スイーツ

2018年12月 5日 (水)

白い恋人たち?

私がしあわせな東京豆大福五〇の覚書き  イワイサトシ  東京ニュース通信社

 所謂一つのガイド本だろか?それも、豆大福だけの(笑)いやぁ世の中、豆大福数多あれどだいたい似たよーなもんかと思っていますが、千差万別でござるの巻か?

 だいたい、豆大福の豆、あの黒いポツポツ、皆同じかと思っていたら、豆だけでも種類いぱーいってか?そんな訳で、赤えんどう豆が主流とはいえ、他にも青えんどう、黒豆、黒大豆、大豆、小豆、越後みどり豆とあるそな…豆ってそんなに種類があったのか?いやぁ入ってんなぁと思っていたが、何の豆かなんてあんまり気にした事がなかったので…

 他にも例えば、栄泉堂岡埜の場合、「焼豆大福」キタコレでしょか(笑)しかもこの焼豆、「こし餡の中に豆があるのだ」ですしおすし(笑)餅の中の豆ではなく、餡子の中の豆、発想の転換ってか(笑)

 そんな訳で、面白大福も幾つかあって、花月堂本店では、「「レーズン大福」などの季節限定商品も販売されている」そで、苺大福みたいな餡子の中に入っているのか?それとも豆の代わりなのか?その辺が気になるとこだよなぁ(笑)

 まぁ本書で不思議なのは、東京三大豆大福と言われてる、群林堂と松島屋は入っているのに、瑞穂は入っていないとこかなぁ?瑞穂やめましたな話は聞かないので、何か裏事情でもあるのだろーか?と素朴な疑問が?

 それにしても昭和天皇の若き日の思い出みたいなノリが確か松島屋の豆大福だったよーな記憶が薄っすらとあったんですが、光輪堂は「明治天皇、皇太后への献上記録」がお店に掲げられているらすぃ…その中に豆大福もあったのだろーか?うーん?

 そんな中で一際異彩を放っているのは、御菓子司瑞月院の東京塩豆大福火乃塩抹茶かなぁ?物凄く長いネーミングですが、何かもー見ただけでその緑色に圧倒されまする(笑)

続きを読む "白い恋人たち?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

もぐもぐ♪

東京もぐもぐおいしいもの探し  たかはしみき  主婦と生活社

 所謂一つの東京ガイド本だろか?それも食関係の(笑)女性目線なので、スイーツが多い気がするのは気のせいか(笑)

 まぁ真夏ですし、姉さん熱いですって事で、スイーツも冷たいものがいいじゃないか?で氷菓子、アイスきたこれってか(笑)本書的にアイスというと、ピエール・マルコリーニ銀座のアイス来たぁーっでして、「シングルサイズで600円!」ですしおすし(笑)

 それと、おじいさんのアイスクリーム(コーヒーパーラーヒルトップ/御茶ノ水)でしょか?昔懐かしい四角いアイスってか(笑)

 他には アイス関係してんじゃねで、フルーツパフェ(銀座千疋屋/銀座)とか、クリームソーダ(洋菓子舗ウエスト銀座本店/銀座)でしょか?アイス入ってますってか?それでいくと、マルコリーニチョコパフェ(ピエール・マルコリーニ銀座)もあると思いますか?マルコリーニのチョコパフェは情弱な己でも知っているんで、相当に有名らしーんだが、毎回、チョコパフェ目指してお店にいくと、何故か本日限定〇〇とか、残り一つの〇〇とか言われて違うものを頼んでいる己としては幻のチョコパフェだったりする(笑)初心を貫くには意志薄弱な軟弱な己が情けない…

 と、そんな己の負け戦はともかく、本書には誰でも一度は聞いた事がある名店がズラリと並んでいるので、しかもお店の看板商品キタコレですから、イラストもかわいいしで、何か幸せな気分にさせてくれる本じゃね?

続きを読む "もぐもぐ♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

甘くて冷たい♪

アイスクリーム大好き!  島本薫・著 田中陽子・写真  文化出版局

 頭書きは、手作りだからヘルシー&おいしいなんですが、そーいや一頃、家庭用アイスクリーマーが流行ったよーな気がするんですが、アレ、今でもあるんでしょか?うーん?

