グッズ

2018年12月 9日 (日)

女もすなる買いものエッセイといふものを男もしてみんとてするなり?

衝動買い日記  鹿島茂  中央公論新社

 所謂一つのショッピング本だろか?殿方の衝動買いとは何か?とゆーか、日々日常でどゆ商品に目を向けているのか分かるよな(笑)男には男の買い物があるでしょか(笑)一応、どの買い物も理由ありき買い物行みたいです(笑)唯一、理由なき反抗もといおっかいものっ♪は、最後の項に出てくるチーズとワインと仏から輸入食料品なんだそな(笑)目の前にあれば衝動買いをしてしまうというか、買い漁ってしまうというのは、これらの事らすぃ…まさにそこに山があるからだの世界観だろか?

 年末なのである意味お買い物シーズンじゃまいか?で、買い物についてじっと手を見るもとい、本書を拝読して、うーん…資本主義社会ってオステキなんでしょかねぇ?貴方も私も消費者ぁーってか(笑)お金と物は天下を回らないとね(笑)

 色々とおべんきょになったとゆーか、外の様子も知れて興味深かったとゆーべきか?例えば、台湾の場合、台湾人の機内持ち込み品「電化製品、ブランド品はおろか桃の箱詰めまで何箱も持っていたのには驚いた」の件とか、桃って台湾では採れないとは知らなんだ…桃というと岡山のイメージだが?桃太郎的に?

 パラオでは、パラオは切手王国なんだそで、「世界中でなにかイベントが起こると、全然自分たちとは関係ないことなのに、パラオでは記念切手を発行して世界のマニアから外貨を稼いでいるんです」って、ホンマでっかぁーっ?切手と言えばリヒテンシュタインかと思ってますた…

 後、香港で、毛沢東グッズを購入しよーキタコレで、「中国通の知人によると、毛沢東は、その体型が布袋や大黒に似ているところから、最近では金儲けの神様として崇拝されるようになっているらしい」ってホンマでっかぁーっ?「共産主義の英雄が金儲けの神様にという転換の回路は、あまりに中国的でよくは理解できないが」は、それが中国の正義って奴なんじゃね?歴史はアレだけど、神と人は幾らでも変換可能なんですね、本当にありがとうございました(笑)

 それから微笑ましいエピとしては「人は、待ち兼ねた手気味ほど乱暴に封を切る。その破り方で期待のほどがわかる」のとこかなぁ?果報でござるってか(笑)

続きを読む "女もすなる買いものエッセイといふものを男もしてみんとてするなり?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

フォトジェニック(笑)

イケア パーフェクトブック 真似したい!本場イケアスタイル  ネコ・パブリシッシング

 表紙コピーは、イケア発祥地・エルムフルトを訪ねて、グローバル企業イケアの終わりなき挑戦、収納のエキスパートに聞きました!かしこい収納術、おしゃれなテキスタイルでお部屋も気分もリフレッシュ、イケアで実現!居心地のよい我が家のインテリア、楽しく暮らすヒントがいっぱい一人暮らしのコーディネート術、どうする?キッチン&子ども部屋とかあるんですが、所謂一つのガイド本、それもイケア専門の(笑)

 写真が多めで、迫力あるので、ある種写真集やカタログみたいなノリか?いやぁ他人様のお家はこんなにみんなふつくしいのかと、ちょっとおろろいた…片付けが下手なので、何とも…大きい家っていいだろなぁと思う反面、お掃除大変そーと思う己は何と小市民なん事でしょー(笑)

 まぁそんな己の嘆き節はともかく、この手の本は旅行のパンフレットの如く、うっとりと眺めるのがジャスティスかもなぁ?憧れのハワイ航路みたいなノリで(笑)まぁイケアは北欧テイストだけど(笑)

 で、イケアについて今更知らない人はいないと思われなんで、後は見て見てしか言いよーがないよな(笑)

 

続きを読む "フォトジェニック(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

かたさからの脱皮?

