目次 文化・芸術

●サブカル●

 アニメ
悠久の曲?  (イメージアルバム 紅の豚)
原点と良心♪  (『ジブリの教科書3 となりのトトロ』 スタジオジブリ文春文庫編)
美しいものを作りたかった(笑)  (『続・風の帰る場所』 宮崎駿)
日の下に新たなるものなし…  (『風の帰る場所』 宮崎駿)
低く暮らして、高く思う(笑)  (『ジブリの哲学』 鈴木敏夫)
どんどん行こー(笑)  (『三鷹の森 ジブリ美術館』)
ポリティカル・コレクト(笑)  (『アニメとプロパガンダ』 セバスチャン・ロファ)
気晴らしじゃよ、気晴らし(笑)  (『キネマ旬報セレクション 高畑勲』)
あるという贅沢(笑)  (『スタジオジブリのひみつ』 風見隼人と東映アニメ研究会)
飛んでけ、飛んでけ、飛んでけ(笑)  (『宮崎駿映画の風』 空の会)
現実感覚(笑)  (『最後の国民作家 宮崎駿』 酒井信)
遠い人類より、隣の人を愛しなさい。  (『虫眼とアニ眼』 養老孟司 宮崎駿)

 コミック
こっち向いて(笑)  (『ムーミン キャラクター図鑑』 シルケ・ハッポネン)
フィクションとノン・フィクションの間で(笑)  (『宮崎駿の雑想ノート』 宮崎駿)
今後はもっとばらけたものが増えていく?  (『水木しげるの妖怪談義』 水木しげる)
かみさまの言うとおり~  (『神様手塚を読む』 小学館文庫編)
二極文化対立構造?感覚のカルテジアニスム?  (『マンガの国ニッポン』 ジャクリーヌ・ベルント)
こみっくこみっく(笑)  (『萌えるアメリカ』 掘淵清治・著 飯干真奈弥・構成)

 映画
えめらるどしてぃ?  (『女子とニューヨーク』 山崎まどか)
人間の馬鹿さ加減には限界があると信じている(笑)  (『人びとのかたち』 塩野七生)
視線の行方?  (『ローマで語る』 塩野七生 アントニオ・シモーネ)
オマージュ(笑)  (『シネマ今昔問答』 和田誠)
悪役よければ映画よし(笑)  (『ヒッチコックに進路を取れ』 山田宏一 和田誠)
完璧な人間はいない…  (『ワイルダーならどうする?』 ビリー・ワイルダー)
上手い、凄い、面白い(笑)  (『ブラウン管の映画館』 和田誠)
なんでもないことは流行に従う、重大なことは道徳に従う、芸術のことは自分に従う(笑)  (『うほほいシネクラブ』 内田樹)
いいんですか?いいんです(笑)  (『みうらじゅんの映画批評大全1998-2005』 みうらじゅん)
一番星みぃつけたぁ(笑)  (『甦る昭和脇役名画館』 鹿島茂)
新しいものはつまるところ古いものからしか生まれて来ないものなのだ…  (『映画を食べる』 池波正太郎)
みる目のある人(笑)  (『味な映画の散歩道』 池波正太郎)
男はみんな野垂れ死に(笑)  (『映画行脚』 池波正太郎 淀川長治)
誰も何も知らない(笑)  (『ハリウッド脚本術』 ニール・D・ヒックス)
日本のノスタルジー?  (『味と映画の歳時記』 池波正太郎)
春の桜、夏の涼、秋の紅葉、冬の雪。  (『京都絵になる風景』 吉田馨)
遊びか?微笑み?  (『カレル・チャペックの映画術』 カレル・チャペック)

 演劇
全ロンドンが舞台(笑)  (『シェイクスピアのロンドン』 青山誠子)
隕石はどこに(笑)  (『ロンドン・デイズ』 鴻上尚史)

 テレビ
何が出るかな?何が出るかな?  (『クール・ジャパン!?』 鴻上尚史)
公器?公器(笑)  (『TV博物誌』 荒俣宏)
失われたカツ丼を求めて(笑)  (『なぜ取り調べにはカツ丼が出るのか?』 中町綾子)
中の人しかいない(笑)  (『中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?』 NHK-PR1号)
ひかえおろぉ~(笑)  (『時代考証おもしろ事典』 山田順子)

 メディア
黒い獣?  (『かの悪名高き』 鹿島茂)
もしジャーナリズムが存在していないなら、まちがってこれを発明してはならない(笑)  (『新聞王伝説』 鹿島茂)
反対給付って何だ?  (『街場のメディア論』 内田樹)

 戯画
人材の嵐っ(笑)  (『60戯画 世紀末パリ人物図鑑』 鹿島茂)

 ゲーム
靴下の中にあるものは?  (『教養としてのゲーム史』 多根清史)

 ドラマCD
書き直し書き直し…  (宮崎駿の雑想ノート ロンドン上空1918年)

 一般
かわいい(笑)  (『<美少女>の現代史』 ササキバラ・ゴウ)
米国ではない、どこか(笑)  (『菊とポケモン』 アン・アリスン)

