ジューンブライドですよ、六月の花嫁ですよ、おぞーさん(誰?)いや、何とゆーか、ウェディング・ドレスの特別感って半端ねぇーっ(笑)とゆー事で、これは結婚前のおぞーさん必読の書かも知らん(笑)花嫁さんは大変で、花嫁さん前も大変で、詰まるところ女性って大変って事じゃね(笑)ドレスって大変で、ファッションって大変で、しきたりって大変で、セレモニーも大変なんですよ、奥さん(誰?)なるほろ、結婚式が一生に一度とゆー(建前も/笑)分かったよーな気がする(笑)

 ある意味、ウェディング・ドレスというのは「生涯のお買い物」という事になるらすぃ…花嫁になる女性が、一体「私はなにを着ればいいの?」の究極の答えがここにあるのかもしれないってか(笑)何とゆーか、本人の小さい頃からの夢のドレスでもあるかもしれず、はたまた今でしょ(死語?)にいたってもそんなの関係ねぇー(死語?)と欠片も思い浮かんでいないかもしれず…花嫁さん予備軍にもタイプ色々なんですよ、姐さん(誰?)他にもファッション性とか、時代性とか、歴史とか、伝統とか、ちょっと考え中、もしくは立ち止まってみよーみたいな要素もこれまたてんこ盛りですしおすし(笑)

 まぁ、今だとウェディング・ドレスもだいたいはレンタルきたこれなんだと思うけど、それもなぁ…こーイメージするものとゆーか、気構えがあるか否か、それが問題だってか(笑)

 何とゆーか、ウェディング・ドレスとゆーと、白い服なんて単純なイメージしかなかった己的には、この写真集のよーなハードカバーな一冊だけでも、お腹いっぱいになりそーな悪寒なんですが(笑)

続きを読む "まっしろまっしろまっしろな?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

純白のお花?

ウェディングブーケの制作技法  フローリスト編集部・編  誠文堂新光社

 タイトル通りの本なんですが、結婚式の花嫁さんが持っているブーケって、真っ白いイメージでいたんですよ、何となく、そんなのしか目にしていなかったよーな気が?位で、ところがどっこい(笑)ブーケのお花って色んな色のお花が使われていたんですよ、奥さん(誰?)

 いやもー、本書を拝読して、目から鱗がザクザクと(笑)己の想定していたブーケっていうのは白くて丸いのしかなかったなんて、何て物を知らないんだぁーっ(エコー付/笑)でございますよ、奥さん(誰?)

 まぁ自分で作るお人には技術的なとこがポイントになってくるんだと思われですが、トーシロが見る分には、形とか、色とか、お花の種類とか、目をひくとこばかりなりじゃね?

 例えば、形だけでも、ラウンドブーケ、キャスケードブーケ、ティアドロップブーケ、アームブーケ、バックブーケ、ホールブーケ、ホリゾンタルブーケ、クレッセントブーケ、リースブーケとあるんだぜ(笑)済みません、ラウンドブーケ位しか知りませんでした…

 でもって、ブーケって、ドレスの形とも組み合わせがあって、例えばラウンドブーケならばAラインのドレスが合うって事になるらすぃ…よーするに己のウェディング・ドレスに合わせてブーケを決めるもあると思いますらすぃ…

続きを読む "純白のお花?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

いろいろ?

かさねの色目  長嶋盛暉  青幻舎

 サブタイトルは、平安の配彩美なんですが、よーするにカラーコーディネイトって奴じゃね?でして、まぁ単色の色もいろいろあってなですけど、それを更に二色、三色と合わせていくのにも、その組み合わせにお約束ありの世界だったらすぃ…十二単なめたらあかんぜよってか(笑)当時的には最先端ファッションの世界じゃね?トップコーディネイトはこれだもあると思いますで、宮中、公家、貴族のご一同様は競って装っていたんだろーと思いまする…でもって、セレブもそーだけど、女官達にしてみれば、おつきの女主人もあると思いますだけど、自分達の日々の装いもキタコレになるのか?もしや、これは当時のOLの服装手引きとか(笑)