女子の古本屋  岡崎武志  筑摩書房

 まさにタイトル通りの本だろか?古本屋の店主って何かへんこな親父のイメージが勝手にあるんですが、今でしょ(死語?)というか、本書によるとここ十年位で女性の古本屋さんがどっとこむもといどって繰り出していらっさる模様…

 そんな訳で、本書はそんな古本屋を全国に訪ねてインタビューしてみますたとゆーノリか?古本屋というと神保町のイメージでこれまたあったんですが、最早古本屋全国区なんですねぇ…でもって、こー言ってはアレだけど、大々的に始めましたというより、細々観が、如何にも女性店主のノリかなぁ?どこも、これで天下をとってやるぜってなギラギラ感はなくて、ほのぼの感が漂流しているみたいな(笑)

 それが一番出ているのが店名に猫がついているとこ多しで、これはもー如水じゃないけど、如猫で猫のごとしで、あるがままって感じがどこにもあるよな気がするのは気のせいか?

 何にしても、新刊書店ですら街から一軒もなくなってきたのが普通みたいな出版不況の中で、古書店…儲かりまっかというより、存続可能なのか?余程の貴書系じゃないと単価と在庫的にどよ?と思うのはこれまた気のせいか?

 でもまぁどの女性店主も気負っていないし、それに古書に対する視点がやっぱ男女では違くね?とゆーのもあると思いますかぁ?本に対するスタンスの違いとも言うかもしらんが(笑)

 それにしても全然知らなかったんですが「町の古本屋が日々の生活をしていくための日銭稼ぎとなるエロ本販売が、女性の店番では難しい」って、そーだったのか?エロ本?エロ本って古本屋で購入するものだったのか?てっきりコンビニでオワタかと思ってますた…

続きを読む "かたさからの脱皮?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

雪よ、岩よ?

私の山道具  山と渓谷社

 そーいや一昔前、山ガールなるものが流行ったよーな記憶が?物事、犬派と猫派があるよーに、山派と海派があるんじゃね?じゃね?で、己は根っからの海派なので、山歩きできる人は無条件で尊敬いたしまするなんですよ(笑)日常で、近所の坂道ですら、うっとくる軟弱者なので、もー山といったらアップダウンがない訳がないで、そんなところに進んで行くとゆー、それだけで凄いとしか言えねぇ…そんな訳で、登山とか、ハイキングとか、想像がつかない世界なんですけど?実態はどよ?だろか?

 とゆー訳で、これまた物事、形から入るあると思いますだろか(笑)どの程度の装備で行けるのかが分かる本書かな?で、ファッションアイテムきたこれで、レインウェア、トレッキングシューズ、バックパック、防寒ウェア、トップス、ボトムス、アンダーウェア、帽子、ソックス、グローブ、ブラ&ショーツ、巻き物、ストック辺りがメインアイテムになる模様…なるほろ、アンダーウェアとブラ&ショーツは違うんだなぁとか、巻き物ってスカーフとかマフラーの事らすぃで、タオルマフラーとか手ぬぐいでオケとな…

 まぁ今は真冬で、雪山なんかはプロ中のプロが行く世界のよーな気がするが、トーシロ的には、春、夏、秋でハイキング位だとこの位の恰好で行けるとゆー事らすぃ…それにしても、山用って色々あるもんなんですねぇ?こちらの詳細は本書をドゾ。よーは中の物は、吸汗性と速乾性キタコレで、外のは防水性で透湿性キタコレらしー…よーは汗かいても濡れない、雨降っても蒸れないがよろしとゆー事か?

続きを読む "雪よ、岩よ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

味のある鞄を作れ(笑)

吉田カバン完全読本  枻出版社

 サブタイトルは、70周年記念&現行シリーズ完全カタログ 全133シリーズ計600本以上のカバンを徹底紹介!なんですが、元祖男の鞄なイメージなんですけど、どんなもんなんでしょーか?

