2014年2月22日 (土)

あなたのねこはどんなねこ(笑)

猫だましい  河合隼雄  新潮社

 今日は猫の日という事で、猫の本をと思って手に取ったら…人間と猫のえにし、ただ事じゃなかった模様…さて、本書は著者のいつもの手法というか、物語で今を語るですか?ねぇ…今はヒトでもいいし、リアルでもいい、現実でもいい、人工でもいいのか?これもまた人生ぃぃぃーっな猫話がこれでもか、これでもかと登場致しまする(笑)

 で、タイトルが猫だけでなく、猫だましい、だましい、たましいという事で、たましいについて語ろうという、どこぞの大上段な話ではなく、いえ、たましいを語っている方が多いけど(笑)だましい、だまし、で騙しかもしれませんよというダブルミーイングだったりして(笑)かくて著者曰く「そんなわけだから、真面目な方はこんなもの読まない方がいい-実はそんな人こそ読むべきである-とはじめにお断りしておきたい」とあったりして(笑)

 でで、どゆ本かというと猫の物語を取り上げて、心理分析している感じでしょーか?取り上げられている本は世界名作文集というノリで誰でも知っているお話ばかり…なるほろ、昔話には真なるものが含まれているんだなとゆー一粒で二度おいしい大変おべんきょになる本でしょか?何より肩がこらないのがいい(笑)

 てな訳で、猫好きの人は既に読破済みだと思われですので、そーじゃない人も、だまれた、と思って読んでみるのも一興じゃないでしょか?とお薦めしとこー(笑)

続きを読む "あなたのねこはどんなねこ(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

にゃーにゃーにゃー?

吉祥寺猫カフェ「きゃりこ」日記  きゃりこ著 関由香・写真  河出書房新社

 サブタイトルが、猫スタッフたちの賑やかライフなんですが、猫カフェ…何か最近よく聞くよーになったよな?やはり時代はアニマルセラピーなんだろか?21世紀は癒しですかねぇ?本書に出て来るお店は、20匹以上の猫がお待ちしております的なお店らしーんですが?それにしても猫と一口に言ってもいろんな種類の猫がいるもんなんだなぁと、トーシロはそれから感心してしまった…いや、猫ってどれも似たよーな顔というか、種類的な想像をしていたら、これは?

 物凄く有名店らしーので、土日とかは予約でいぱーいらしーし…一部屋にこれだけいると壮観だろーなぁ…都心で貸家住まいだとまずペット不可なので、動物好きの人には確かに聖地的なお話になるだろーけど…今の日本で生き物に触れる環境って、どこにあるんだぁーっ?な世界だろーしなぁ(笑)

 まぁとにかく行ってみよーだよね、これは(笑)

続きを読む "にゃーにゃーにゃー?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

名前はまだある(笑)

Sumitoneko玉ちゃん  住友三角ビル(新宿)

 新宿高層ビル群の住友三角ピルの真下に、猫の銅像がありまするぅ~そーいや何かあったよーな気がする?と思っていたが、全然気にした事がなかったのであらためて見てみたら…うーん、大本は太田道灌だったのか、と妙に納得いたしました(笑)

 詳しい詳細は結構あちこちに出ているので、そちらを参照して下され…ただ、豪徳寺といい、こちらの玉ちゃんといい、昔の猫はというより武士は、生き物に救われる話が多いなぁと…お互いに分かっていたとゆー事なんだろか?

続きを読む "名前はまだある(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

銀座の恋の物語?

Ginzaneko2ごろぺえ  銀座 三愛ビル

 銀座三愛というと銀座四丁目交差点の一角にそびえているんで、この前は何回となく通っていたんですが、ついでにこの石像も横目で見てはいたんですが、小さい頃はこれいのししか何かかと思っていて、猫だと知ったのは年齢くってからだったりして…うん、注意書きはよく読もう…取りあえず向かって右がオス、向かって左がメスなんだそーです。二体合わせて、コイコリンとかいうそーな…

Ginzaneko1のんき

 何かピントが合っていない気がするけど、慌てて撮ったのでそれでなくても写真技術がないのにボケボケで済みません…最近の銀座は妙に混んでいる気がするが、特ににこれ撮影した日は自分至上最高の人出にあって…年末の築地か?真夏の湘南か?と思ってしまった程?人ごみの中で立ち止まるのは無理っぽだったんですと泣き言から始まるぅぅぅ…

続きを読む "銀座の恋の物語?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

猫を訪ねて三千里?

猫めぐり日本列島  中田健介  筑波書房

 何の本かというと、猫の名所ガイド本かなぁ?いわくありげな伝説・伝承の類から、地域復興猫祭りとか、猫の銅像がある場所とか、国内に結構猫所?あるもんなんですねぇ…で、北は北海道からと言いたいとこですけど、北は東北から…南は沖縄まで猫のお話があるところへ著者は飛ぶ訳です(笑)それにしても北海道、猫、寒いから冬は野良は無理なんだろか?アイヌ伝説とかどーなってんだろ?と謎が深まりますが、とにかく、まぁ猫好きには楽しい本かも?貴方の近くにも猫スポットの一つや二つあるかもしれませんって(笑)

 ありがちなのが、お寺や神社に多い猫の恩返し系でしょかねぇ?猫塚とか今も残っているとここれまた多しなんですねぇ…他のとこというと、猫的に一番有名じゃないかと思うのが田代島(宮城・石巻)じゃないか?と(笑)「駐在もいない、ドロポーもいない、番犬の必要もない」とゆー一説からも猫と平和の共存でしょか?猫好きには天国じゃね?の世界か?