 まぁそれはともかく、当時的貴族の嗜み、常識では、色は重ねてナンボの世界だったとゆー事じゃねで、その組み合わせについてが本書をメインでしょか?「「特に宮廷の女房(女官)社会ではこの素養のないものは仲間入りが出来ないほど重要だったのである」ですしおすし(笑)

 さて、実際にどんなもんよとゆーと、今は三月なので、桃とか、桜の重ねがあると思いますなのか?ちなみに桃の場合は、ピンクと緑の組み合わせ、桜は赤と白の組み合わせになるらすぃ…

 これが三色だと桃の場合は、赤と白と萌黄色みたいなノリになり、単から袿までの八枚重ねになると、桜重の場合、赤に白、白、白、白、白、ピンク、濃いピンクみたいなノリか?こゆ、二枚から、下着から上着までの重ねのグラデーションのパターンを常に頭に叩き込んでおかないといけない平安貴族パネェ…

 ついでに言うと、当時の衣は薄かったから重ねても今ほど重くないそーだが、ファッションの為なら重圧にも耐えますも凄いが、それよりも、このパターンの為に各色の衣を持っていないといけないんじゃね?で、それを仕舞うクローゼット、相当にかさばると思うのは、己が庶民だからだろか?

続きを読む "いろいろ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月28日 (火)

まてりある・まてりある(笑)

SONYA(S SHOPPING MANUAL 202 TO 301  SONYA S. PARK  マガジンハウス

 スタイリストが選んだグッズの数々という事で、やはりファッション系というか、身につけるものがメインだろか?本書もお洋服から始まっているし(笑)いやぁ買い物が苦手な人間としては、この手のものごとに精力的に取り組んでいらっさるお人は尊敬しかありません(笑)かくて、人に頼んで、もしくはついでに買ってきてもらうが一番多い人間に、こゆショップ、グッズ、アイテムガイドって…どよ?とは自分でも思ふ(笑)

 何事にも最先端とか、トレンドとか、また伝統の、スタンダードな物って存在するんですよねぇ…後は、出会いと相性か?知って気に入れば、己の定番アイテムになるとゆー(笑)

 まぁ市場こそ全てのこの世界で、その市場のどこに目を向けるか、また見抜く眼力があるか?否か?それが問題だってか?とりあえず、本書を開け、ですかねぇ?世界って広かったんですよ、おぞーさん(誰?)

続きを読む "まてりある・まてりある(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

白いドレスの女(笑)

手作りドレスでウェディング  月居良子  文化出版局

 今時はこれもありなのか?いえ、女子力ある人にはこれがジャスティスなのか?ちょっとおろろいたりして、正装というのは物凄く大変なもののイメージがあったので、ましてやウェディング・ドレスとなると一生に一度(多分?)のシロモノですから…気合いが違うと思うんだが?どーなんだろぉ?花嫁さん的に?

 さて、六月でございまして、六月といえばジューンブライト…六月の結婚は幸せになれるとゆージンクスがあるよーな気が?昨今の結婚式事情は一体どーなっているのか?この手の冠婚葬祭については全くのトーシロなので、はて?まぁ式までは大変だぁーっな話は世間的にはよく聞くが…まぁでも式を挙げたカポーはたいてい良いお式でしたとゆー感想を述べるのもこれまた世間的にはよく聞くが(笑)

 それはともかく、その己の人生の盛り上がりのピークの一つだと思われの結婚式でのウェディング・ドレスっ、これを自分で縫うなんて、気合いと女子力が違くね?ある意味、女子の憧れか?そして、そのドレスが20着位掲載されていますとな…型紙と解説付きでとなれば、花嫁さん必読か(笑)

続きを読む "白いドレスの女(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月17日 (日)

選択と抑制?