●宗教・信仰●

 寺社
文化、文化、文化…  (『知っておけば3倍たのしい 京都の古社寺』 淡交社編集局・編著)
不可視な世界?  (『厄除け』 佐々木勝)
歩くの大好き、ドンドン行こー(笑)  (『白洲正子 十一面観音の旅<京都・近江・若狭・信州・美濃篇>』)
人も歩けば福に当たる(笑)  (『開運御利益散歩 関東周辺』)
世の常ならずすぐれたる徳ありて、かしこき物をカミと云うなり…  (『一個人 特別編集 開運!日本のパワースポット案内』)
子子子子子子子子子子子子?  (『京都・魔界への招待』 蔵田敏明)
さいごく~  (『神と仏の道を歩く』 神仏霊場会・編)
なるほどなるほど~  (『神仏のご利益をいただく本』 瓜生中)

 神社
森羅万象♪  (『日本の神々がわかる神社事典』 外山晴彦・監修)
昨日は歳旦祭、明日は元初祭。  (『完全保存版!伊勢神宮のすべて』 青木康 編)
浄・明・正・直♪  (『世界に誇れる「和のこころ」』 田中正洋)
奪い合えば足りないが、分け合えば十分に足りる。  (『伊勢神宮』 稲田美織)
そこにあるもの…  (『神社の見方』 外山晴彦 「サライ」編集部 編)
歴史と伝統…  (『知識ゼロからの神社入門』 櫻井治男)
相乗効果?  (『神社巡礼』 岡本健)
i日本全国津々浦々?  (『全国ビジュアルガイド 日本の神社完全名鑑』 かみゆ歴史編集部 編)
うましくに、みけつくに~  (『伊勢参りと熊野詣で』 茂木貞純)
日本の国の神だもの(笑)  (『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』 島田裕巳)
道の隣に(笑)  (『図説 飛鳥の古社を歩く』 文・和田萃 写真・森和彦)
そーだ、伊勢に行こー(笑)  (『お伊勢参り』 鎌田道隆)
言霊の幸ふ国~  (『出雲大社ゆるり旅』 錦田剛志・文 中野晴生・写真)
たふとさに…  (『伊勢神宮』 写真・渡辺義雄)
取りあえず、神社(笑)  (『日本全国ゆるゆる神社の旅』 鈴木さちこ)
この世の光と共に眩しく…  (『神話と日本人の心』 河合隼雄)
天から降ったものだろう?  (『伊勢神宮』 矢野憲一 文 篠原龍 写真)
朝日の来向かう国、夕日の来向かう国~  (『伊勢神宮』 矢野憲一)
伊勢に七たび、熊野に三たび、お多賀様には月参り~  (『元気をもらう神社旅行』 辰宮太一・文 中野晴生・Kankan・写真)
外なる中心?  (『絵図に見る伊勢参り』 旅の文化研究所・編)
むかしむかしそのまたむかし?  (『図説あらすじで読む日本の神様』 三橋健)
じんしゃーじんじゃー?  (『神社 そのご利益と祭神』 川口謙二)
おとなのまなあ?  (『神社のしきたり』 浦山明俊)
天壌無窮~  (『伊勢神宮ひとり歩き』 中野昭生 中村葉子)
常世の国~  (『伊勢神宮』 松平乗昌)
にほんのいたるところに~  (『日本の神々』 白州正子 堀越光信 野本寛一 岡田荘司)
月影を雪かと見れば住吉の朱の玉がき色も変わらず~  (『開運!神社めぐり』 監修・辰宮太一 絵と文・藤臣柊子)
まじかる?  (『安倍晴明公』 晴明神社・編)
いのりのば~  (『神社と神様がよくわかる本』 島崎晋)
やおよろず?  (『わが家の守り神』 三橋健・編)

 寺
言葉は、言刃ではなくて言霊…  (『大人の散歩道 東京老舗歩き』)
日本の中にそれはある(笑)  (『ぶらり東京・仏寺めぐり』 長田幸康)
いまふたたびのおてら?  (『全国ビジュアルガイド 日本の寺完全名鑑』 かみゆ歴史編集部 編)
色は匂へど散りぬるを我が世たれぞ常ならむ有為の奥山今日越えて浅き夢見し酔ひもせず(笑)  (『仏典のことば』 中村元)
死んでないんだから生きている(笑)  (『ブッダの幸福論』 アルボムッレ・スマナサーラ)
心塵脱落?身心脱落?  (『迷える者の禅修業』 ネルケ無方)
釈迦へ帰れ…  (『破戒と男色の仏教史』 松尾剛次)
国民総充足とは♪  (『ブータン仏教から見た日本仏教』 今枝由郎)
草原の祈り…  (『モンゴル仏教紀行』 菅沼晃)
犀のように一人で歩け…  (『かくれ佛教』 鶴見俊輔)
ゆく川の水はたえずして…  (『ブッダの旅』 丸山勇)
なんまいだぁ(笑)  (『すぐわかる お経の心』 大角修)
猛き者もついには滅びぬ、ひとえに風の前の塵に同じ…  (『池上彰と考える、仏教って何ですか?』 池上彰)
お寺もいろいろ(笑)  (『これだけは知っておきたい お寺さん入門』)
人は良き方向、正しい理由に基づいて行動しているときに強い信念を持つ事ができる。  (『傷ついた日本人へ』 ダライ・ラマ14世)
ひみつってなんだ(笑)  (『仏像のひみつ』 山本勉・著 川口澄子・イラスト)
めもりある?  (『渋沢龍彦の古寺巡礼」 渋沢龍彦・渋沢龍子 写真・矢野建彦)
希望を持ったまま保留~  (『脳と魂』 養老孟司 玄侑宗久)
寺を歩けば石にあたる?  (『石ひとすじ』 左野勝司)
不退の行法または春よ来い(笑)  (『東大寺お水取り』)