 アイスクリームって、何でできているのか?そーいや幼稚園の頃絵本で、アイスクリームを作るお話があったよな?確かオレンジのアイスだったよーな記憶が薄っすらと?ちなみに、これまた小さい頃に母親が手作りアイス作ってはくれたんだが、確かアレ分離していたよな(笑)家で作ると、固めては混ぜ、固めては混ぜを何回も繰り返す事になるんですが、元来面倒くさがりな我が母親はそこで手抜きをした模様…ちなみに母親の口癖の一つが大丈夫食べれるからですた(笑)

 まぁそんなベタな話は置いといて(笑)アイスって、「牛乳、卵、砂糖、生クリームで構成されています」って、そーだったのか?アイス?何かとってもカロリー高そーな悪寒(笑)がしたら、著者もそれが頭にあったのか?生クリームの代わりに牛乳使いましたが、何か?にチェンジってか(笑)これだけでも随分カロリー的には変わる模様…生クリームって…又、甘さも控え目って…カロリー的にもあると思いますですけど、夏はやっぱさっぱり行きたいじゃありませんかぁ?って事かなぁ(笑)

 それにしても、牛乳って「毎日摂取することにより、体脂肪を減らす働きがあると報告されています」って、ホンマでっかぁーっ?しかも「肌や髪をきれいにするビタミンB2、抗ストレス作用のあるカルシウムとパントテン酸を含んでおり、最近その効果が注目されています」って、マジか?

 それにしてもアイスって「消化がいいため、発熱などでからだが弱っているとこの栄養補給によく」って、これまたそーだったのか?アイス?アイスが消化にいいとは知らなんだ…

続きを読む "甘くて冷たい♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

ちょいわが参

Tokma上用饅頭  徳太楼  \170

 お饅頭というと、白くて丸いというイメージでして、これもお饅頭の王道をいっているよーな気がするんだが、如何なものか?お饅頭のかわは薄っすらと甘いよーな気もするが、でもこれもいつものよーに己の残念な舌ですから、うーん?餡子はさらし餡で、甘いには甘いけど、さっぱりでしっとりタイプかなぁ?物凄く甘いという感じは全くなしとゆー…

 まぁ何とゆーか、普通にお饅頭しているお饅頭かなぁ?奇をてらっていない、存在感のあるお饅頭だろか?

続きを読む "ちょいわが参"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょいわが弐

Tokmame豆大福  徳太楼  \160

 何とゆーか、豆大福って、こー饅頭タイプのイメージがあったんですよ、奥さん(誰?)ところが、徳太楼さんとこの豆大福は、餡子を包んだ俵型というか、ロール型というか、でして、ちょっとおおっとなって、思わず選択してしまいますた(笑)

 豆にはとくに味はないよな?で、それは餅部分もそー、餡子は粒餡で、きんつばの餡子よりは甘いよーな気がするが、何せ己の味音痴な舌だから、今一アレだか(笑)でもって、餅が餅しているとこかなぁ?何より驚いたのが、購入時から時間が経つにつれて、お餅が固くなっていくんですよ、奥さん(誰?)いえ、たいていの豆大福の餅部分って固くなっていくもんですけど、こんなに顕著に固くなったの初めてでして、徳太楼さんマジ餅しているんだなぁと感心しますたっ。

続きを読む "ちょいわが弐"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょいわが壱

Tokkinきんつば  徳太楼  \135

 徳太楼というと、有名なのがこのきんつばじゃまいか?できんつばキタコレってか?でまぁ、所謂餡子が薄皮に包まれていまするでして、餡子の方はつぶ餡、薄皮の方は多分小麦粉?な感じでして、薄皮には味はなかったよな?でもって、餡子の方もあまり甘くはないよな?それでいて餡子サクサク(笑)

 サイズ的にも一口サイズとは言わないが、親指と人差し指で〇を作った大きさより一回り大きい位かなぁ?二口とは言わないが、三口で確実に食べきれるサイズとでもいおーか?

続きを読む "ちょいわが壱"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

雅と美しさ?

京都とっておき和菓子散歩  写真・文 泉美咲月 監修 宮澤やすみ  河出書房新社

 日本全国、和菓子屋はあれど、やはり本場は京都かなぁ?とは思ふ…質量共に多いし、何より凄いのは、名物美味いものなしと言われて久しいけど、和菓子に関しては京都は一番当たりはずれがないんじゃまいか?と?

 結局、全国の和菓子が一同に並んでいても、最終的には京都のをチョイスしている事が多いよーな気がするんだが?他のみなはまはどーなんだろぉ?やっぱ地元が一番なのかなぁ?