ダンディズム  落合正勝  光文社

 サブタイトルに、靴、鞄、眼鏡、酒…とあるんですが、男の道楽指南かなぁ(笑)ダンディとは何か?で、ダンディな殿方とは何か?で、気障とか、見栄とか、派手とか、まぁどの人にもそれなりの印象があるかも?ですけど、ファッション的には1780年からこっち、仏式から英式に移り変わり、それが今に続くらすぃ…よーするにキンキラからモノトーンの世界か?とはいえ、そこには勿論、美意識が透徹しているとー事らすぃ…

 かくて「真のダンディズムとは、モノの価値を理解した男同士の間でこそ成立するものだと私は思っている」になるそーで、ダンディズムを貫くには異性の目より同性の目が気になるとこなのか(笑)でもって「ダンディなり「だてしゃ」になるための条件は、自分で身につけるモノは、すべからく自分で選ばなければならない」そーで…誰かのプレゼントとか、お仕着せを身につけているよーではあかんとな…ちなみに著書はネクタイをプレゼントされたら「すぐに送り返す」とゆー…ダンディになるには頂いた物を突っ返す位の感覚じゃないとやっていけないものらすぃ…

 でもってダンディとは流行に左右されてはいけないそーで…ちなみに流行とは、「流行する一〇年前/みだら、流行する五年前/恥知らず、流行する一年前/大胆、流行時/スマート、流行した一年後/野暮、流行した一〇年後/嫌味、流行した二十年後/馬鹿げている、流行した三〇年後/面白い、流行した七〇年後/チャーミング、流行した一〇〇年後/ロマンティック、流行した一五〇年後/美しい」と、服飾史家のジェイムズ・レイヴァーは分析したそーで…こーしてみると流行って、その年一年の命なのか?後は30年後以上に会いましょーとか(笑)

 そんな訳で「流行とは、単なるうつろいにすぎない」と断言する著者パネェ…そんなもんにうつつを抜かさず、ダンディたるもの確固たる己のスタイルを貫けとな…ダンディって最早、ダンディ道と言った方がいいんじゃなかろーか(笑)

 と、ぐるぐるとダンディ道の前書きというか、心得の条をクリアして、そこから各論に進む訳ですけど、個人的に本書を手に取った動機は、大物の小物(?)的にはどーなんだろぉ?と思ったからなんですが?例えば、鞄とか?

 女性のハンドバック類と違って、男性のソレはどよ?じゃね?ちなみに鞄の起源は紀元前12世紀の頃から用いられた「袋状のbag」なんだそな…まぁそんな昔から人類って、袋、バッグ、持ち歩いていた模様…ちなみにちなみに「現代に具体的な形で残された鞄は、紀元前二二〇〇年、エジプト第一一王朝の供物を運ぶ人々の木像だ」そで…

 そして「鞄が早い時代から用いられた理由は」「狩猟民族が狩った獲物を容れる」「移動民族が身の回り品を収納する」「衣服のポケット代わり」の三つだそで…前者二つが大きなバッグを、後者が小さなバッグの需要とゆー事すらぃ…これまたちなみにバッゲィジという言葉が出てきたのは15世紀半ば、これがトランクケース、大型鞄で、隊属荷物の意から、軍隊の移動に伴うそれとゆー事らすぃ…15世紀だと旅行というより、移動とは軍事行動なりの世界だったのか?日本の鞄史についての件は本書をドゾ(笑)

 さて、男の鞄とは、即ちこれ革製であるとゆー事になるみたいです(笑)その選択基準についての詳細は本書をドゾですが、とにかく「どんなに高価な鞄であっても、キズや汚れを気にする人は、その鞄を持つ資格はない」そー(笑)でもってメンテナンスも自分でこなし、長く愛用して味の出る鞄を持てとゆー事らすぃ…ダンディの道は一日して成らずとな(笑)

続きを読む "選択と抑制?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)