 教会
神がそれを望んでおられる…  (『絵で見る十字軍物語』 塩野七生 絵・ギュスターヴ・ドレ)
誠実、正直、真理…  (『女性はなぜ司祭になれないのか』 ジョン・ワインガーズ)
本来的自己?  (『イエスとはなにか』 笠原芳光 佐藤研 荒井献 吉本隆明 岡井隆 木下長宏 磯山雅)
この道はいつか来た道(笑)  (『神学部とは何か』 佐藤優)
賢者は言葉数の少なさでわかる…  (『修道院へようこそ』 ペーター・ゼーヴァルト・編 ジモーネ・コーゾック・著)
かくなれかし…  (『ローマの教会巡り』 小畑紘一)

 聖書
未来の歴史書?  (『聖なる妄想の歴史』 ジョナサン・カーシュ)
人間は途上にある存在である?  (『聖書を語る』 佐藤優 中村うさぎ)
自意識の海の中で?  (『聖書を読む』 中村うさぎ 佐藤優)
されど行うは神なり…  (『禁忌の聖書学』 山本七平)

 ユダヤ教
あらゆることは記録しておかねばならぬ、もし、そうでなければ総てが失われる…  (『カバラ』 箱崎総一)
アルファであり、オメガ…  (『ユダヤ教』 M.モリソン S.F.ブラウン)

 イスラム教
基礎知識?  (『イスラム教入門』 中村廣治郎)
ある日、洞窟で…  (『イスラム教』 M.S.ゴードン)

 道教
道は通じて一と為す?  (『日本の道教遺跡を歩く』 福永光司 千田稔 高橋徹)
真人の世界?  (『道教の世界』 ヴァンサン・ゴーセール カロリーヌ・ジス)

 お守り
誰もが一つは持っている?  (『京都ご利益めぐり』 京都くまなく歩き隊)
四葉のクローバー?  (『世界の不思議なお守り』 進藤幸彦)
しぃあわせぇにぃなぁりぃたぁいぃぃぃぃっ(笑)  (『幸せをつかむための世界の開運案内-お守り・シンボル・料理-』 アルマット編集部)
ありがたや~  (『東京のえんぎもの』 早川光)

 御朱印
寺社へ行ったら?  (『御朱印案内』 竹池里加子 編集)

 厄除け・厄払い
ぴかぴか♪  (『厄落とし・厄払い大辞典』 小林祥晃)

 古代エジプト
日の下に現れ出るための書(笑)  (『図説 エジプトの「死者の書」』 村治笙子 片岸直美 文 仁田三夫 写真)

 神話
かみさまはいるのかい?  (『ビジュアル博物館 神話』 ニール・フィリップ)

 体術
後悔と取り越し苦労は絶対にしてはいけない(笑)  (『身体で考える。』 内田樹 成瀬雅春)

 宗教裁判
誰かを悪者にして世界を嘆きたくない…  (『魔女狩り』 ジャン=ミシェル・サルマン)

 魔術
えそてりしずむ?  (『図説近代魔術』 吉村正和)

 無神論・不可知論
フォースの力じゃ…  (『神は妄想である』 リチャード・ドーキンス)

 一般
何事のおはしますわばしらねどもかたじけなさに涙こぼるる?  (『池上彰の宗教がわかれば世界が見える』 池上彰)
良心的な心と前向きな精神…  (『世界の宗教』 スーザン・タイラー・ヒッチコック ジョン・+・エスポズィート)
聖なるかな、聖なるかな…  (『すぐわかる 世界の宗教』 町田宗鳳 監修)
あきゅーとあのみーあきゅーとあのみー…  (『生きる幻想死ぬ幻想』 岸田秀 小滝透)
思い込んだら違ったって知らないよ(笑)  (『聖徳太子 四天王寺の暗号』 中山市朗)
およびでない?こりゃまた失礼いたしました(笑)  (『現代人の祈り』 釈徹宗 内田樹 名越康文)
天然の無常…  (『宗教を知る人間を知る』 河合隼雄・加賀乙彦・山折哲雄・合庭惇)
忘己利他?とイントレランス??  (『信仰の発見』 瀬戸内寂聴 立松和平 山折哲雄 加賀乙彦 石川好 井沢元彦 羽仁進 篠田正浩 森本哲郎 山口昌男 久保田展弘 ひろさちや 山崎哲 和田秀樹 養老孟司(聞き手石川眞))

