書籍・雑誌

2019年1月 7日 (月)

あっち、そっち、こっち(笑)

虫の虫  養老孟司  廣済堂出版

 何の本かというと虫エッセイになるのかなぁ?虫というと、何じゃそら?かもしれないけど、この虫のとこを自然という単語に置き換えれば、なるほろな世界かも?複眼で物見ろやってか(笑)

 虫には全く関心のない己でも、虫と聞くと世界って広いやと思わされざるを得ないとゆーか、もしかしたら地球って虫の星なのかもなぁとも思うんですけど、どよ?というのも、「昆虫は多く数える人で三千万種、少ない人でも五百万種。名前がついているのは、そのうち百万になるかどうか。だから昆虫に関して、世界はまだ新種のほうが多いはずである」って、ドンダケェー(死語?)もしかして、昆虫標本とか図鑑って、毎日刷新な世界なんだろか?

 多分、こーゆースケール感の中にいると、日常の感覚が違ってくるんじゃないかなぁと?毎日が同じなんてまずないよな?まさに今でしょ(死語?)じゃまいか?自然と個人のスケールを対比したら、そりゃ自然の方が大きいどーになるんじゃね(笑)

 まぁもののスケール感って、どよ?系つながりになるのか?で、「世界を拡大すれば、自分のバカさ加減も拡大する」の件かなぁ?「おおかたの科学者がそういわないのは、科学は客観的で、自分は関係ないと信じているからである。客観とは、見ている自分を度外視することだからである」って、自分だけカヤの外なんですね、分かります(笑)

 それから、形の世界観もこれまた凄いとしか言えないよな?というのも、現物があるんだから、現物に現実あわせるしかないやんけとゆー話になるんですよ、奥さん(誰?)ちなみに「科学論文に想像は書けない」のは当然ですよね、ですけど「世界には想像するしかないことがたくさんあって、生物進化なんて、その典型である」じゃまいか(笑)こちらは時間というスケール感の問題か?何にしても、デカって事の許容量って一体(笑)

 でまぁ日々是虫三昧だと、「自分の考えなんて、たいしたものじゃない。虫を採っていれば、それもよくわかる」境地に達するらすぃ…とはいえ「考えなければ、万事はわけがわからないままである。あれこれ続けているうちに、わずかずつとはいえ、ものがわかってくる」んじゃねって事らすぃ…千里の道も一歩からってか(笑)そうして人は方向感覚を養うらすぃ(笑)

 でもって、「自然を相手にするときに、邪魔になるのは自分の勝手な思い込みである」は含蓄深いお言葉だよなぁ…

 虚心なくモノをありのままに見る、何かもー哲学か禅問答のよーな気がしないでもないが、それが出来る人というのは、果たしてこの地球上に何人いるのか(笑)見てるだけぇーでも、見ている私という、脳劇場に過ぎないのか、否か?それが問題だってか(笑)

続きを読む "あっち、そっち、こっち(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

天下統一(笑)

読み忘れ三国志  荒俣宏  小学館

 所謂一つの解説書というか、エッセイなのか?そーなのか?三国志、マジ読破しますたとゆー方もいぱーいいるとは思うけど、日本人なら誰しも一度は聞いた事があるタイトルじゃね?諸葛孔明の名を知らない人って殆どいないよな?今じゃゲームもありますの世界だし(笑)

 それにしても、三国志って三国志じゃなかったとは知らなんだ…「三国志には由緒正しい歴史書と波乱万丈の物語との二種類」があるそで、「正式タイトルは前者を「三国志」、後者を「三国演義」(あるいは「三国志演義」)」と言うとな…で、「わたしたちが俗称する三国志の物語が出ているのは「三国演義」のほうである」って、そーだったのか?三国志?

 で、マジ「三国志」は立派な歴史書で、「中国の三国時代(二二〇~二八〇)に現役として活動した陳寿という人が書き残した正史」だそな…その三国志の中の「魏志」の中の東夷伝の中に、「日本を扱った「倭人伝」」があるってマジか?だから「魏志倭人伝」なのか?そーなのか?こちらの詳細は本書をドゾ。まぁこちらはおかたい系という事になるのかなぁ?

