パン

2018年12月11日 (火)

世界中どこだって?

おいしい・あたらしい・食べてみたい 世界のパンアレンジブック  鈴木理恵子・著 井上好文・監修  誠文堂新光社

 所謂一つのパンガイド本でしょか?でもってサンドウィッチのレシピ本でもあるよな?パンというと、食パンとか、バタールとかがパッと浮かぶ程度の情けなさなんで、世の中にはこんなにパンの種類があったのかとおろろいた…世界各国、その国独自のパンがあるのは当たり前ってか…で、そのパンをどのよーに食しているのかで、そこのパンを使用してのサンドウィッチレシピが掲載されているとゆー事らすぃ…ある意味、世界各国のパンの使い方とゆーか、食べ方指南書かも?

 まず、欧州のパン事情も国ごとの違い的には、仏は「ハードでしっかりした歯ごたえのパン」、伊は「もっちりとして、後を引くおいしさのパン」、独は「北部はライ麦粉の黒いパン、南部は小麦粉の白いパン」、墺は「王朝文化の形を残すクリスピーな白いパン」、スイスは「モチーフがユニークな、ほんのり甘いパン」、丁は「デニッシュと呼ばれる、サクサクとした軽いパン」、芬は「形も名前もかわいらしい、ライ麦粉のパン」、英は「あっさりした味わい、ティータイムにも合うパン」となり、露では「ライ麦粉から作られた黒パンが主流」だそで、「トルコやシリアをはじめとする中近東では、紀元前から作られていたとされる平焼きパンが主流」なんだそな…

 又、北米では「スライスして食べる食パンタイプや、具をはさんで食べるバンズタイプが主流」だそで、「ブラジルやメキシコなど南アメリカでは、小麦のほか、温暖な気候で育つトウモロコシやキャッサバイモなど、その土地ならではの穀物が使われています」とな…

 アフリカでは、エチオピアは「テフ粉を使ったクレープ状」、埃は「中に空洞のあるポケットタイプで、中近東のパンととてもよく似ています」となり、アジアでは、印は「小麦粉を使うことも多く、素朴な味わいの平焼きパンが主流」、中国は「小麦の大量生産国であり、消費国。焼くより蒸したタイプのパン」が主流で、越は「フランス統治時代の影響が色濃く、フランスパンに似たパンが主流」なんだそな…

 おおまかなくくりでいけばそゆ事なんだろーけど、それでも一国で一パンなんて事はないと思えば、パンの種類って一体?まぁそれを言えば、日本のパン事情もアンパンだけじゃないですもんねぇ(笑)

 一応、パンの歴史的な流れでは、「約1万年前、メソポタミア(現在のイラクの一部)のチグリス・ユーフラテス河畔で農耕を始めた人類は、収穫した小麦の粒を挽いて小麦粉とし、それを水と混ぜてから加熱し、粥状にして食べ始めました」とな…その「小麦粉で作った粥を、熱した石の上で焼くとたいへんおいしく、粥よりも保存性が高まる」んじゃねを発見ってか?そして「これがパンの起源と考えられています」とな…とはいえ、これはまだ発酵パンではなく「パンのふくらみはほとんどなく、火がよく通るように必ず薄く焼かれました」って、クレープとかパンケーキの世界か?

 で、いつの頃からか「粥状の生地を放置すると、野生酵母のはたらきによりふくらみ、それを焼くとふくらみ、口当たりがよく、消化にもよいパンが焼けることに」気付いてしまいますたとゆー事で、発酵パンきたこれになったらすぃ(笑)

 まぁそんな訳で「紀元前3000年に造られた古代エジプトの墳墓にある壁面には、発酵パンの作り方が記されているのです」って、壁画がレシピって、さすが埃っ。とゆー事は、その頃には発酵パンは普通にあると思いますだったって事か?