●文学●

王子様、あなたなのですか。ずいぶんお待たせになりましたこと(笑)  (『世界の源氏物語』 源氏物語千年紀委員会・推薦)
読む、書く、うつ?  (『ヨーロッパ 本と書店の物語』 小田光雄)
しかしまあ、そんなことはどうでもよいのである(笑)  (『快楽図書館』 澁澤龍彦)
ますらおぶりとたおやめぶり?  (『日本人と日本文化』 司馬遼太郎 ドナルド・キーン)
れいるうぇぃまにあ?  (『機関車トーマスと英国鉄道遺産』 秋山岳志)
笑う門には福来る~  (『笑いの力』 河合隼雄 養老孟司 筒井康隆)
へんしゅーって?  (『読書欲編集欲』 津野梅太郎)
これもやはりあいですかい?  (『エドガー=A=ポー』 佐渡谷重信)

 川柳
だって、女の子だもん(笑)  (『女子会川柳 「調子どう?」あんたが聞くまで絶好調』 シティリビング編集部+ポプラ社編集部・編)

 言葉
五風十雨♪  (『水のことのは』 構成・文 ネイチャー・プロ編集室)

●博物●

 国内
伴うこと無きを宗とせよ…  (『聖地巡礼Beginning』 内田樹 釈徹宗)
これこそまさに伝統文化。  (『家庭画報のお正月 しきたりと料理』)
やまとうたは、人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりける…  (『王朝生活の基礎知識』 川村裕子)
ちちんぷいぷい?  (『日本人の縁起とジンクス』 北嶋廣敏)
これを知らないとはモッタイナイ(笑)  (『タダで入れる美術館・博物館』 東京散策倶楽部)
ふるむーん~  (『暮らしに生かす旧暦ノート』 鈴木充広)
いち、に、さん、いっぱい?  (『日本人数のしきたり』 飯倉晴武)
極東の極東の極東のじぱんぐ(笑)  (『ヨーロッパ文化と日本文化』 ルイス・フロイス)
にっぽんのおたから?  (『正倉院美術館 ザ・ベストコレクション』 米田雄介・杉本一樹 編著)
カモンッカモン~  (『新版 家紋から日本の歴史をさぐる』 インデックス編集部 編)
春の弥生のこの佳き日~  (『雛まつり』 福田東久)
古代からのこころ?  (『折口信夫と古代を旅ゆく』 芳賀日出男 写真・文)
たいこのたつじん?  (日本の響 ② 祭り太鼓)
窓の外には~  (『東海道新幹線歴史散歩』 一坂太郎)
さんくちゅあり?  (『ニッポン聖地案内』 松岡絵里)
ええじゃないかええじゃないか(笑)  (『イメージ・ファクトリー 日本×流行×文化』 ドナルド・リチー ロイ・ガーナー写真)
ろいやるぶらんど?  (『皇室御用達ものがたり』 日本文化再発見研究室)
ふくふくふく~  (『知っているとうれしいにほんの縁起もの』 広田千悦子)
さんぽのさんぽ?  (『縁日のお散歩図鑑』 オオカワヨウコ)
さかなさかなさかな~も一つさかな~  (国立公文書館 夏の企画展 さかな・魚・肴)

 国外
ハードボイルドなスクランブルエッグ?  (『奇界遺産2』 佐藤健寿)
愉快、痛快、奇奇怪怪の?  (『奇界遺産』 佐藤健寿)
人を見かけで判断してはいけません(笑)  (『下着の誕生』 戸矢理衣奈)
誰もが探検家になれる時?  (『吉村作治の世界博物探検記』 吉村作治)
そぉれそれそれおまつりだぁー?  (『祭りで選ぶ 世界の旅』 ロム・インターナショナル編)
と・あぺいろんって何だ?  (『エーゲ 永遠回帰の海』 立花隆 写真・須田慎太郎)
もんすたぁー?  (『欧州百鬼夜行抄』 杉崎秦一郎)
しゆゆ~  (『松本清張のケルト紀行』 松本清張・佐原真 写真・飯田隆夫)
つれづれづれづれ…  (『英国史のティータイム』 森譲)
ガス灯の灯るところ…  (『英国レディになる方法』 岩田託子 川端有子)
良酒に看板はいらず?  (『挿絵の中のイギリス』 リチャード・ドイル)
何故か分からないけどハッピーになれる?  (『イギリス魔界紀行』 荒俣宏)
ねいてぃぶよーろぴあん?  (『中央ヨーロッパ「ケルト」紀行』 武部好伸)
こんにちはぁ~こんにちはぁ~  (世界一周ことばの旅 地球上80言語カタログ)
りべるたすでけむべるす?  (『サンタクロースの秘密』 クロード・レヴィ=ストロース/中沢新一)

