目次 書 さ~し

さ・さ・さ・さ・さ・さ・さ・さ・さ・さ・

彩図社
だってイタリアだもん(笑)  (『イタリア・アルプス鉄道紀行』 中根正和)

彩流社
 
にくにくにく…  (『焼肉横丁を行く』 辛路地裏探検隊(中山茂大・文 チュ・チュンヨン・写真 水野あきら・イラストレーション))
 
軒の連なり?  (『写真で歩く世界の街並み』 高士宗明・写真・文)
ねいてぃぶよーろぴあん?  (『中央ヨーロッパ「ケルト」紀行』 武部好伸)
 
何も足さない?何も引かない(笑)  (『なっとく!のビール・酒選び』 長澤一廣 山中登志子)

作品社
 
ずっと?ずっと(笑)  (『東京時間旅行』 鹿島茂)
夢はダンスを駆け巡る(笑)  (『明日は舞踏会』 鹿島茂)

さくら舎
ぼっちゃんだからさ(笑)  (『日本はなぜ外交で負けるのか』 山本七平)

サクラ・レストランズ
スペシャリテ?  (『東京大人のための艶レストラン ザ・ベスト・オブ・シェフ50 食を創造する華麗なる魔術師』)

山愛書院
口と?老と?旨と?  (『ことばにみる江戸のたばこ』 たばこと塩の博物館・編)

サンガ
およびでない?こりゃまた失礼いたしました(笑)  (『現代人の祈り』 釈徹宗 内田樹 名越康文)

山海堂
 
全ては瓶詰め?  (『ボトルシップ』 岡田重三 日本ボトルシップ協会 監修)
 
みちのさきには?  (『鉄道○珍名所三十六景 関東編』 所澤秀樹)

サンクチュアリ出版
取りあえず、神社(笑)  (『日本全国ゆるゆる神社の旅』 鈴木さちこ)

産経新聞出版
 
真の恋が穏やかに進んだことはない(笑)  (『知の超人対談』 岡本行夫 佐藤優  高柳昭男・編著)
 
きっと、くる(笑)  (『日本に自衛隊がいてよかった』 桜林美佐)
 
事実を見るには勇気がいる(笑)  (『エネルギーと原発のウソをすべて話そう』 武田邦彦)
米のち性?  (『カーブボール』 ボブ・ドローギン)

三五館
 
旅ゆけばぁー(笑)  (『旅する南極大陸』 神沼克伊)
 
ぴかぴか?  (『ホウキとヤルキ』 山本健治)

三才ブックス
あるモダンの告白(笑)  (『世界の電波男』 本田透)

三修社
街なんです~  (『NYアートストリートから』 文・絵 牧かほり)

三推社
優雅と快適(笑)  (『バスツアー完全ガイド』)

三省堂
お土産はお箸~  (『究極のお箸』 高橋隆太)

サンマーク出版
 
折れてなーい?  (『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』 亀田潤一郎)
 
金持ちが天国に入るよりも、らくだが針の穴を通るほうがまだやさしい(笑)  (『金持ちになる男、貧乏になる男』 スティーブ・シーボルト)
 
運者生存?  (『科学がつきとめた「運のいい人」』 中野信子)

し・し・し・し・し・し・し・し・し・し・

シーコースト・パブリッシング
みなみのしまは~  (『「裏」の沖縄「表」の沖縄』 夏石弓車)

JTB日本交通公社出版事業局・JTB・JTBパブリッシング
 
ナマステーとナマスカールから?  (『絵を見て話せるタビトモ会話 インド』 画と文 大田垣晴子 イラスト 若山ゆりこ)
日本のいたるところに?  (『鉄道構造物探見』 小野田滋)
京都にいるときゃぁー(笑)  (『源氏物語を歩く』 監修・朧谷尋 写真・日竎貞夫)
 
いにしえの倫敦のみやこのろこもーしょん?  (『英国保存鉄道』 笹田昌宏 写真・文 小池滋・巻頭文)
酔狂なんだよ(笑)  (『昭和電車少年』 実相寺昭雄)
中世的な集落と民家?  (『ヨーロピアン・ハウス探訪』 監修・鈴木博之 写真・和田久士)
おすてき(笑)  (『東海道新幹線』 須田寛)
日本のお菓子?  (『和菓子めぐり』 監修・千和加子)
 
寺社へ行ったら?  (『御朱印案内』 竹池里加子 編集)
伊勢に七たび、熊野に三たび、お多賀様には月参り~  (『元気をもらう神社旅行』 辰宮太一・文 中野晴生・Kankan・写真)
 