 詳細は本書をドゾですが、メソポタミアから埃、そして今度はローマへと紀元前200年頃に伝わったんじゃね?って事になるらすぃ…ちなみに300年頃にはパン屋さんのギルドが出来ていたとゆーからドンダケェー(笑)まぁともかく、その後パンは欧州各地に広がりますたで今に至るとゆー事らすぃ…

 蛇足ですけど、日本のパン事情的には、てっきり戦国時代か、幕末・明治後かと思っていたら、「紀元前100年頃に中国を経て伝わった」ってホンマでっかぁーっ?そんな昔から日本にもパンはあるの世界だったのか?とはいえ「本格的にパンとして伝わったのは、1543年。種子島に漂着したポルトガル人」によってらすぃ…ええ、鉄砲とキリスト教だけじゃなんですよ、奥さん(誰?)

 で、時代は下って幕末、江川太郎左衛門キタコレで1842年「日本で初めてパンの試作が行われました」キタコレってか?でもコレ兵糧としてなのよねってか(笑)で、明治になり銀座木村屋のアンパン来たぁーっで、WWⅡ以後学校給食はパンでござるも来たぁーっで今に至る訳で、こちらの詳細も本書をドゾ(笑)

続きを読む "世界中どこだって?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

今、食べておくべきパン(笑)

ニッポンのパン名鑑  枻出版社

 表紙コピーは、おなじみのあのパンが美味しく進化しています!、必食のニッポンのパン徹底紹介397なんですが、所謂一つのガイド本だろか?真夏にパンはちょっと厳しい気がするが、そろそろ秋もキタコレで、お茶とパンが一際美味しい季節到来ってか(笑)

 だいたいパンとゆーと、如何にも本場もんみたいなノリの、食事パンの武骨なタイプきたこれが多かったよーな気がするんだが、本書は、そゆのもあるけど、やはりニッポンのとあるよーに、古き良き懐かしいパン、あんぱんとか、クリームパンとか、焼きそばパンとか、コッペパンとかとか、掲載されているんですよ、奥さん(誰?)

 本場系でもなく、お洒落系でもなく、生活密着系もキタコレでいーんですか?いいんですってか(笑)とはいえ、そこはアレンジ大国日本というか、魔改造の国だものというか、進化しなければ日本じゃないというか、ええ、第二形態キタコレもあると思いますなのか?蒲田さん(笑)

 なので、ただのコッペパンだと思うと、勿論、そゆクラッシックタイプもあるけど、なめたらあかんぜよの世界が展開していて、見ていてビックリしますた…これも、パン、あれも、パン、多分、パン、きっと、パンなんですよ、おぞーさん(誰?)

 まぁとにかく百聞は一見に如かず、これはもー見て見てで、そして現地で食べてみての世界だろなぁ(笑)

 

続きを読む "今、食べておくべきパン(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

ぺーターのおばあさんへ?

パンの歴史  ウィリアム・ルーベル  原書房

 パンのエッセイかなぁ?もしくは小論文集?欧米から見たパンとは何か?みたいなノリか?

 ちなみに本書によるとパンの定義とは二つ、「パンにはさまざまな種類があるという認識」と「わが家の食卓にのるものこそパンと考える」で、この二つの概念が矛盾なく己の中にあるとゆーのが人とゆー生き物らすぃ(笑)

 どゆ事とゆーと「大航海時代、トウモロコシ粉で作るトルティーヤをメキシコで見たスペイン人は、それがこの地のパンであるとたちどころに理解した」そな…でも「彼らはそれをパンには分類しなかった」とな…そんな訳で、今でしょ(死語?)でも「メキシコでトルティーヤを作るベーカリーは「トルティレリア」と呼ばれ、小麦粉のパンを作る「パナデリア」とはっきり区別されている」そな…なるほろ、差別じゃありません区別ですね、分かります(笑)

 でもって、「2000年も前からローフブレッド文化圏に住むヨーロッパ人は、パンについて語るとき、多種多様なパンがあることを認めつつも、美的観点からも健康にとっても、社会の上層部が好む-白い-ローフブレッドがいちばんすぐれていると考えてきた」そで、そーだったのか?ハイジ(笑)

 なるほろ、パンに関しても唯一絶対と多様性がせめぎ合っているのだろか?欧米的には?

