文化・芸術

2018年8月29日 (水)

文化、文化、文化…

知っておけば3倍たのしい 京都の古社寺  淡交社編集局・編著  淡交社

 表紙コピーは、古社5件と古寺40件を、創建年順に掲載。とか、世界文化遺産にふくまれる古社寺を網羅。とか、ちょっと知りたい京都の宗教史、末木文美士(仏教学者)、石川登志雄(伝統文化財保存研究所代表)とか、お寺の宗派や開創者がひと目でわかる。とか、拝観したい仏像やお堂が写真でわかる。とか、社寺の規模・地形がわかる境内図つき。とかあるんですが、所謂一つの神社とお寺のガイド本?

 この手のガイド本はいぱーい見てきましたが、今までで一番分かりやすい本かも?でもって、解説の情報量が平易なのにパネェ…歴史に裏打ちされている感が凄いです(笑)これは騙されたと思って読んでみてみての世界だなぁ(笑)タイトルに偽りなし、知っておけば3倍どころかもっと面白いんじゃね?

 にしても、京都観がちょっと変わるかもななエピがちらほらとかなぁ?例えば、「平安京が作られたときは、これほど神社仏閣だらけだったわけではない。都の中にあるのは東寺と西寺だけだった」(@末木)とか、「平安京はその周囲を墓場に囲まれ、死者の世界の真ん中で生者の生活が営まれているという構造でもある。東の鳥辺野、北の蓮台野、西の化野と三方が葬送地であり、しかも遺体はもともと野晒しで放置されるだけであったから、都の周辺は遺骸が散乱する荒涼とした地が続いていたことになる」(@末木)って、ホンマでっかぁーっ?

 まっそんな訳で、「死者の霊を慰めて彼岸に送り届け、生者に害を及ぼさないようにするために、次第に寺院が建てられるようになった」(@末木)結果、京都に寺院が増えていったとゆー事らすぃ…神社も右に同じってか…詳細は本書をドゾ。

 神社の歴史を見てみれば、アジアで見られる「祖先霊を祀ること」(@石川)キタコレらすぃ…詳細は本書をドゾ。歴史というより人類史とか宗教史の世界かも知らんが(笑)

 でまぁ日本的には「「古事記」では、伊邪那岐命から首飾りの玉が授けられた天照大神は、これを倉の棚に飾り「御倉板挙之神」としたとされる。これは神話時代の天皇が倉の棚の上に飾り玉(神璽)を安置して皇祖神を祀っていたことを示すものとされ、その際天皇は「神牀」に坐した。つまり神祭にあたりそこに居籠り(御籠り)したという」(@石川)のだそで、どゆ事とゆーと「神霊の依代である御霊代(御神宝)を安置する場所が倉になり、神殿になっていったと考えられている」(@石川)そで、「神社には祭礼の前夜祭と称して、夜を通して御籠りをする籠り堂が付帯する場合が多い」(@石川)のだそな…

 京都の開発は平安京以前からありますたとゆー事で、賀茂氏は京都の北、賀茂神社キタコレでして、「山陰から移住したとされる出雲氏は、出雲郷と呼ばれる出町西方の賀茂川西岸一帯に根付いた豪族」(@石川)、「八坂氏は山城国八坂郷と呼ばれる現在の祇園一帯に」(@石川)根付いていたそだし、京都と言えば秦氏を忘れてはいけないってかで、これらの詳細は本書をドゾ。

続きを読む "文化、文化、文化…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月24日 (火)

言葉は、言刃ではなくて言霊…

ねこはなやまニャい  御誕生寺・著 キッチンミノル・写真  オレンジページ

 所謂一つの人生指南書だろか?うーん?もしくは猫の写真集?タイトル通り、悩み多き人生において、おりゃーどーしたらいーだぁーっ?には、「できるだけ考え込むことを少なくすること、そのためには、体で実感することに関心を置いて、生活することです」とな…

 そんな訳で「座禅をはじめとする「禅」の修行は、その基本を実感するものですが、気ままに過ごす猫たちを相手にしているだけでも、「禅」の境地にふれられます」になるらすぃ…そーだったのか?禅?