 では、読み物としての三国志(三国演義)の方はどよ?とゆーと、「明朝になった十五世紀終わりにやっと刊行される」「小説」だとな…で基本はとゆーと「蜀の英雄劉備たちに偏っており、魏の曹操をハッキリと悪者に仕立てている」ですしおすし(笑)「英雄に似合うのは史実ではなく伝説なのである」って、そーだったのか?レジェンド(笑)

 まぁ時代背景としてとゆーか、その頃の日本史と重ねてみると果てしなくとほい世界のよな気がするのは気のせいか(笑)黄巾の乱が起きた紀元一七〇年後半から一八〇年前半の頃、日本列島では「王権争い」の嵐キタコレで、そこから出ましたが「女王卑弥呼」ですしおすし…「卑弥呼は、大陸で黄巾の乱がおこり、曹操・劉備・孫権が並び立った「三国志」ドラマの幕あけに、ヤマトの女王についた」となり、「諸葛孔明が蜀を率いて活躍する時期を眺め、さらに曹操が築きあげた魏に司馬懿が台頭していくありさまを目にしつづけた」事になるとな…家政婦は見たもとい卑弥呼は見た激動の三国史というのもあると思いますか(笑)

 そんな訳で「司馬懿と日本の関係を考えてゆくと、三国の争いも遠い他国の物語とばかりいえなくなる」訳で、こちらの詳細も本書をドゾ。例えば、238年司馬懿が「燕王国を滅亡させる」件からして見えてしまいますたと思うのも気のせいか?

続きを読む "天下統一(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

牛に引かれて?

伊勢神宮とは何か  植島啓司 写真・松原豊  集英社

 所謂一つのエッセイなのか?小論文なのか?多分、文化人類学的にどよ?なんでしょか?失われた伊勢を求めての旅に出るぅーっ?ってか?よーするに、今でしょ(死語?)の伊勢神宮もあると思いますですけど、その中でも一般に認知されているのって内宮と下宮の二つじゃね?みたいな?でも、今だって、伊勢神宮は125社あるねんでぇーっでして…更に時代をさかのぼれば、歴史の途中で増減あると思いますらすぃ…

 で、昔々のその昔、よーするに伊勢神宮前の伊勢にも土地神サマがいらっさったじゃまいか?ってか?そゆ、神域としての伊勢周辺を彷徨う、もといフィールドワークに行こーってか(笑)ある意味、伊勢の社の考古学みたいなノリかも?

 文体は口語体で非常に平易で、写真も美しスなんですけど、こー馴染みのない土地がいぱーい出てくるので、果たして、今ドコ?とココはどこ?の連続でして、土地勘のない人間には、何が何だか?ついでに歴史観もないので、意味不明な案件がざっくざくってか…

 でで、そんな時は、分からないなら目次に逃げるパターンいってみよーで、「はじめに、第一章 伊勢神宮フィーリング、1筑紫申真「アマテラスの誕生」、2伊勢・志摩を歩く、第二章 志摩の磯部へ、1磯部神社旧宮跡、2「アマテラスの他に神はいますか」、第三章 水の神、1伊勢参宮名所図会、2五十鈴川上流へ、3瀧原宮と潮石、第四章 遷宮という仕組み、1遷宮という仕組み、2松前健「日本の神々」、3心御柱、4床下の秘儀、第五章 サルタヒコとは何か、1興玉の森、2サルタヒコとアメノウズメ、3松坂から鈴鹿へ、第六章 的矢湾クルーズ、1谷川健一「志摩の磯部」、2的矢湾クルーズ、3御贄、4御船代、5伊勢神宮よ永遠に、特別対談「祭りの場としての伊勢神宮」植島啓司×櫻井治男(皇學館大學特別享受)、おわりに」のラインナップ(笑)まぁ、これで分かる人には分かるんだろか?