 まぁそれはともかく、そんなパンの歴史と今日を語る書のはじまりはじまりってか(笑)

続きを読む "ぺーターのおばあさんへ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

サンド、サンド?

野菜たっぷり!サンドイッチレシピ  KAORU  誠文堂新光社

 頭書きは、野菜ソムリエKAORUの、とあって、表紙コピーには、お弁当にもびったり!おいしいサンドイッチの作り方60とあるんですが、とにかく、タイトル通りの本と思われだろか?

 まぁ夏にパンってどーなんだろぉ?それを言ったら熱々ご飯なんかもどよ?になるのか?暑くなると、素麺とか、冷やし中華につい走りがちな今日この頃…せめて野菜だけでもとらねばと…

 取り敢えず、「パンは消化が早いので、実は胃に負担がかかりにくいという利点も」「実は夜食やディナーにも向いていて、胃もたれしにくいのでオススメです」って、そーだったのか?パン?胃もたれの夏にぴったりだったのか(笑)

 と気を良くして、開いてみたら、いやぁ結構サンドウィッチって種類あるとゆーか、ある種、何をはさんでも大丈夫なんじゃね?と思ってみたり(笑)ふところの広い、いい奴なんですよ、奥さん(誰?)

続きを読む "サンド、サンド?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

ソースが決め手?

Lukaロブションのカレーパン  ル・パン・ドゥ・ジョエル・ロブション  \324

 何か遠目に見るとがんもどきみたいに見えるよーな気がするのは気のせいか(笑)どーも、クロワッサンの時にも思ったけど、こちらでは焼きは軽めとゆーのがジャスティスらすぃ…カレーパンも、どっちかとゆーとコッテコテやで位に揚げて、茶色っぽくなっているのが多いと思うんだけど、こちらのカレーパンは違いますっキレイにきつね色というか、小狐色?

 でもって、カレーパンというと木の葉型というか、楕円型が多い中で、こちらのカレーパンはまん丸型でございます(笑)

続きを読む "ソースが決め手?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

おフランスのかほり?

Lukuroクロワッサン  ル・パン・ドゥ・ジョエル・ロブション  \260

 46番目のクロワッサンを求めて三千里企画も細々ながら続いてんなぁーと己でも何だかなぁなノリなんですが、世の中、星の数ほどクロワッサンあると思いますなんだろか?本当、色々あってなんですよ、奥さん(誰?)

 てな訳で、あのロブションのパン屋さんのクロワッサンは、見た目はちょっと焼きが甘い感じかなぁ?何かクロワッサンって、きつね色のハードタイプみたいなイメージが勝手にあって、焦げる寸前の焼き、みたいな(笑)それからするとこちらのクロワッサンは、綺麗な黄金色に近いんじゃないかと思われでして、これが仏三ツ星レストランのジャスティスなんでしょかねぇ?

続きを読む "おフランスのかほり?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

サクッとな(笑)

Taihakoヒレかつサンド  たいめいけん  \788

 忙しい時はサンドウィッチですましてみしょーホトトギスな生活が基本なんですが、世間的にはどーなんだろぉ?そんな訳で、ちょうど出先の目の前にあったので、たいめいけんのヒレかつサンドきたこれってか(笑)

 まっ何かボリュームありました…ので二回に分けて食べる羽目に(笑)何より意外だったのは、時間がたっても柔らかいんですよ、パンもお肉も…これは直に凄いと思うんだけど、プロ的には当然なんでしょかねぇ?