 さて、本書の舞台は御誕生寺だそで、福井県は越前市郊外にあるそな…その御誕生寺は、「瑩山禅師が約750年前にご誕生になった地に建つお寺。地元の篤志家が土地を寄付し、総持寺の貫主(大本山の住職のこと)で、曹洞宗管長(宗門を管轄する長)だった板橋興宗禅師を開山住職に迎えて、およそ10年がかりで建立され、平成21年に本堂が完成しました」というから、結構新しいお寺なんだろか?

 ちなみに御誕生寺は「曹洞宗の僧侶を育成する修行道場」だそで…それもあるけど、今でしょ(死語?)ではねこ寺として全国区で有名ですけんの世界に突入した模様(笑)

 どーしてこーなったぁーっとゆーと、「まだ寺が建設中だったころのある日のこと、敷地内に、段ボールに入れられた4匹の子猫が捨てられていました。それを昔から猫好きだった板橋禅師が保護」したところから、始まったらすぃ…一時は80匹まで増えたみたいだから、相当なものじゃね?とゆーか、世の中そんなに捨て猫ってあったのか?とおろろいた…

 更に「動物愛護法ができて、今ではペットを捨てることは刑罰の対象になる。犯罪なわけですよ」とは知らなんだ…それでも捨て猫が後をたたないって、根深い問題なんだなぁ…

 その間の紆余曲折の詳細は本書をドゾですが、猫のご縁だけでも物凄い事になっている模様…お寺ですから、何事も縁と修行という事になるみたいですけど…まぁ命を大切にね?に人も猫も大差はないよなぁ…

 まぁともかく、猫好きの人達が猫を見に猫寺詣であると思いますで、現在に至るとゆー事らすぃ…

続きを読む "言葉は、言刃ではなくて言霊…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

ぴかぴか♪

厄落とし・厄払い大辞典  小林祥晃  実業之日本社

 表紙コピーは、あなたの運を生かしきるなんですが、ひところ流行った風水関連本でしょか?風水とか、陰陽道とかは、平安の昔じゃないけど国家単位の世界かと思っていたら、21世紀個人単位になっていたのか?思えば、仏教も国家な話が一人一人の救済キタコレだから、何事もそゆ方向性なんでしょかねぇ?そんな訳で本書は家庭で出来るプチ風水のよな気がする(笑)

 で、何に特化しているかといえば、タイトル通り、厄じゃね、でして、日本人的には、穢れとか、澱とか、そゆ汚れとか不純物を己から叩き出せの世界でしょか?ある意味、日本人の綺麗好き、清潔好きって、こゆとこからきているのかもなぁ(笑)

 ちなみに厄は二つあるそで、一つが「相手から与えられてしまう厄」で、も一つが「あなた自身がつくり出している厄」だとな…

 いつの間にか厄をしょい込んでいるかもな貴方は、まず家を掃除せよらすぃ…でもって、個人としては「外気に当たる」と「窓を開けて光と風を通す」なんだそな…よーするに掃除と換気だろか?まぁ、そゆ事でその詳細は本書をドゾ。

続きを読む "ぴかぴか♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

悠久の曲?

イメージアルバム 紅の豚  徳間ジャパン

 なるほろBGMな気がしないでもないんですが、いやもーこれは日本人なら誰も一度は聴いた事がある映画音楽じゃね?でして、今更、何も言う事はないよな(笑)もージブリ・アニメは日本の伝統文化・伝統芸能でしょ(笑)

 そんな訳で、何でわざわざ紅の豚で、それも今でしょっ(死語?)というより、今更なんですが、済みません、個人的に宮崎アニメで一番好きなのがコレなんです(笑)まっ現実には、こーゆー大人の男の人達がいる世界なんて、あるわけねぇーっなんですけど(笑)ある意味ポルコは、紅の豚というより白馬の王子サマじゃなかろーか?ちょっと憂いを含んでいるとこが更に乙女心に直撃ですってか(笑)

 また森山周一郎さんの渋い声もアニメ的には画期的だったんじゃなかろーか?とは思ふ…たいていのアニメの声ってキーが高いと思うんだけど?気のせいか?それを主役に持ってきただけでも、どよ?じゃね(笑)麗しのバリトンボイスの准教授的にはどでしょ(笑)

 まっアドリア海というとヴェネツィア共和国のイメージでいたけど、伊的にはどーなんだろぉ?何せ、イタリア半島とバルカン半島の間にある海ですから、それこそその時歴史が動いたを何千年も見詰め続けてきた場所なんだろなぁ…

続きを読む "悠久の曲?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

ロマンティストに捧ぐ?