続きを読む "牛に引かれて?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月31日 (月)

人生とは気晴らしである(笑)

進みながら強くなる 欲望道徳論  鹿島茂  集英社

 所謂一つの生き方指南かなぁ?タイトルは、「バルザック」(ステファン・ツヴァイク)からの引用らすぃ…しかも、これも「アエネーイス」(ヴェルギリウス)からの引用らすぃので、引用の引用?孫ひき?はともかく、直訳すると「進むにつれて力が加わる」なんだそな…

 でまぁ、本書的には、人生って何もかも準備万端で臨める事なんてないよで、時には見切り発車で進まないとあきまへんえって事だろか?とはいえ、何でも見切りで行けば準備不足、能力不足でおじゃんになるし、逆に準備だけで一生が終わって何もできませんでしたもあると思いますでして、どの程度で勝負に出るか?それが問題だってか(笑)

 更に、日本人って奴はぁで、「進取的・前向きであるよりも保守的・現状維持的で、何かしないことの理由はいろいろと見つけてくるのですが、何かを決断する理由というのはなかなか見つけられないようにできているようです」しおすし(笑)特に「役所と大企業」はなって事らすぃ(笑)まっ昨今のお役所仕事は、セ〇ハラと隠〇いのよーな気がするのは気のせいか(笑)

 でもって、サブタイトルに欲望道徳論キタコレで、欲望かぁで、人間誰しも「自分の得にならないことは絶対にしません」を頭に置いとけとゆーとこかなぁ(笑)本能というか、欲望ってこあい(笑)人間だものってか(笑)ところが、「「自分にとって何が一番得なのか」ということを徹底的に考えると、不思議なことに、答えは「自分にとってだけ一番得になること」からどんどん遠ざかっていくからです」ってホンマでっかぁーっ?で、物事突き詰めると「哲学」になるらすぃ(笑)

 例えば、「わたしたち自身の利害というものは、わたしたちの目を気持ちいいほどに欺いてくれる素晴らしい道具である」(「パンセ」/パスカル)も言っていらっさいますしおすし(笑)

 ちなみに生き方指南では、デカルトに倣えで、「1 すべてを疑おう」「2 分けて考えよう」「3 単純でわかりやすいものから取り掛かろう」「4 可能性をすべて列挙・網羅しよう」の四つじゃねで、どれも言われてみればご尤もだけど、日常で常態化しているかと言えば、どよ(笑)

 又、生き方指南では、個人としてですけど、「人は自分の生きている時代のエピステーメーから外に出ることはなかなかできないが、そのエピステーメーの限界に限りなく近づく努力をしない限り、新しい時代を切り開くことはできない」の件かなぁ?ミシェル・フーコー来たぁーってか(笑)

続きを読む "人生とは気晴らしである(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日)

気軽に気軽に(笑)

うきうきお出かけ着物術  近藤ようこ&お着楽倶楽部  河出書房新社

 所謂一つのエッセイ?ガイド本でしょか?うーん?着物を着て街歩きしてみますたとゆーノリで、着物好きのパンピーの一言みたいなのも乗っていたり、着物愛好家のわきあいあいとした場みたいなノリかなぁ?

 最近は着物の人もちらほら見るよーになったよーな悪寒?特に外人さんの着物姿が増えたよな?夏なんかは普通に浴衣姿の人がいぱーいいるし…

 まぁ日本で一番着物の人をみかけるのは、成人式と七五三の時だと思われですけど?どーなんだろぉ?後は結婚式か?今までで一番インパクトあったのは明治神宮での結婚式の多分、お婿さんの母親の留袖姿かなぁ?パッキンで180cmはゆうにあろーかとゆーご婦人のそれは、物凄い迫力でございました…花嫁さんも霞む程の(笑)

 そんな事はともかく、日本人も普通に着物着て街に出ようの世界が展開している模様…でもって、今時の呉服屋さん、そのた着物の小物屋さんも敷居が高くなくて、アットホームな雰囲気なんですねぇ…ちょっとそれもおろろいた(笑)いや、何か呉服屋さんって慇懃な番頭さんが待ち構えているイメージだったので(笑)

 そして、当たり前ですけど銀座にはあちこちに呉服関係のお店があると…普段気にした事がなかったので、全然気づいていなかったわーと…何とゆーか21世紀、もっと呉服をの世界かもなぁとちょっと思った…やっぱ伝統文化は残していかないとあきまへんえって事なんだなぁ…それが肩こらずにできたら、本当にいいんですけどねぇ(笑)

 でもって、着物にも東京好みってのがあるらしくって「さりげなく、がんばりすぎない」(@宮良/青山みとも銀座コア店店長)とな…江戸は昔からよく言えば粋、悪く言えばやせ我慢だからなぁ(笑)腹が減っては戦は出来ぬじゃなくて、武士は食わねど高楊枝なんですよ、奥さん(誰?)