 博物館
人の御世話にならぬ様。人の御世話をする様に。そして報いをもとめぬ様…  (『日本全国ユニーク個人文学館・記念館』 新人物往来社・編)
ひは標本のひ?  (『標本の本』 村松美賀子・伊藤存 編著)
収蔵点数、800万?  (『大英博物館』 新人物往来社 編)
しょうわのかほり?  (『キャラメルの値段』 市橋芳則)
行ってみたいと思いませんかぁ(笑)  (『旅先で寄る奇想博物館』 塙ちと・編)
丘を越え行こーよ(笑)  (『偏愛博物館スケッチ』 太田垣晴子)
ぼんやりする?  (『博物館へ行こう』 木下史青)
インターメディアテク?  (『モバイルミュージアム行動する博物館』 西野義章)

 書一般
真理が我らを自由にする又はいつでもどこでもだれにでも。  (『読書三到』 紀田順一郎)
本は魂の栄養である(笑)  (『図説 本の歴史』 樺山紘一)

 その他
月が出た出たっ月が出たぁーっ(笑)  (『月』 ベアント・ブルンナー)
食の国の人だもの(笑)  (『ミュージアム・レストラン・ガイド』 畑中三応子 写真・南都礼子)
光風霽月~  (『月に恋』 ネイチャー・プロ編集室編)

 比較文化
ポロリもあるよ(笑)  (『物は言いよう』 齊藤美奈子)
性質は自然である…  (『ケルト巡り』 河合隼雄)
概念という概念?  (『私家版・ユダヤ文化論』 内田樹)
ゆびきたす?  (『モモレンジャー@秋葉原』 鹿島茂)
些末恐怖症?それとも快楽症(笑)  (『関係者以外立ち読み禁止』 鹿島茂)
ミスは犯したが過ちは犯していない?  (『セーラー服とエッフェル塔』 鹿島茂)

 家
りかるしとらしす?  (『新版 家の神』 鶴見俊輔・文 安達浩・写真)

 観覧車
シー・ユー・ダウン・ザ・ロード~  (『観覧車物語』 福井優子)

 工場
生きている世界(笑)  (『工場萌え』 石井哲・写真 大山顕・文)

 食
こんがりロースト?それともグツグツ?  (『肉食タブーの世界史』 フレデリック・J・シムーシズ)

●芸術●

 ムンク
天才の思想は決して滅ぶことはない…  (『エドヴァルド・ムンク』 エドヴァルド・ムンク)
さけんでみた(笑)  (『ムンクの時代』 三木宮彦)
どこどこどこ?  (『ムンクを追え!』 エドワード・ドルニック)

 ダリ
しゅーるでんな(笑)  (ダリ回顧展 生誕100年記念 上野の森美術館)
これもあい?あれもたぶん…きっと???  (『ダリ 異質の愛』 アマンダ・リア)

 フェルメール
粒子の世界?  (『フェルメール光の王国』 福岡伸一)

 バーン=ジョーンズ
春眠暁を覚えず?  (『バーン=ジョーンズ 眠り姫』 利倉隆)

 モディリアーニ
幸福には、そういう残酷な一面がある?  (『モディリアーニの恋人』 橋本治 宮下規久郎)

 モロー
ある意味、時代の最先端?  (『ギュスターヴ・モロー』 鹿島茂)

 葛飾北斎
ふじのたかねにゆきはふりつつ…  (『富嶽百景』 葛飾北斎)

 河鍋暁斎
ジーニアス(笑)  (『河鍋暁斎 奇想の天才絵師』 監修・安村敏信)

 横尾忠則
なになになに?  (『ヨコオ論タダノリ』 荒俣宏)

 女性
PRB?  (『ラファエル前派画集 女』 ジャン・マーシュ)
見えてしまいました(笑)  (『絵の中の女たち』 加藤周一)
目のつけどころが違います(笑)  (『絵筆をとったレディ』 アメリア・アレナス)

 小林秀雄
君よ知るや西の国々(笑)  (『小林秀雄 美と出会う旅』 白州信哉・編)

 シュルレアリスム
不安の美学の発見?  (『幻想の画廊から』 澁澤龍彦)
かくめいってなんだ(笑)  (『シュルレアリスム』 酒井健)

 現代
美術館は知性と感性を磨くエステサロン(笑)  (『女の子のための現代アート入門』 長谷川祐子)

 コンセプチュアルアート
本当に必要なんですか(笑)あるいはNI?  (『コンセプチュアル・アート』 トニー・ゴドフリー)

 壁画
ストレートで、シンプルで、イージーで、フリー?  (『もう一つの京都探訪 Ki-yan Kyoto』 木村英輝・著 打田浩一・写真 林里嘉子・リポート)

 宗教画
これも一つの秘跡劇?  (『クリスマス物語』 メトロポリタン美術館・編)

 美術解剖学
美女はほんの皮一枚にすぎない?  (『美女の骨格』 宮永美知代)

 工芸
れっつ・とらいっ(笑)  (『京都工房めぐり』 アルカダッシュ 當村まり)
留め具?  (『根付』 NHK「美の壺」創作班)
北は北海道から南は沖縄まで?  (『DESIGN BUSSAN NIPPON』 企画・構成 ナガオカケンメイ)
複数形の美術と工芸?  (『ウィリアム・モリスとアーツ&クラフツ』)