 もー既に80周年を越えているんじゃまいか?で何を今更な本というか、雑誌?カタログ?なんですけど、まぁ定番は変わらず、だと思いたい(笑)

 吉田カバンは、時々ディスプレイで拝んでいたよーな気がするけど、あれってどこぞのコラボのそれだったんだろーか?後、物を知らない己でも、あの✖マークのタンカーは分かるってか(笑)あの赤白マーク、とても目立つから分かり易いというのもあると思いますですけど(笑)

 さて、吉田カバンのルーツが、浅草今戸にあるとは知らなんだ…ざ・にっぽんのしたまちって感じじゃないですか(笑)何か吉田カバンのイメージって原宿や渋谷のイメージだったので、ちょっとビックリしますた(笑)

 ちなみに直営店、クラチカ ヨシダの一番大きな売り場面積をほこるのは、表参道店だそーで、やっぱそゆとこじゃね?見たところクラチカ ヨシダ 浅草とか今戸とかはないよーな?もしかして、スカイツリーのとこにならあるんだろーか?うーん?

 とゆー事で、本書はカタログの名の下に、でしてまずは見て見て、見れば分かる(多分/笑)

続きを読む "味のある鞄を作れ(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

東京のお土産(笑)

東京手みやげと贈り物カタログ  朝日新聞出版

 所謂、一つのガイド本だろか?まぁ、東京で売ってますたになるのかなぁ?でもって、タイトルにある通り、手土産キタコレですから、やはり食べ物多しで、しかもスイーツ来たぁーっになるのは必然じゃなかろーか(笑)

 手土産にはセンスが出るというか、実物と、そのプラスαが問題じゃね(笑)おせんべいならおせんべいで同じ煎餅の何が違う?という話もあると思いますだけど、違いが分かるとこが、粋、センス、マナー、常識、プロトコルetc.になる訳で(笑)この辺りの機微が分かっていないと社会人としてどよ?とゆー評価が下されてしまうんですよ、おぞーさん(誰?)

 そんな訳で、そんなの関係ねぇー(死語?)と自分ご褒美に購入するもよし、逆にバリバリに規定範囲内で宜しくもありで、そゆ時の選択肢の幅を持たせる為にも、まず何があるのか?そこじゃね?の友として本書どよ、かなぁ(笑)

 まぁデパ地下一つ見ても商品は余すところなくありまよってに、それだけでも、トーシロ的にはどれにしようかな状態突入じゃね(笑)ましてや、その他老舗から今でしょ(死語?)な最先端の最新商品まで、資本主義?商業主義?ってパネェ(笑)

 そんな訳で、送り手の吟味が問われているってか(笑)でも、それ受け手も審美眼が問われているんじゃね?どちらになっても己の目利きが問われている日本の贈答事情って(笑)

続きを読む "東京のお土産(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

手芸?

かわいい革雑貨  内田理恵 ひろはたゆうこ  主婦の友社

 頭書きには、アクセサリー、バッグ、インテリアこもの…とあり、表紙コピーに、leather,suede,furとあるんですが、革製品のハウツーものでしょか?自分で小物を作っちゃえっと(笑)

 でまぁ、身近なアイテムの作り方がこれでもかこれでもかとゆー位いぱーい掲載されています。女子的には、心ひかれるものがあるんじゃまいか?かなぁ?

 ちなみに革って牛革位しか思いつかなったんですが、「牛・羊・ブタ・カンガルーなど、動物の種類も本当に豊富で、中には鮭やエイなど、魚の革を目にすることもあります」(@内田)って事もあるそな…

 でもって、革って手縫いとか、特別性の機械とか使うのかなぁと思いきや、「裁ちバサミで切ることができ、家庭用ミシンで縫えたりまるで布地のように使える革がある」(@内田)ってか?他にも「作り手として気に入っているのは、切りっぱなしでいいところ。待ち針を使わず、ボンドで貼って工作のように組み立てるところ」(@ひろはた)って事もあるそな…

 もしかして、素材としての革って意外と使い勝手がいいのだろか?