続きを読む "気軽に気軽に(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土)

乃東生?

おいしい暮らし歳時記 口福だより  絵・文 広田千悦子 写真 広田行正  小学館

 所謂一つのエッセイ本だろか?季節の行事と食みたいなノリかなぁ?こーして見ると日本って本当に四季の国だし、二十四節気で、七十二候なんですよねぇ…

 そんな訳で、今日は冬至、一陽来復キタコレですけど、トーシロ的には「冬至カボチャを食べたり、柚子湯に入って温まる」のがメインじゃまいか(笑)後は、小豆粥とか、それから「ん」が最後についたのを食べるなんてゆー話もどこかで聞いた覚えが?うどんとかね?

 本書の食的には、カボチャレシピで、カボチャの生クリームサラダが出ています。それと柚子湯と、も一つは「運盛り」でして、お皿(お盆?)に、んのつくものが乗っているんですが、絵を見る分には、大根、蓮根、人参とな…うん、みんな最後に、んがついてる(笑)更に、んがつく食べ物を食べるで、うどんとぎんなんが掲載されていまする(笑)

 それはともかく冬至のマジレス的には、「一年のうちで昼の長さが一番短く、夜が一番長い日です」しおすし…かくて、一年で一番太陽が弱い日って事になったんでしょか?今日を過ぎればこれから太陽の出てる時間が長くなる訳ですから、ある意味太陽の蘇りキタコレなのかもなぁ?

続きを読む "乃東生?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

バリエーション♪

すし The SUSHI recipe book  谷あつこ・著 成瀬すみれ・料理  成美堂出版

 所謂一つのレシピ本でしょか?お家寿司のソレですが(笑)お家で手作りお寿司というと、太巻きとか、お稲荷さんとか、ちらし寿司のイメージしかなかったんですが、世界はにはもっと手軽に作れるお寿司あったんですねぇ(笑)いや何か助六にうっとりしている場合ではなかったか(笑)

 そんな家庭寿司ですけど、「昔はどこの家でも作っていたすし(家ずし)がこのまま作られなくなってしまうのは寂しいことです」位、お家でお寿司は作られなくなっていた模様…

 他方、「日本には"江戸前ずし"をはじめとして、昔から育まれてきたプロの職人さんの作るすし(外ずし)があります。時代が変わっても、大切に伝えていきたい味や文化です。近年は回転ずしの普及や持ち帰りずしの進化で、すしが手軽に食べられるのもうれしいことです」とな…

 とはいえ、家で作るなら、一番簡単そーなちらし寿司かなぁ(笑)そんな訳で本書では、漬け物ちらし、牛肉ちらし、それに海鮮ちらしだろか?自分的には、寿司と言えば魚がないと寂しい気がするんだけど、どよ?ちなみにこちらの海鮮ちらしには、まぐろとイカといくらと卵のネタが入っていますが(笑)

続きを読む "バリエーション♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

にゅーたいぷ?

New おにぎりカフェ  主婦の友社

 表紙コビーは、Onigiri Recipe100+55とか、まいにち食べたい!おにぎり100点と今風おかず55点は、ふだんの献立に役立つものばかりです。簡単で、おいしい、おにぎりとおかずの組み合わせは、忙しい日のごはん作りに威力を発揮。晩ごはんやお弁当のおかずに悩んでいる、あなたのお助けブックですとかあるんですが、所謂一つのレシピ本だろか?

 何とゆーか、一食がセットになっているレシピなので、これを実践すれば、朝食とか、昼食で便利そーだよなぁとは思ふ(笑)タイトル通り、ちょっと小洒落たカフェめしみたいにも見えない事もないし(笑)

 なので、サラダレシピが多いだろか?ちょっと変わったおにぎりと、サラダのセットは、何とゆーか、例えるならマロニエの並木沿いのカフェでもオケみたいな(笑)

 さて、年の瀬も押し詰まってまいりましたで、忙しい毎日の方多しじゃねで、そんな時に手軽に食べられるおにぎりどよ?かなぁ?何より手づかみで食べれるとこがよろしじゃまいか?