 図像
うるわしくさやかなりしばらのはな(笑)  (『薔薇のイコノロジー』 若桑みどり)
じゅげむじゅげむ?  (『図像観光』 荒俣宏)
芸術は錯覚だぁー?  (『錯視芸術』 フィービ・マクノートン)
アトラスとイコノグラフィア?  (『図の劇場』 荒俣宏)

 装丁
カミは細部に宿る(笑)  (『装丁物語』 和田誠)
うつくぅしぃ~  (『美しい書物の話』 アラン・G・トマス)

 挿絵
北斎に始まり、北斎に終わる?  (『奇想の江戸挿絵』 辻惟雄)
時をかける?  (『豪華「源氏絵」の世界 源氏物語 新訂版』 監修・秋山虔 田口榮一)
ロマンチックが止まらない?  (『愛書狂』 鹿島茂)
ファム・ファタル?  (『魔性の女挿絵集』 中村圭子編著)
秋の夜長は光もの?  (『BOOKS BEAUTIFUL 絵のある本の歴史』 荒俣宏)

 日本画・屏風・掛け軸
えきぞちっく・じゃぱん?  (『日本画の「値段」』 川崎正継)
移り変わって行く流れそのものが重要なものだ…  (『ひらがな日本美術史』 橋本治)
みえますかぁー(笑)  (『戦国武将の肖像画』 二木謙一 須藤茂樹)
ひろげてごらん?  (『戦国武将の合戦図』 小和田哲男 監修)

 絵巻
君の名は(笑)  (『源氏物語絵巻』 新人物往来社 編)

 さくら
矢立と一緒に?  (『さくら図鑑』 中島千波)

 骨董
仏界入り易く、魔界入り難し(笑)  (『骨董あそび』 白洲信哉 写真・森川昇)

 浮世絵
ロマンティストに捧ぐ?  (『浮世絵のおんな』 葛飾北斎 喜多川歌麿 十返舎一九 他)
劣化コピー乙(笑)  (『浮世絵 消された春画』 リチャード・レイン)

 スケッチ
れっつとらい(笑)  (『手帳スケッチ』 関本紀美子)

 年賀状
もおいくつねると?  (『むかしの年賀状』 生田誠・編著)

 写真
そーだ京都に行こー(笑)  (『水野流 京都撮影の手引き』 水野英比古・著 水野克比古・監修l)
てんらんかいのえ?  (『踏みはずす美術史』 森村泰昌)

 色彩
レモン、バナナ、パイナップル?  (『色彩の魔力』 浜本隆志 伊藤誠宏)
雪、霜、霧、または氷のかさね?  (『日本の色』)
紅梅、鴇、桜と黄、山吹、鬱金~  (『日本の色』 文・伊澤昭二・中江克己・中村修也・増田美子 俳句・向田貴子 写真・岡田正人・清水重蔵)

 文様・柄
チェック、チェック、チェック(笑)  (『日本の染織Ⅱ 縞・格子』)
はながら?  (『日本の文様』 北村哲郎)

 家具
今中?  (『家具の本』 内田繁)

 花火
夏の風物誌?  (『花火の本』 写真・文 冴木一馬)

 夜景・イルミネーション
光って候(笑)  (『世界のきらめくイルミネーション』 グラフィック社編集部 編)

 修復
壊さない、汚さない、傷つけない、触らない(笑)  (『古美術を科学する』 三浦定俊)

 美術館
キョロキョロ?  (『一度は行ってみたい東京の美術館・博物館選りすぐり200を歩く』 吉野昌晴 著 樺山紘一 監修)
ハイセンス(笑)  (『Museum Shop Tripper!』 森井ユカ)
西にも東にも(笑)  (『世界美術館の旅』)
らいふわーく?  (『美術館へ行こう 改訂版』 長谷川智恵子)
持つ欲望と盗む欲望?  (『「盗まれた世界の名画」美術館』 サイモン・フープト)
素晴らしき美の世界?  (『楽しいロンドンの美術館めぐり』 出口保夫 斎藤貴子)
日本画を土足で見るのはいかがなものか(笑)  (『藤森照信の特選美術館三昧』 藤森照信)

 盗難・窃盗・詐欺・贋作
にーど、すぴーど、ぐりーど(笑)  (『にせもの美術史』 トマス・ホーヴィング)
カフカとルイス・キャロルの共演?  (『偽りの来歴』 レニー・ソールズベリー アリー・スジョ)
みんな、ケーキの分け前にありつきたいのさ(笑)  (『FBI美術捜査官』 ロバート・K・ウィットマン ジョン・シブマン)