 さて、こちらのサンド…パンは柔らかくでもちもちタイプだと思われで、お肉も先に書いたよーにとって柔らかくて歯で嚙み切る必要まったくなしな感じだろか?多分、箸でも切れるとゆーお肉だと思ふ?

Tai1p← 一切れ

 画像を見て分かる通り、パンとヒレかつしかありません(笑)お味は非常に薄味のよーな気がするけど、味かないわーとゆー気にさせないとこはさすが老舗なんだろなぁ(笑)スパイスとかソースの味はあまり感じられないし、どちらかとゆーとマスタード系の味が一番出ているかも?

続きを読む "サクッとな(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

半世紀のお味?

Hachikaliカレーパン  蜂の家  \216

 さて、今回は蜂の家さんのカレーパンなんですが、それってどこよ?とゆーと、長崎は佐世保のお店らすぃ…地元の名店とゆー事なんだろか?どもシュークリームとカレーが名物のお店らすぃ…なので、その秘伝のカレーを使ってカレーパン、あると思いますの極地をつっ走った結果がここにってか(笑)

 とはいえ、こちらのカレーパン、フィリングとしてのカレーは一口目は辛くなーいの世界よな?でも後から辛さがやってくる系みたいです(笑)でもって、中身の具材は、ほぼペースト状になっているので、具体的に何がどれだけ入っているのかはわかりませんでした(笑)

Hachikalihalf← 半分

 パン生地の方は、味付きというか、そんな主張していない系だろか?気持ち甘めかもしれないが、それも気のせいかも程度で、何と言っても味音痴の己の舌ですから…何はともあれ、普通に王道のカレーパンしていると思いますたがどよ?

続きを読む "半世紀のお味?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

絶滅危惧種?

Minakareカレーパン  ホームベーカリーみなみ屋  \120

 さて、こちら月島のパン屋さんなんですが、まさに昔ながらの昭和の香りがするパン屋さんでございました…でもって、こちらのカレーパンも、昔ながらのカレーパンの形そのままとゆー感じでして、ただ、面白いのは、普通カレーパンって揚げて作るもんじゃね?なんですけど、これ裏をひっくり返すと、実はパンのままだったりするんですよ…

 上半分は、揚げたパンみたいで、下半分は普通に焼いたパンみたいな?揚げなら揚げ、焼きなら焼きのイメージでいたので、こゆハーフ&ハーフなパンって初めて見ました(笑)

MinakareuraMinakarehalf_2← 裏側  → 半分

 でもって、食べてみるとこれまた昔懐かしいパン生地と、カレー味なんですよ、奥さん(誰?)まさに今時のパンの真逆にあるよーなスタンス…これはこれで博物館殿堂入り位に凄いと思うがどよ?何とゆーか、タイムマシンに乗った気分になれるとゆーか…郷愁を誘うというか…

続きを読む "絶滅危惧種?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 7日 (土)

黄色と白と(笑)

Purudan男爵カレーパン  プルマン・ペーカリー  \220

 五月七日はカレー記念日という事で、カレーきたこれで、カレーパンもキタコレなんですけどどでしょ?

 この形の揚げパン形式のカレーパンは定番中の定番のよーな気がするんだが?これまたどよ(笑)どゆカレーパンというと、普通にカレーパンですピリオドという訳にはいかないか(笑)ネーミングに男爵とついているよーにジャガイモも入ってはいるけど、メインはやっぱカレーですから(笑)そんな訳で、一口かじると、食べた瞬間はあまり辛くなくてお子様でもオケ?なノリかと思ってみたら、後から絡みキタコレなのか(笑)

Purudanhalf← 半分

 画像からはアレですが、何とゆーかカワ(側)が薄いです。なので中のフィリングが物凄く多く感じるカレーパンかなぁ?具材はみじん切りぽいが、じゃがいもの存在感も半端ないです(笑)でもって、見た目以上にボリュームがある…女性ならば多分一個でお腹いぱーいなるかも?

続きを読む "黄色と白と(笑)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