 とまぁ、冬の最中に言う事ではないんですが、本書のおにぎりの解説で一番なるほろと思ったのは、暑い季節のおにぎりの作り方のポイントのコラムで、世の中には「冷凍おにぎり容器」なんてものもあったのか?「炊きたてのごはんを冷凍おにぎり容器に入れて冷凍保存。温めるときは、湯気弁を開いて蓋をしたまま電子レンジで加熱します。具材用の窪みもついた優れものです。(エビス株式会社)」って、ホンマでっかぁーっ?

 何とゆーか、時代は進んでいるんだなぁと、単なるおにぎりの型だけではなく、おにぎり関連グッズも進化しているんですよ、奥さん(誰?)

続きを読む "にゅーたいぷ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

世界中どこだって?

おいしい・あたらしい・食べてみたい 世界のパンアレンジブック  鈴木理恵子・著 井上好文・監修  誠文堂新光社

 所謂一つのパンガイド本でしょか?でもってサンドウィッチのレシピ本でもあるよな?パンというと、食パンとか、バタールとかがパッと浮かぶ程度の情けなさなんで、世の中にはこんなにパンの種類があったのかとおろろいた…世界各国、その国独自のパンがあるのは当たり前ってか…で、そのパンをどのよーに食しているのかで、そこのパンを使用してのサンドウィッチレシピが掲載されているとゆー事らすぃ…ある意味、世界各国のパンの使い方とゆーか、食べ方指南書かも?

 まず、欧州のパン事情も国ごとの違い的には、仏は「ハードでしっかりした歯ごたえのパン」、伊は「もっちりとして、後を引くおいしさのパン」、独は「北部はライ麦粉の黒いパン、南部は小麦粉の白いパン」、墺は「王朝文化の形を残すクリスピーな白いパン」、スイスは「モチーフがユニークな、ほんのり甘いパン」、丁は「デニッシュと呼ばれる、サクサクとした軽いパン」、芬は「形も名前もかわいらしい、ライ麦粉のパン」、英は「あっさりした味わい、ティータイムにも合うパン」となり、露では「ライ麦粉から作られた黒パンが主流」だそで、「トルコやシリアをはじめとする中近東では、紀元前から作られていたとされる平焼きパンが主流」なんだそな…

 又、北米では「スライスして食べる食パンタイプや、具をはさんで食べるバンズタイプが主流」だそで、「ブラジルやメキシコなど南アメリカでは、小麦のほか、温暖な気候で育つトウモロコシやキャッサバイモなど、その土地ならではの穀物が使われています」とな…

 アフリカでは、エチオピアは「テフ粉を使ったクレープ状」、埃は「中に空洞のあるポケットタイプで、中近東のパンととてもよく似ています」となり、アジアでは、印は「小麦粉を使うことも多く、素朴な味わいの平焼きパンが主流」、中国は「小麦の大量生産国であり、消費国。焼くより蒸したタイプのパン」が主流で、越は「フランス統治時代の影響が色濃く、フランスパンに似たパンが主流」なんだそな…

 おおまかなくくりでいけばそゆ事なんだろーけど、それでも一国で一パンなんて事はないと思えば、パンの種類って一体?まぁそれを言えば、日本のパン事情もアンパンだけじゃないですもんねぇ(笑)

 一応、パンの歴史的な流れでは、「約1万年前、メソポタミア(現在のイラクの一部)のチグリス・ユーフラテス河畔で農耕を始めた人類は、収穫した小麦の粒を挽いて小麦粉とし、それを水と混ぜてから加熱し、粥状にして食べ始めました」とな…その「小麦粉で作った粥を、熱した石の上で焼くとたいへんおいしく、粥よりも保存性が高まる」んじゃねを発見ってか?そして「これがパンの起源と考えられています」とな…とはいえ、これはまだ発酵パンではなく「パンのふくらみはほとんどなく、火がよく通るように必ず薄く焼かれました」って、クレープとかパンケーキの世界か?