 一般
発見のチャンスは準備された心に降り立つ(笑)  (『芸術と科学のあいだ』 福岡伸一)
形態の充実?  (『セザンヌ物語』 吉田秀和)
猫や、猫?  (『招き猫亭コレクション 猫まみれ』 監修・文 招き猫亭)
にぃっぽんいちのぉやまぁーっ  (『美JAPAN 富士山』 監修 河野元昭)
天才は自分の人生に、自分以外の天才を必要としない(笑)  (『乙女の美術史 世界編』 堀江宏樹 滝乃みわこ)
やまとごころ?  (『乙女の美術史 日本編』 堀江宏樹 滝乃みわこ)
失念と居眠りの果てにあるもの(笑)  (『奇想の図譜』 辻恒雄)
人間にとって普遍的な真実を含んでいるか?  (『イメージを読む』 若桑みどり)
公平、水平、垂直、直線?  (『美術史』 ダナ・アーノルド)
リストマニア(笑)  (『芸術の蒐集』 ウンベルト・エーコ)
見るより拝め?  (『西洋絵画のひみつ』 藤原えりみ・著 いとう瞳・イラスト)
でも、アンダービッターの存在があるのですよ(笑)  (『消えた名画を探して』 糸井恵)
みためがすべて(笑)  (『アラマタ美術誌』 荒俣宏)
きれいはきたない、きたないはきれい…  (『醜の歴史』 ウンベルト・エーコ)
美しさとは?  (『美の歴史』 ウンベルト・エーコ)

●道●

 歌
えもいはぬ物かな…  (『京の八百歳 冷泉家歌ごよみ』 冷泉貴実子)

 伝統芸能
いっぱいあってな(笑)  (『狂言のデザイン図典』 茂山千五郎・監修 木村正雄・文 岩田アキラ・写真)
知らざぁ言って聞かせやしょー(笑)  (『歌舞伎にアクセス』 伊達なつめ)
変わる事と変わらない事?  (『あやつられ文楽鑑賞』 三浦しをん)
翁は能にして能にあらず?  (『能にアクセス  井上由理子)
つねに庶民の方を向け(笑)  (『世にもおもしろい狂言』  茂山千三郎)
日本の国の匠だもの(笑)  (『文楽にアクセス』 松平盟子)
乱れて盛んならんより、むしろ固く守って滅びよ?  (『狂言にアクセス』 小野幸恵)
行ってみよぉーっ(笑)  (『上方伝統芸能あんない』 堀口初音)
人形劇とは…  (『豊竹咲甫太夫と文楽へ行こう』 豊竹咲甫太夫 協力・長峯英子)
これはこの辺りに住まいいたすものでござる~  (『満月のわらい』 立川志の輔)
序破急?  (『お能の見方』 白州正子 吉越立雄)

 香道
おたしなみ(笑)  (『日本の香り』 監修・松榮堂)
歩く芳香剤?  (『香りの源氏物語』 嶋本静子)
同仁斎…  (『香と茶の湯』 太田清史)
一炷煙中得意かな?  (『香と香道』 香道文化研究会編)

 茶道
キンキラキンにさりげなく(笑)  (『黄金文化と茶の湯 安土桃山時代』 監修・中村修也)
正義と美学?権力と権威?  (『男たちの数寄の魂』 井尻千男)

 礼法
生涯、こころの中にひとつでも多くの引き出しを持つことができるように努めなさい…  (『「おそれいります」』 小笠原継承斎)
友好関係の増進?  (『プロトコールとは何か』 寺西千代子)
そういうものなんだよ(笑)  (『人生はマナーでできている』 高橋秀実)
多様性だよ、世の中は(笑)  (『プロトコール入門』 安倍勲 編)
三世の長者は衣服を知り、五世の長者は飲食を知る…  (『ロイヤルマナー』 酒井美意子)

 陰陽道
ピタゴラスと三分損益法?  (『陰陽夜話』 夢枕獏編)

 武士道
なあーいとよかばんた?  (『葉隠』 松永義弘 解説・訳)
やまとごころ?または島国帝国のフォルクスガイスト?  (『武士道』 新渡戸稲造・著 飯島正久・訳・解説)

 一般
創業は易し、守成は難し…  (『白洲正子の贈り物』 白洲信哉)

●落語●

 CD
らくだのこぶ?  (立川談志 プレミアム・ベスト落語CD集 らくだ 立川談志)
始まりは、いつも…  (寄席囃子集 海老一染太郎・染之助 社中)
新作の第一人者~  (NHK落語名人選29 古今亭今輔)
良い芸は人間がよくなくては出来ない…  (十代目金原亭馬生 十八番名演集 十三 らくだ)
しぶしぶい~  (NHK落語名人選37 八代目三笑亭可楽)
うどんどん?  (五代目柳家小さん 名演集 7)
ぐるぐる回る回る~  (五代目柳家小さん名演集 5 柳家小さん)
顔が七つにも八つにも見えるぅ~  (五代目古今亭志ん生名演大全集3)
きゃめるるるるぅ…  (桂文珍6 らくだ 桂文珍)
見立てオチ?考えオチ?  (NHK落語名人選2 古今亭志ん生(五代目))
なぁにをいうてんやな  (NHK落語名人選75 三遊亭百生(二代目))
げいじつのあき?  (NHK落語名人選67 林家正蔵(八代目))
ねこねこねこ~  (五代目 柳家小さん名演集 8)
かんかんのー?  (NHK落語名人選16 八代目三笑亭可楽)
うーむ…これは(笑)  (NHK落語名人戦82 五代目古今亭志ん生)