続きを読む "手芸?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

桐箪笥だけじゃないんです(笑)

100人の嫁入り道具  トーソー出版

 サブタイトルは、ハッピーな結婚生活は、モノ選びから始まる!でして、表紙コピーには、インテリア、デザイン、料理などおしゃれ暮らしのプロが話してくれました、とか、家具・照明器具・インテリア小物・キッチンアイテムから着物まで、とかあるんですが、嫁入り道具というと、箪笥とかふとんや家電一式の世界かと思っていましたら、今時の嫁入り道具とは、嫁さん本人が何を選択し持っていったか、それが問題だだったんですねぇ(笑)

 ですから、本書に掲載されている嫁入り道具は千差万別、物自体のカテゴリーも凄い事になりそーだが、その価格帯もゼロ円から多分うん千万円(億円?)オーバーまでありまっせの世界かも?いやぁ世の中色々あるもんだとちょっとおろろいた、とゆーより本当におろろいた(笑)

 その上に、市場価値以外にも、本人達の思い入れが凄いとしか言いよーがない…物をかいした思いの力ってのも大きいんだなぁ…たとえ自分で拾ってきたものでも、もーその物語感が半端ない…そしてそれは一人一人の身の内に自然とあるもんなんだと(笑)

 普通に暮らしていても思い出の一品なんてのは感慨深いのに、それが結婚、嫁入りとなれば、コペルニクス的にキタコレですから、ある意味ビックバンの後にキタコレかもしれないし(笑)

 そんな訳で本書の小さいかもしれない一品でも、偉大な一品なんですよ、おぞーさん(誰?)

続きを読む "桐箪笥だけじゃないんです(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

動中の工夫は静中にまされり♪

一澤信三郎帆布物語  菅聖子  朝日新聞出版

 何とゆーか、京都の鞄屋さんのイメージでいたら、恰好のワイドショーねたになって全国区で名前をとどろかす羽目になったけど、街の鞄屋さんの立ち位置はどこまでも変わらずって事でオケ?

 一澤帆布のあの赤く縁取りされたロゴは、京都から遠く離れた東の地でもチラホラ見る位ですから、京都、及び近畿圏ではそれ以上のネームバリューがあるんじゃまいかと推察いたします。それが、骨肉の財産争いというか、遺言書の偽造問題で大騒ぎさとなった経緯についての詳細は、本書をドゾ。

 尤も、本書は世間が面白おかしく書きたてた裁判沙汰のお話がメインではなくて、タイトル通りの街の帆布店、鞄屋さんの日常を描写しているとこじゃまいか?ざ・にほんの手仕事みたいな?昭和のかほりというと、どーも昨今は良いイメージが今一ですけど、こちらはまさに日本の20世紀と歩んできた道って感じが…でもって、傍からみればもー十分老舗と名乗ってもおかしくないと思うけど、京都的にはまだまだ新しもんかもねな帆布屋さんに、突如起きた大騒動の果ての再スタート物語だろか?

 まぁ、中の人はあまり変わっていないけど、でも、心機一転リフレッシュで新装開店だろか?何とゆーか、凄いとしか言えねぇの世界かなぁ?そんな訳で、本書は淡々と出来事を並べているだけなんですが、出てくる人達が皆一癖ある人達ばかりで、京都人気質の真髄を見たって感じでしょか?