 で、いつの頃からか「粥状の生地を放置すると、野生酵母のはたらきによりふくらみ、それを焼くとふくらみ、口当たりがよく、消化にもよいパンが焼けることに」気付いてしまいますたとゆー事で、発酵パンきたこれになったらすぃ(笑)

 まぁそんな訳で「紀元前3000年に造られた古代エジプトの墳墓にある壁面には、発酵パンの作り方が記されているのです」って、壁画がレシピって、さすが埃っ。とゆー事は、その頃には発酵パンは普通にあると思いますだったって事か?

 詳細は本書をドゾですが、メソポタミアから埃、そして今度はローマへと紀元前200年頃に伝わったんじゃね?って事になるらすぃ…ちなみに300年頃にはパン屋さんのギルドが出来ていたとゆーからドンダケェー(笑)まぁともかく、その後パンは欧州各地に広がりますたで今に至るとゆー事らすぃ…

 蛇足ですけど、日本のパン事情的には、てっきり戦国時代か、幕末・明治後かと思っていたら、「紀元前100年頃に中国を経て伝わった」ってホンマでっかぁーっ?そんな昔から日本にもパンはあるの世界だったのか?とはいえ「本格的にパンとして伝わったのは、1543年。種子島に漂着したポルトガル人」によってらすぃ…ええ、鉄砲とキリスト教だけじゃなんですよ、奥さん(誰?)

 で、時代は下って幕末、江川太郎左衛門キタコレで1842年「日本で初めてパンの試作が行われました」キタコレってか?でもコレ兵糧としてなのよねってか(笑)で、明治になり銀座木村屋のアンパン来たぁーっで、WWⅡ以後学校給食はパンでござるも来たぁーっで今に至る訳で、こちらの詳細も本書をドゾ(笑)

続きを読む "世界中どこだって?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

女もすなる買いものエッセイといふものを男もしてみんとてするなり?

衝動買い日記  鹿島茂  中央公論新社

 所謂一つのショッピング本だろか?殿方の衝動買いとは何か?とゆーか、日々日常でどゆ商品に目を向けているのか分かるよな(笑)男には男の買い物があるでしょか(笑)一応、どの買い物も理由ありき買い物行みたいです(笑)唯一、理由なき反抗もといおっかいものっ♪は、最後の項に出てくるチーズとワインと仏から輸入食料品なんだそな(笑)目の前にあれば衝動買いをしてしまうというか、買い漁ってしまうというのは、これらの事らすぃ…まさにそこに山があるからだの世界観だろか?

 年末なのである意味お買い物シーズンじゃまいか?で、買い物についてじっと手を見るもとい、本書を拝読して、うーん…資本主義社会ってオステキなんでしょかねぇ?貴方も私も消費者ぁーってか(笑)お金と物は天下を回らないとね(笑)

 色々とおべんきょになったとゆーか、外の様子も知れて興味深かったとゆーべきか?例えば、台湾の場合、台湾人の機内持ち込み品「電化製品、ブランド品はおろか桃の箱詰めまで何箱も持っていたのには驚いた」の件とか、桃って台湾では採れないとは知らなんだ…桃というと岡山のイメージだが?桃太郎的に?

 パラオでは、パラオは切手王国なんだそで、「世界中でなにかイベントが起こると、全然自分たちとは関係ないことなのに、パラオでは記念切手を発行して世界のマニアから外貨を稼いでいるんです」って、ホンマでっかぁーっ?切手と言えばリヒテンシュタインかと思ってますた…

 後、香港で、毛沢東グッズを購入しよーキタコレで、「中国通の知人によると、毛沢東は、その体型が布袋や大黒に似ているところから、最近では金儲けの神様として崇拝されるようになっているらしい」ってホンマでっかぁーっ?「共産主義の英雄が金儲けの神様にという転換の回路は、あまりに中国的でよくは理解できないが」は、それが中国の正義って奴なんじゃね?歴史はアレだけど、神と人は幾らでも変換可能なんですね、本当にありがとうございました(笑)

 それから微笑ましいエピとしては「人は、待ち兼ねた手気味ほど乱暴に封を切る。その破り方で期待のほどがわかる」のとこかなぁ?果報でござるってか(笑)

続きを読む "女もすなる買いものエッセイといふものを男もしてみんとてするなり?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