 書籍
守る、壊す、創る(笑)  (『落語にアクセス』 小野幸恵)
月月に月見る月は多けれど、月見る月はこの月の月(笑)  (『落語CD&DVD名盤案内  矢野誠一・草柳俊一)
つきひのながれ?  (『志ん朝のあまから暦』 古今亭志ん朝・斎藤明)
そこはてんのじ?  (『桂あやめの艶姿ナニワ娘』 桂あやめ)

●その他●

 イベント
煙突はどこ(笑)  (『サンタクロース学』 荻原雄一)
清しこの夜…  (『誰も知らないクリスマス』 舟田詠子)

 祭事
むっさーは(笑)  (『ふしぎの祭り』 にじゅうに編集部 編)
ものほんのディープ?  (『別冊太陽 祭礼 神と人との饗宴』 山本ひろ子・編 酒寄進一・写真)
その土地に根ざすものっ  (『ダヤンのお祭りの本』 池田あきこ)
春だっ夏だっ秋だっ(笑)  (『祭りを旅する 1 関東・甲信越 編』)
じりはちまきそろいのゆかた(笑)  (『日帰りで行く関東の祭り』 杉岡幸徳)
不景気を吹き飛ばし、市民を元氣づけよー♪  (『出かけよう!参加しよう!元気になるお祭り・花火』 監修・海原純子)
清・明・浄?  (『日本の祭り 知れば知るほど』 管田正昭)

 奇術
やまとごころの(笑)  (『手妻のはなし』 藤山新太郎)

 花屋
アート・ドゥ・ヴィーヴル?  (『パリの花 パリのフルリスト』 文・後藤綺子 写真・斉藤亢)

 アロマ
おもてなしとたしなみ?  (『かおる』)
美しい人生をぉぉぉぉぉ(笑)  (『幸せを呼ぶ香りのセラピー』 山下文江)

 百貨店
見かけが全て(笑)  (『人気のデパ地下手みやげパッケージ図鑑』 日経デザイン 編)
美しさは罪ぃ(笑)  (『写真で分かる 人気デパ地下"スイーツ"パッケージ図鑑』 日経デザイン)
とっても日本的なしょーばいしょーばい?  (『絵とき百貨店文化誌』 宮野力哉)

 競馬
きんぐす・すぽぉつ?  (『競馬の文化誌』 山本雅男)

 カジノ
丁か?半か?  (『カジノの文化誌』 大川潤 佐伯英隆)

 宮廷絵巻
ぎょ、ご、お、おん、み?  (『図説 天皇家のしきたり案内』 「皇室の20世紀」編集部・編)
メニューは語る?  (『図説 宮中晩餐会』 松平乗昌・編)
優しさと、ユーモアと、理解の果て?  (『英国王室スキャンダル史』 ケネス・ベイカー)
文句があるなら、ベルサイユへいらっさい(笑)  (『「ワル姫さま」の系譜学』 鹿島茂)

 クラブ・サロン
丸まって相談(笑)  (『クラブとサロン』 小林章夫 笠井潔 長島伸一 川田靖子 長澤均 中条省平 杉藤雅子 秋田昌実 高橋秀元 守屋毅 田中優子 高山宏 松岡正剛)

 風俗
究極の共同幻想?  (『SとM』 鹿島茂)
冬が来た♪  (『アイルランド冬物語』 アリス・テイラー)
若衆ワールドへようこそ(笑)  (『江戸女の色と恋』 田中優子・白倉敬彦 )

 ジョーク
笑ってみましょ、もっと(笑)  (『毎日笑って半年笑えるジョーク世界一』 編著 クリント西森)

 花見
桜花、主を忘れぬ、ものならば、吹き来ん風に、言伝はせよ…  (『桜と日本人ノート』 安藤潔)

 花火
よいではないか、よいではないか(笑)  (『日本の花火はなぜ世界一なのか?』 泉谷玄作)

 月
空に月がある限りぃー♪  (『月の誘惑』 志賀勝)

 聖地
盤石、堅固、永遠性?  (『日本のパワースポット案内 巨石巡礼50』 岡田謙二 編著)
そーだ、ぱわすぽに行こー(笑)  (『いつかは行きたい一生に一度だけの旅 世界の聖地 BEST500』 ジル・アンダーソン他)

 冠婚葬祭・霊園
掃苔?  (『東京お墓巡り』 酒井茂之)

 観光
あなたは今、正しい場所にいる(笑)  (『極上の世界旅行』)

 一般
利口な奴はたんと反省するがよい。私は馬鹿だから反省なぞしない(笑)  (『モオツァルト・無常という事』 小林秀雄)
空の星を飲んでいるようだ(笑)  (『やんごとなき姫君たちの食卓』 桐生操)
わたしは般若です(笑)  (『日本の伝統美を訪ねて』 白洲正子)
おちこんだりしたけれど、わたしは…  (『限界芸術論』 鶴見俊輔)