 これまた大変失礼な言い方でアレですが、京都人というと、イケズとか、はんなりとかクールな世界の住人で人情厚いイメージがこれまた薄いんですけど、いやー京都人熱いっ。そんな訳で、本書は終始一貫して、京都は燃えているか、じゃね(笑)

 それに付随しては「京都というところは、人間関係がクールやと思われるかもしれませんが、ちゃんと仕事をしてこられた人に対する評価は非常に熱いんです。それに「長男やから店を継ぐのは当たり前」というような古い発想はありません。長男があかんかったら次男や娘婿が継ぐという話はそこらじゅうにある。地道に積み上げてきはった人が継ぐべきで、そうでない人には評価なんて与えられへん。京都やからこそ、そんなことは許されないのです」(@小島富佐江)だそーですよ、おぞーさん(誰?)

続きを読む "動中の工夫は静中にまされり♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

新しい、懐かしい?

カルティエ時計物語  「サライ」「ラピタ」編集部  小学館

 カルティエと言うと、どちらかとゆーとジュエリーのイメージでいたから、腕時計にこんなにリキ入れているとは知らなんだ…いえ、一昔前はキャリアウーマン風の女性はよくタンクをしていたよーな気がするが?最近はどーなんだろぉ?パシャなんかは名前だけはよく聞くけど、これまたどーなんだろぉ?

 てな訳で、カルティエと時計の歩みかなぁ?1847年に初代ルイ・フランソワ・カルティエが「パリの聖ウスターシュ教会にほど近いモントルゲイユ通りに小さな工房を開いた」そで、その後1853年に「ヌーヴ・デ・プティ・シャン通りに店を移転する」とな、時はナポレオン三世時代とゆー事で時の仏は景気いいぞーだったらすぃ…そんな訳で、顧客に「皇帝の姪のマチルド王妃を筆頭に、皇室と、それを取り巻く高貴な人々を顧客として迎え入れることになる」そな…

 皇室御用商人になって、息子のアルフレッド・カルティエをロンドンに修業、視察、営業に三年だしたりして、帰国後の1874年「アルフレッドが父の店を継ぐ」事になると…ちなみに時代は第三共和政時代キタコレで、皇室御用商人よさらばだったんだけど、景気はアレでも、今度は「銀行家や産業資本家など裕福な中産階級」キタコレになったらすぃ…

 そして1899年「アルフレッドはラ・ペ通り13番地に店を写す」とな…で、この頃から長男のルイ・カルティエが共同経営者に三代目来たぁーってか(笑)「ルイ・カルティエのその才能は、3代目を約束された時期から花開き、現在に続くカルティエの代表的なスタイルを生み出していく」事になったらすぃ…あの「ガーランドスタイル(花手編模様)」とか、宝飾品にプラチナ使いもキタコレで、「1906年、カルティエは初めて腕時計にプラチナを使っている」そな…アールデコ・スタイルもカルティエは「1907年から手がけている」そな…そしてWWⅠ中に腕時計のタンクも出たと…「この時計こそが、カルティエを腕時計の黄金期へと導いていったのであった」そな…

 それにしても、仏に王室はなくなったけど、世界中にはまだあるじゃんって事で、「1904年から39年にかけて、カルティエには、15に及ぶ王室から御用達の勅許状が授与されている」とな…セレブ御用達店ですが、何か?って事だろか?

 時は前後しますけど「1902年、ロンドン店をニューボンド・ストリートに開店。09年にはアメリカ進出。ニューヨークの5番街のビルの中に、後のニューヨーク店の基礎となる店を開く」事になったとな…かくて、パリ本店を長男のルイが、NY店を次男のピエールが、ロンドン店を三男ジャックが担当する事になりますたとな…兄弟で国分けって何か、どこぞのロスチャイルドと似てまいか?

 そして3兄弟それぞれに成功するとこも凄いんですが、こちらの詳細は本書をドゾ。一例をあげるとジャックはインド旅行にしてマハラジャも顧客としますたとゆー事らすぃ…

 でもって一番のポイントは、エドモンド・ジャガーとEWCCのとこじゃね?でこちらの詳細は本書をドゾ。

続きを読む "新しい、懐かしい?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