にれーにはくしゅいちれー?  (『お参りしたい神社百社』 監修・田中恆清 著・林豊 写真・沖宏治)
趣味なんです(笑)  (『鉄道学のススメ』 原口隆行)
 
世界の駅舎から(笑)  (『世界の駅』 三浦幹男・杉江弘)
まずは火なのか?  (『うまい!簡単アウトドア料理150』 宮崎俊哉 名須川美砂子)
たんけんたんけん~  (『七つの廃線跡』 宮脇俊三)
 
売らない、貸さない、壊さない?  (『歩きたい歴史の街並』 写真・森田敏隆 文・米山淳一)
 etc.
アウトドア?  (『すぐにできる おいしい野外料理』)
江戸-東京(笑)  (『古地図で巡る百年越えの老舗 東京』)
人も歩けば福に当たる(笑)  (『開運御利益散歩 関東周辺』)
取りあえず電車?  (『私を鉄旅につれてって』)
あまいよぉな~  (『あの人が選んだ東京手みやげ』)
ばばばば?  (『TOKYO BAR GUIDE 東京BARガイド』)
お隣は御所ぉ~  (『京の離宮と御所』)

四季出版
にぃっぽんいちのぉやまぁーっ  (『美JAPAN 富士山』 監修 河野元昭)

色心文庫
重要無形文化財保持者?  (『雅楽縹渺』 東儀俊美)

時事通信社
 
雪か?沼か?  (『裏磐梯』 新井幸人)
でも、アンダービッターの存在があるのですよ(笑)  (『消えた名画を探して』 糸井恵)
 
知性の積み立てコツコツ?理性の積み立てコツコツ? サ  (『日本でテロが起きる日』 佐藤優)
 
あるこおるるるぅ~  (『ワイン通が嫌われる理由』 レナード・S・バーンスタイン)
 
日暮れて夕波小波?  (『異国へ嫁した姫君たち』 マイケル・ケント公妃・マリー・クリスチーヌ)
ふぉーすのちからじゃ?  (『トランプ大統領とダークサイドの逆襲』 宮家邦彦)

七賢出版
にんぎょ?じぇんとる・じゃいあんと?  (『MANATEE 夢の人魚』 小原玲・堀田あけみ)

実業之日本社
 
さかなさかなさかな(笑)  (『麻布「いわ田」のごはんの魚酒の肴』 岩田修)
 
夢は野山を駆け巡る?  (『バーベキューテクニックの極意』 月刊ガルヴィ編集部・編)
情報、素材、適正価格♪  (『豪華客船クルーズ・バイブル』 喜多川リュウ)
ぴかぴか♪  (『厄落とし・厄払い大辞典』 小林祥晃)
信じる者は救われる?  (『不動の魂』 五郎丸渉・著 大友信彦・編 )
 
 業之日本社 編
おあがりやす、おくだりやす(笑)  (『京都お散歩凸凹地図』 実業之日本社 編)
タンパク質?  (『ハンディ版知っておいしい肉事典』 実業之日本社・編)
 
清・明・浄?  (『日本の祭り 知れば知るほど』 管田正昭)
 
それはやっぱり?  (『汽車旅雑学おもしろノート』 所澤秀樹)
 
 江宏樹
いのちみじかしこいせよおとめ(笑)  (『乙女の日本史 文学編』 堀江宏樹 滝乃みわこ)
天才は自分の人生に、自分以外の天才を必要としない(笑)  (『乙女の美術史 世界編』 堀江宏樹 滝乃みわこ)
やまとごころ?  (『乙女の美術史 日本編』 堀江宏樹 滝乃みわこ)
 
緑のオムレツ?  (『パンのおかず50』 村山由紀子)
 
ひかえおろぉ~(笑)  (『時代考証おもしろ事典』 山田順子)
めいてんとは…  (『マスヒロの東京ずばり百件』 山本益博・文 管洋志・写真)
 etc.
てらてら?  (『京の古寺あるき』)
しまなんです(笑)  (『てくてく歩き21 石垣・竹富・西表島&那覇』)

信濃毎日新聞社
お墓参りにまいりましょー?  (『信州あの人ゆかりの菩提寺・神社』 北沢房子・文 安藤州平・写真)

柴田書店
 
10年、100年、200年、それとも?  (『食べもの屋の昭和』 岩崎信也)
 野修三
おこめのくにから(笑)  (『季節のご飯とご飯がわり』 上野修三)
大坂の味とはとはとは?  (『なにわ味噺 口福耳福』 上野修三)
 