 文化的に面白いと思うのが、万次郎猫(群馬・尾島町)…実はこれ新田家のお殿様が描いた猫の絵なんですが、これが非常にユーモラスというか、シュール?ちなみにこちらも養蚕関係がついてきて特に明治になって殿さまが男爵となり、輸出が始まると「猫絵は日本の養蚕がイタリアやフランスに輸出されるさい、ネズミ除けのお守りとして同行し、バロンキャットとして海外でも人気を得たという」…浮世絵だけじゃないんですってか(笑)

続きを読む "猫を訪ねて三千里?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

猫に引かれて(笑)

Hondengoto豪徳寺 本殿

 何を血迷ったのか冬の最中に寺詣で…そーいえば猫のお寺があったよなぁーと思い付きでいきなり行ったので、どこにあるのかも知らないといういきあたりばったりな不届者…で、行ってみたら都内のしかも23区内にあるというのに大きいです。さすが、彦根藩井伊家の菩提寺…

 詳細はそれこそあちこちに出ているので今さらなんでそちらをググって下され(笑)とりあえず最寄駅から森がある方に歩いていくとトーシロでも着いたので何とかなると思います…

Butsudengoto3tougoto← 仏殿  → 三重の塔

 正門を入ると正面にあるのはこの仏殿で、左手にあるのが三重の塔ですね。塔の方は小さいながらも、近くで見ると本物だぁーと迫力がある系ですか(笑)トーシロ的にはこの塔が一番インパクトあったかなぁ?うーん、お寺だとゆー実感が湧くというか(笑)そして仏殿は古そーに見えるのに塔の方は古く見えないのも不思議?色の違いか?

KanegotoKourogoto_3← 鐘  → 香炉?

 正門の右手にあるのが鐘ですね、結構近寄って撮った気でいたら、意外と小さく写っているので鐘がどこにあるか不明な感じ…ど真ん中に小さく写っているのが鐘です、幹の影とも言うだけど(笑)

 後、参道ど真ん中仏殿の真ん前にあるのが、この香炉って言っていいのか?あの線香がたてられているところ?何かこれはえらく立派だったなぁ?

続きを読む "猫に引かれて(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

きゃきゃきゃっと?

CATTIN WITH SONNY ROLLINS(猫とジャズの不思議なランデブー)  ソニー・ロリンズ  ビクター

 たまにはジャズつー事で(笑)理由は猫(笑)ここ最近バッハじゃーの世界にいたのでこーあらためて聴くとジャズの軽さというか自由さが頭に気持ちいいってか(笑)えーとこちらはビクターのCattin'with Jazzシリーズの一つでして、その中で何故にソニー・ロリンズなのかといえばそこにあったから、みたいなこれまた軽いノリ…うーん、もともとの猫という単語をジャズ界にもたらしたのはあのルイ・アームストロングだったそーで、スラングにも歴史ありつー事でしょーか…

 でアリス的にとゆーと、吉住あたりかなぁと思いつつ赤星もありか?うううううーん、意外や意外で意外と船曳すわんなんか元ジャズメンだったら凄いなぁ~と思いつつ…

続きを読む "きゃきゃきゃっと?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

いつでもいっしょ?

作家の猫  平凡社

 何の本かというとタイトルに偽り無しというか、作家と猫それだけ(笑)ヘミングウェイやコレットもありますが主に日本の作家と猫がメイン~夏目漱石から南方熊楠からビックネームが30人近くズラリといった感じ(笑)でもまぁ共通項は猫バカなところかなぁ?とはいえ、漱石なぞは疑問符もつくみたいだけど、総じて猫が一番身近にいたりしての世界~

 何といってもこの本はデザインがいい~物凄く最先端狙いましたというか、今時のと背伸びした感じではないのにモダンな雰囲気をかもし出しているところというか、古くて新しいというか、猫と写っている作家が等身大の普通の人に見えるよーに、本も大上段に構えてなくて、大作家先生というよりもその時代の人っぽいところが(笑)表紙のそっけなさまで計算されているのかと勘ぐってしまう(笑)

続きを読む "いつでもいっしょ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

こころがまえ?

英国流素敵なネコの飼いかた  アンジェラ・ゲア  TBSブリタニカ

 単純に猫の飼い方の本なんですけど、うーん、単純な内容ではございません。とはいえ、本書は判型も大きめだし、写真も多用されているのでちょっと見かわいい絵本のよーな外見、しかも文章もとても平易で読み易く初心者でも安心とゆー素晴らしさなんですが、生き物を飼うとゆー事はそれなりにアレとゆー事で、とにかくもし初めて猫飼う人がいらっさったら迷わずコレの一読をおすすめします~

 つー訳で本書の半分とゆーか1/3は病気とか怪我とか予防とかの対策というか対応について書かれていますが、その他にも猫を飼う注意点がいろいろと…爪の手入れとか…全然知らなかったのですが、これには爪を抜くとゆー事もあるそーで(主に米とか…)これは止めなはれと…家具を傷つけられたくなかったら猫は飼うなとまで書いてあったりして…つー訳で猫の爪とぎ板の設置と年に一度の健康診断で爪のチェックもよろしくってか?

続きを読む "こころがまえ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

見立てオチ?考えオチ?

NHK落語名人選2 古今亭志ん生(五代目)  NHKCD

 寄席の録音の醍醐味つーか、お客さんの笑い声が凄くリアル~いえ、物凄く楽しそーつーか~雰囲気が良いのが分かるというか~さて、そんな訳で名人のお題は猫の皿…いわゆる一つの骨董話だとは思うんですけど、これはオチが凄い~最後にストンと落とすサマは小気味良いつーか、痛快つー単語が思わず浮かんだりして(笑)

 アリスに受けそーな話とゆーか、途中に何度も笑いどころがあるのでそれもまた楽しと~

続きを読む "見立てオチ?考えオチ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)