浮世絵のおんな  葛飾北斎 喜多川歌麿 十返舎一九 他  二見書房

 サブタイトルは、女と男の寝物語なんですが、何の世界というと春画の世界でして…「江戸後期の文化~文政期(1800年代前期)にかけて、庶民が楽しんだの枕絵・艶本の世界…。」という事になるらすぃ…所謂一つのエロ本か?ですが、江戸のポルノ並じゃねぇってか?まさにげいじつのためならぬぎますの世界が展開している模様…

 まぁ当時的立ち位置としては「大衆娯楽本」という事になるらすぃ…でもって、本書の趣向は「春画を収録したそれらの艶本をまるごと復刻し、読みやすい訳文で、江戸庶民となるたけ々気分で味わっていただく」というものらすぃ…

 そんな訳で本書収録作品は「天才絵師・葛飾北斎の見事な筆運びによる絵物語「萬福和合神」」と、「喜多川歌麿と十返舎一九の共著「葉男婦舞喜」と、「戯作の達人、山東京伝の黄表紙の傑作「江戸生艶気樺焼」と、「錦絵十二枚「願ひの糸口」」も歌麿の傑作という事にらるらすぃ…

 まぁ江戸生気樺焼以外はエロ街道まっしぐらって感じだが、山東京伝のソレはエロではなくスラップスティックとゆーか、完全コメディ、むしろギャグ、ナンセンスの世界じゃね?大店のボンボンが世間知らずでしでかす騒動みたいな?落語か、お笑いの題材にもってこいのよーな気もするが?と思ったらはコレ「不朽の名作として読み継がれ、今日でも歌舞伎で演じられている」作品だったんですねぇ…

続きを読む "ロマンティストに捧ぐ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

えめらるどしてぃ?

女子とニューヨーク  山崎まどか  メディア総合研究所

 所謂一つのNYガイド本だと思われなんですけど、映画を中心にしたNYだろか?それも、女の子が主人公のNYみたいな?そこから米の社会とか、風俗が見えてしまいましたでしょか?で、取り上げられているソレの主なのは、プラダを着た悪魔とか、ティファニーで朝食をとか、そして一昔前一世を風靡したSEX AND THE CITY(SATC)だろか?

 で、映画を取り出して、その原作、元ネタ、そして登場人物と現実の人達、何とゆーかNYの20世紀、女性の変遷を浮き彫りにしている感じかなぁ?なので、縦横無尽に名前が出てきて、これらの米映画(TV映画)を熟知していないとちょっと辛いものが(笑)というのも、その名前は、映画の登場人物の名前なのか、映画の女優・俳優の名前なのか、制作関係者の名前なのか、現実のNYの人達なのか、知らないと混乱するよーな気がするのは気のせいか?

 例えば、一つの映画が出ても、その役柄の名前と、それを演じた女優の名前と、その役の元ネタの人物の名前と、その原作の作者の名前と、映画製作者関係者の名前を同時並列的に把握していないといけないみたいなノリとでもいおーか?

 で、更に今でしょ(死語?)の映画及びTV映画は、過去の映画及びTV映画のオマージュ作品であるみたいなとこもありまして、このシーンはあの映画から来ますたみたいなのが、これまた結構あるんですよ、奥さん(誰?)その点では、米映画史みたいなノリもあるよな?

 それら一つ一つを微に入り細を穿つ感のある本書の著者の情報量も半端ないとゆー事か(笑)映画を見たらこの位語れというならば、もーひれ伏すしかございません(笑)

 てな訳で、都会に来た女の子の生きざまを追ってみよーって事かなぁ?