おいも♪  (『サラダ好きのシェフが考えたサラダ好きのための131のサラダ』 音羽和紀)
 
サクっとな(笑)  (『天ぷらの全仕事』 近藤文夫)
 
ジャガイモ先進国(笑)  (『じゃがいもフレンチ』 斉藤美穂)
 田書店
ほおむめいど?  (『みんなのおうちカレー』 柴田書店・編)
すぺしゃる?  (『丸山珈琲のスペシャルティコーヒーと、コーヒーショップの仕事』 柴田書店・編)
 
ぬるめで一杯(笑)  (『コーヒー味わいの「こつ」』 田口護)
こけこっこぉーっ(笑)  (『使える鶏肉レシピ』 丹下輝之 濱崎龍一 五十嵐美幸)
 
まめはまめ(笑)  (『コーヒーのテースティング』 堀口俊英)
 
水菓子だけじゃないんです(笑)  (『日本料理デザート曼荼羅』 丸田明彦)
仏料理という個性?  (『基本をきわめるフランス料理』 三谷青吾)
和、和、和?  (『ホントは知らない 日本料理の常識・非常識』 村田吉弘)
 
肉喰いねぇ(笑)  (『使える牛肉レシピ』 吉岡英尋 有馬邦明 菰田欣也 金順子)
 etc.
クリスマスディナー?  (『日本の洋食』)
ぴっつぁいおーろ?  (『ピッツァ プロが教えるテクニック』)
和食の心得、その幾つ(笑)  (『魯山人と星岡茶寮の料理』)
ご飯と煮汁?  (『カレーのすべて プロの味、プロのテクニック』)
やはりここはマンマの味っ(笑)  (『イタリア料理』)
北から南から(笑)  (『Bakery book』)
ハムか?卵か?それとも…  (『サンドイッチノート』)

清水書院
これもやはりあいですかい?  (『エドガー=A=ポー』 佐渡谷重信)

社会評論社
見上げてごらん(笑)  (『超高層ピピル』 中谷幸司)

ジャストシステム
そこに酒があるならば?  (『ニッポン酒紀行』 江口まゆみ)

ジャパンタイムズ
めりーごーらうんど?  (『通訳という仕事』 原不二子)

集英社
 
れいるうぇいまにあ?  (『機関車トーマスと英国鉄道遺産』 秋山岳志)
プロフェッショナル♪  (『若き女職人たち』 阿部純子 伊藤なたね・写真)
あんびりーばぼぉ(笑)  (『荒俣宏の20世紀世界ミステリー遺産』 荒俣宏)
花と縞(笑)  (『わたしの布のほん』 伊藤まさこ)
哲学も信仰も成人しか担うことができない…  (『一神教と国家』 内田樹 中田考)
波牟~?  (『パンと麺と日本人』 大塚滋)
 
ばらんすおぶぱわー?  (『情念戦争』 鹿島茂)
おーさかじん?  (『おもろいやないか』 片山修)
じぇんとるまん?  (『紳士の国のインテリジェンス』 川成洋)
正義よ、あれかし。世の悪人どもすべてが滅びようとも(笑)  (『永遠平和のために』 カント)
 
選択?選択(笑)  (『紫式部の欲望』 酒井順子)
ほーせきってなんだ?  (『ももこの宝石物語』 絵・文 さくらももこ)
わらってゆるして?  (『世界と闘う「読書術」』 佐高信 佐藤優)
合縁奇縁~  (『櫻よ』 佐野藤右衛門 聞き書き・小田豊二)
ノーブレス・オブリージュとコンコルディアと  (『ローマから日本が見える』 塩野七生)
つねに庶民の方を向け(笑)  (『世にもおもしろい狂言』 茂山千三郎)
さいごく~  (『神と仏の道を歩く』 神仏霊場会・編)
 
そういうものなんだよ(笑)  (『人生はマナーでできている』 高橋秀実)
偽善者とは、自分に当てはめようとしない基準を他人に押しつける人のことだ…  (『メディア・コントロール』 ノーム・チョムスキー)
北斎に始まり、北斎に終わる?  (『奇想の江戸挿絵』 辻惟雄)
つつがなきや?  (『昭和の三傑』 堤尭)
おとこのこものがたり?  (『対論 筑紫哲也 このくにの行方』 TBSニュース23製作スタッフ編)
 
 沢新一
みはみどりのみ?  (『緑の資本論』 中沢新一)
エネルゴロジー、エネルゴロジー…  (『日本の大転換』 中沢新一)
 