 まぁそんなささいな個人事情はともかく、本書は和菓子ガイド、しかも京都ので、ついでに京都のガイドもチラっとな、なノリでしょか(笑)一冊で二度おいしいとか(笑)

 そゆ事で、葵祭は「凶作を長引かせる神の怒りを鎮めるために、馬に鈴をつけて走らせ、人は猪頭をかぶって、かけくらべをしたところ雨風は鎮まり、五穀豊穣、泰平を迎えたのが始まり」だとか、下鴨神社の加茂みたらし団子(加茂みたらし茶屋)のとこでは「おなじみの甘辛く、トロリとしたタレは、この店の初代中村弥三郎が大正時代に生み出したもの」なんだそな…天正の昔から団子はあったらしーが、今のみたらし団子になったのは大正からとゆーから百年位なんだろか?

 まぁ何にせよ、「味の秘訣といえば、昔ながらの和菓子作りを今ただ、丁寧に続けているだけ」というのが、京和菓子屋さんの日常って事になるらすぃ…

続きを読む "雅と美しさ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

信じる事さ?

Kadasfukuro亀戸大根餅入り勝運まんじゅう  升本  \166

 所謂一つのお饅頭なんですが、食後の素朴な感想としては、あんまんに似ている?かなぁ?まぁあんまん程、フカフカ感はないんですけど、硬めのあんまんってこんな感じじゃね?と言えば分かってもらえるだろか?うーん?

 お饅頭的構成(?)としては、外側は硬めのあんまんの皮で、甘くなーいでして、中身には餡子ありまーすで、粒餡でござるってか…でもって、こちらの餡子も甘くなーいなんですよ、奥さん(誰?)更に、その中に、タイトル通りに大根餅が入っていると思うんですが、こちらの大根餅、とゆーか、大根餅が今一ピンと来ないんですけど、何か大根というよりもち米、どちらかとゆーと桜餅の道明寺タイプのアレに似ているのが入っているよな?こちらも甘くなーいなんですけど、多少は甘いか?

Kadashalf_2← 半分

 お饅頭の上の焼き印は、勝の字らしーんですが、全然読めませんですた(笑)まぁ勝運祈願ですから、勝利あるのみってか(笑)

続きを読む "信じる事さ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

豆か?栗か?それが問題だってか(笑)

Kametsukifukuro月影  亀屋清永  \140

 今日は十三夜という事で、お月見ってか?とはいえ花より団子のタイプなので、ネーミングで選んだら、団子ではなくて羊羹だったでござるの巻か(笑)

 多分、半月をイメージしての形なんだろーけど、かまぼこ一枚みたいな羊羹の中にくるみが入っておりまする。羊羹自体はあまり甘くなくて、羊羹なのにどこかサクサクした感じの食感かなぁ?くるみ自体にも味は特についてるよーには思えなかったが?何せ味音痴の己の舌なので、どか?後、後味が黒砂糖な感じも残るよーな、余韻かな?だけど、これもこの舌がそんな気がする?ですから、違うかも?

Kametsuki← おーぷんざつつみ

 それにしても、このネーミングは、かの法然上人からきてるとは知らなんだ…"月かげのいたらぬ里はなけれども ながむる人の心にすむ"かららすぃ…なるほろ京都でございます… 

続きを読む "豆か?栗か?それが問題だってか(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

くりっくり?

Hikurifukuro栗名月  日影茶屋  \230

 本日は十五夜という事で、ネーミング的にどよ?なんですが、どよ(笑)でもって、こちら所謂一つのお饅頭と思われですけど、どよ?

 で、お饅頭的には、中に白餡と栗が入っておりまする。そして、このお饅頭のガワ、しっとりではなくフワフワでもなく、サクサク系でござるとな…でもって甘くなーい(笑)茶色いから黒砂糖系かと思ってみたら、全然そんな感じはないとゆー(笑)

 更に、中身の白餡はさすがに甘いんですけど、これもサッパリ系というか、くどさは全くないよーな?

Hikurihalf← 半分

 そして、栗、多分まるごと一個が入っているんじゃまいか?渋皮付きの甘露煮っぽいんですけど、こちらもあんまり甘くないーいでして、総じてこちらのお饅頭、甘いには甘いんだろーけど、お上品な甘さのよな?

 でも外側のサクサク系のせーか、食べてる時、食べた後、口の中が乾くのでお茶が欲しくなる一品かなぁ?

続きを読む "くりっくり?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