続きを読む "えめらるどしてぃ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

森羅万象♪

日本の神々がわかる神社事典  外山晴彦・監修  聖美堂出版

 表紙コピーは、神話・人物・自然の神 八百万の神々に迫るとか、神社の起源 建築様式 参拝作法など神道16知識とか、お参りしたい全国の神社ガイドとかあるんですが、所謂一つの神社ガイド本でしょか?

 今日は建国記念日という事で、神武天皇キタコレになるんだろーか?そーだ、大和に行こーじゃね(笑)紆余曲折、艱難辛苦色々ありましたが、はぁーるばるっ来たぜっ大和へぇぇぇーって事で大和入りしますた「樫原を都と定め神武天皇を名乗った。それが紀元前660年2月11日とされている」そな…まぁそれで「大和を制定した神武天皇がまずしたのが嫁探し」って、ホンマでっかぁーっ?

 そんな橿原神宮では、「2月11日を紀元祭とし、勅使参向のもと厳かな儀式が執り行われている」そな… 

 それにしてもニニギノミコトも地上に降りてきてコノハナノサクヤと出会いましたで、サルタヒコとアメノウズメも出会いましたで、山幸彦もトヨタマヒメと出会いましただし、神様って一目会ったその日から恋の花咲く事もあるの道を突き進んでいらっさるよーな気がするのは気のせいか?

 山幸彦が釣り針失くしましたの件で綿津見神の宮殿に行ったらば「そこで娘の豊玉毘売命と出会う。豊玉毘売命は美男の山幸彦に一目ぼれ、父神も天孫の御子とあって大喜び」って…イケメン伝説キタコレってか(笑)

 更に、天孫降臨の時、「地上に怪しい謎の神がいる」で、天宇受売命曰く「そこにいたのは猿田毘古神という国つ神で、天孫を道案内しようと思っているとのこと」って事で、「猿田毘古神の案内で邇邇蓺尊は無事、日向の高千穂に降り立った」そな…そんな訳で「天宇受売命は猿田毘古神を監視するために結婚するが、そんな関係でありながら二神は仲むつまじく、心も通い合い、天宇受売命は猿女君と呼ばれるようになった」って、ミイラ取りがミイラになったって訳じゃないよね?なるほろ、結婚、奥が深い…

続きを読む "森羅万象♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

生涯、こころの中にひとつでも多くの引き出しを持つことができるように努めなさい…

「おそれいります」  小笠原継承斎  講談社

 コピーが、小笠原流礼法美しいことばとしぐさが身につく本なんですが、所謂一つの社会人の社会常識でしょか?礼法というと、何かものすごーく格式高い世界のよーな気がしますが、こちらはハレは勿論、ケでもこの程度は対応しないとヤバイよとゆーレベルだろか?とはいえ、今の日本人でここまで意識して身についている人は、絶滅危惧種レベルだとも思うけど?どよ(笑)

 気持ちとか、心がけとか、貴方の知らない世界かもしれないが、それを知っておく、意識しておくと大分、人生違ってくるかもなぁ?でしょかねぇ?最近は特に個々のリテラシーの差が広がっているから、特にかも…

 で、如何にもと思ったのがおじぎ一つでも違うんですよ、おぞーさん(誰?)「小笠原流では「礼三息」と呼んでいますが、上体は息を吸いながら傾け、止まったところで息を吐き、さらには息を吸いながら上体を元に戻します」ですしおすし…おじぎって呼吸法だったんですねぇ…初めて知りました…

 ちなみに礼法の真髄は「相手を大切に思うこころ」という事で「遠慮」が大切なんだそな…ええ、「遠きを慮る」って事ですよ、奥さん(誰?)

 それにしても、「小笠原流の伝書に、「賢い人ほど、諫言してくれる人をそばにおくものである」とある辺りかなぁ?まず、永田町と霞が関と新橋の住人の辞書にあるのだろーか?と、じっと手を見るってか(笑)

続きを読む "生涯、こころの中にひとつでも多くの引き出しを持つことができるように努めなさい…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

友好関係の増進?