 
おすすめはどこ(笑)  (『駅弁学講座』 林順信・小林しのぶ)
明日にああ繋がる今日位ぃー(笑)  (『分断されるアメリカ』 サミュエル・ハンチントン)
 本治
毎度バカバカしいお話を一席…  (『バカになったか、日本人』 橋本治)
自分の無能を認めて許せよ(笑)  (『「わからない」という方法』 橋本治)
経世済民とふふふ…(笑)  (『乱世を生きる 市場原理は嘘かもしれない』 橋本治)
女だって色々、咲き乱れるの(笑)  (『日本の女帝の物語』 橋本治)
 
元祖、日本の知識人達?  (『江戸の旅日記』 ヘルベルト・プルチョウ)
事実をありのままに書けば、おかしな話になるという?  (『ドクター・ヘリオットの猫物語』 ジェイムズ・ヘリオット)
人生とは旅であり?旅とは人生である??  (『旅する哲学』 アラン・ド・ボトン)
ろまねこんてぃ1947?  (『ワインの自由』 堀賢一)
 
三角、俵、それとも…  (『おむすびころりん』 雅姫)
みたみたみた?  (『とんまつりJAPAN』 みうらじゅん)
パラダイムシフトを待ちながら?  (『資本主義の終焉と歴史の危機』 水野和夫)
ふっとぼーるというせかい…  (『日本式サッカー革命』 セバスチャン・モフェット)
この道はいつか来た道?  (『女三人シベリア鉄道』 森まゆみ)
 
あもーれ、かんたーれ、まんじゃーれ(笑)  (『行正り香の旅で出会ったイタリアン』 行正り香)
誰もが探検家になれる時?  (『吉村作治の世界博物探検記』 吉村作治)
女の悪口を男が言えば嫌味になるが、男の悪口を女が言うと芸になる?  (『米原万里の「愛の法則」』 米原万里)
 etc.
大人だもの(笑)  (『美味しい&愉しい大人の京都』)
夏バテには肉でしょお(笑)  (『肉料理の百変化』)
ほたるのたまご?  (『一流シェフのお取り寄せ』)
春は筍(笑)  (『別冊メイプル 京都食楽手帖』)

集英社インターナショナル
 
生物が世代を継続して進化していくこと?  (『進化論の最前線』 池田清彦) 
 サ
視線の行方?  (『ローマで語る』 塩野七生 アントニオ・シモーネ)
この世をばわが世とぞ思ふ望月のかけたることもなしと思へば…  (『痛快!寂聴源氏塾』 瀬戸内寂聴)

自由国民社
 
お茶と一緒に(笑)  (『こころに響く感動のお菓子』 硬派菓士の会 編)
 
かたちあるもの(笑)  (『欧州ヨーロッパのドボクを見に行こう』 八馬智)

秀和システム
 
盤石、堅固、永遠性?  (『日本のパワースポット案内 巨石巡礼50』 岡田謙二 編著)
 
140年の昔から(笑)  (『最新 鉄道業界の動向とカラクリがよーくわかる本』 佐藤信之)
 
買いねぇ、買いねぇ(笑)  (『図解!売れる色の法則』 高坂美紀)

朱鳥社
うーみーよぉぉぉ  (『さかなと海 日本海道ぐるっと3万キロ』 森茂紀)

出版文化社
世界の地酒?  (『完全地ビール公式ガイド』 JBA全国地ビール醸造者協議会・監修)

出帆新社
日本人の間違ったカレー観を正す?  (『インドごはん』 香取薫 イラスト・伊藤武 写真・谷本夏)

主婦と生活社
 
かわいいは正義(笑)  (『かわいくておいしい』 伊藤まさこ 渡辺有子)
定番?定番?  (『根菜おかずと豆おかず』 枝元なほみ)
お気に(笑)  (『NHKサラメシあの人が愛した昼めしの店』 NHK「サラメシ」制作班(編))
だって、男の子だもん(笑)  (『「男」お洒落指南』 落合正勝)
 
今日はカレーよ(笑)  (『喝采!家カレー』 東京カレ~番長 水野仁輔)
うららうらら…  (『裏血液型占い』 美掘真利)
 etc.
冬は屋台?  (『温めて健康に!鍋料理&薬味だれ150』)
身近なものたち~  (『北欧の道具と暮らしたい。 美しい部屋別冊』)

主婦の友社
 
 澤清美
取り敢えず、漬けとく?  (『野菜たっぷりの漬け物レシピ』 石澤清美)
カロリーの誘惑(笑)  (『 ❤ LOVE CHEESE CAKES 大好き!チーズケーキ』 石澤清美)
 