プロトコールとは何か  寺西千代子  文藝春秋

 サブタイトルは、世界に適用する公式マナーなんですが、まずプロトコールとは「国家間で守るべきエチケット」なんだそな…昨今じゃ国際法すらぶっちぎりの国々が多発してますが、何か?の中で、プロトコール、マジ墨守している国って、どんだけあるんだろーか?私、気になりますですけど(笑)まぁ、「どちらも相手に不快感を抱かせず、お互いの関係を良好に保つための潤滑油のようなもの」だそーですから、皆まで言うなか(笑)

 ちなみにプロトコールの語源はギリシア語で、「六世紀には「公文書の真正さを証明するために最初のページに貼付されていた紙」のことを指していた」そな…そして今じゃ巡り巡って「国際儀礼」にまで来たよぉー(エコー付/笑)とゆー事らすぃ…

 そんな訳で、外務省には儀典官室とゆーのがあって、「外国からの賓客や在日外交団の接遇に責任を持つ部署」「ブロトコール・オフィス」キタコレってか?ちなみに「「儀典官」と呼ばれるのは外務省の課長職(二名)で、「儀典長」は外務省の局長クラスから任命され、「大使」の称号が付与されます。その下で働く「儀典担当者」が「プロトコール・オフィサー」」となるらすぃ…

 でまぁ、よーするにニュースでよく聞く国賓とかのお偉さんが外国に行きますたとか、お偉さんが日本に来ますたとか、の対応を引き受けているのがプロトコール・オフィス(オフィサー)のみなはまたちとゆー事らすぃ…

 所謂、究極の建前キタコレだと思われて、こーゆー伝統とか、しきたりとか、マナーとか、エチケットとかとか、今でしょ(死語?)にはそぐわねぇーとゆーのもあると思いますだけど、結局、これはお互いの落としどころはどこよ?みたいな話か?例えばテーブルマナーでナイフとフォーク、カトラリーの手順ってきっちり決まっているけど、でもそんなの関係ねぇーと食べるのは同じだから手づかみでもOK、あると思いますだろか?結局、きっちりと手づかみの間でどこを取るかじゃね?自分ファーストであっても(笑)

 しかも「プロトコールには相互主義の原則」があるそーで、相手にやられた事はこちらもやり返すとゆー何とゆークロスカウンター外交儀礼なんでございますよ、奥さん(誰?)何か無礼とは何ぞやの探り合いのよーな気がしないでもないが、そゆ悪気にとるのではなくて、ポイントその一は規則に抵触するか?で、その二は規則外ならば臨機応変に対応せよで、その三「現地の慣行(ローカル・カスタム)を尊重する」もあると思いますなのか?そーだったのか?ト〇ンプ(笑)

続きを読む "友好関係の増進?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

ぎょ、ご、お、おん、み?

図説 天皇家のしきたり案内  「皇室の20世紀」編集部・編  小学館

 コピーは、知られざる宮中行事と伝統文化が一目でわかるなんですが、皇居24hとゆーか、365日だろか(笑)実は、「宮中に正月休みはない」そで…天皇家には寝正月なんて、でもそんなの関係ねぇー(死語?)らすぃ…で、どゆ事?とゆーのを紹介している本書かな?

 ちょうど今でしょ(死語?)だと、歌会始だろか?時期的に?何とゆーか、「歌会」は万葉集に出てくるらすぃので、昔から日本って歌読む国の人だものだったらすぃ(笑)で、今のスタイルの元が明治天皇が始めた「明治7年(1874)に、皇族や側近などだけでなく、国民からも宮中に和歌を差し出す「詠進」が認められ、明治12年(1879)には、一般の詠進歌のうち特に優れたものが「選歌」として歌御会始で拾うされるようになった」そで、「昭和天皇の時代には戦後、詠進を広く求めるために「お題」が平易になり、歌が選ばれた「預選者」は式場に参入できるようになった」とな…

 ちなみに「天皇が詠まれる歌は「御製」、皇后・皇太后が詠まれる歌は「御歌」、皇后・皇太后以外の皇族の歌は「お歌」と呼ばれる」のだそな…御製はどっかで聞いた事があったよな?ですけど、他の皆様のを指す単語もあったんですねぇ…

続きを読む "ぎょ、ご、お、おん、み?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