古いというより新しい?  (『上野朝子のニューヨークで見つけた心地いい暮らし』 上野朝子)
手芸?  (『かわいい革雑貨』 内田理恵 ひろはたゆうこ)
グレイビー、クランベリー、ホースラディッシュ、アップル、ミント?  (『ホントはおいしいイギリス料理』 エリオットゆかり)
おもたせは?  (『奥薗壽子の京都おいしいもん大好き!』 奥薗壽子)
 
かわいいは正義っ(笑)  (『かわいいお取り寄せ』 甲斐みのり)
のっけて?のっけて(笑)  (『笠原将弘の絶品和どんぶり』 笠原将弘)
 貝谷郁子
黒潮に乗ったイタリアン?  (『和イタリアンのレシピノート』 貝谷郁子)
魚焼くぞぉーっ(笑)  (『魚焼きグリルで早うまレシピ』 貝谷郁子)
 
それが一番大事(笑)  (『美しいパスタ』 久保香菜子)
湯煙が目に沁みる(笑)  (『日本の名湯100選』 監修・NPO法人健康と温泉フォーラム)
 
にっぽんのそうるふうど?  (『昔ながらの漬け物』 酒井玲子)
毎日一杯?  (『デトックス・ベジフルジュース』 庄司いずみ)
 成二葉
おうちサイドで朝食を?  (『サラダ&ブレッドカフェ  料理・祐成二葉)
真夏のシチュー?  (『スープカフェ』 祐成二葉)
 ュウ・ドゥ・ポゥム
なちゅらる(笑)  (『北欧と英国のアーティストたちの庭』 ジュウ・ドゥ・ポゥム)
本を探しに~  (『パリの本屋さん』 ジュウ・ドゥ・ポゥム)
ぐりーんふぃんがーのいるところ~  (『ロンドンのガーデニング』 ジュウ・ドゥ・ポゥム)
でんではなくきっちん~  (『ストックホルムのキッチン』 ジュウ・ドゥ・ポウム)
 主婦の友社 編著
足して足して?  (『うちのごちそうカレー』 主婦の友社・編)
夏は野菜?  (『作りおきサラダ』 主婦の友社・編著)
 
白くて四角い?  (『めんどうなことなし!いちばん簡単なとうふレシピ』 瀬尾幸子)
真夏ならばこれでしょー(笑)  (『世界と日本のビール図鑑』 世界のビール博物館・監修)
 
もぐもぐ♪  (『東京もぐもぐおいしいもの探し』 たかはしみき)
RTW…だかららうんどざわあるどやねん(笑)  (『世界の「航空会社」物語』 谷川一巳)
定番の中の定番?  (『ハイカラおばあちゃんのおやつ』 土井信子)
 
美味しい、楽しい、嬉しい(笑)  (『贈り物歳時記』 平松洋子)
 ラン・ビーズ+ーバラ・ビーズ
男も色々、女だって色々(笑)  (『セックスしたがる男、愛を求める女』 アラン・ビーズ+バーバラ・ビーズ)
鍵、靴下、冷蔵庫のバター?  (『言葉でわかる「話を聞かない男、地図が読めない女」のすれ違い』 アラン・ピーズ バーバラ・ピーズ)
 
食卓にひとつ~  (『チーズの選び方楽しみ方』 監修・本間るみ子)
 
食ったどぉーっ(笑)  (『"お疲れ女子"お助けレシピ』 医学・栄養学監修 松村圭子 栄養・料理指導 清水紀子)
ぱっぱっぱっと~  (『30秒で至福のパスタ』 望月利一)
 ヤ
愛っあなたと二人(笑)  (『恋のかけひき』 山口仲美)
藤波の咲き行く見れば霍公鳥鳴くべき時に近づきにけり?  (『四季の花便利帳』 監修・山田幸子)
 etc.
グリーンパラダイス?  (『最新はじめての観葉植物Q&A』)
究極の効率化?  (『台所道具の本』)
にっぽんのふぁすとふーど?  (『おにぎりパラダイス』)
関東風なのか?関西風なのか?  (『決定版 あつあつ!人気のなべもの101』)
行ってみよー?  (『東京美味しい個室のレストランガイド』)

春秋社
 
本来的自己?  (『イエスとはなにか』 笠原芳光 佐藤研 荒井献 吉本隆明 岡井隆 木下長宏 磯山雅)
あきゅーとあのみーあきゅーとあのみー…  (『生きる幻想死ぬ幻想』 岸田秀 小滝透)
 
永遠に再生しつつある伝統…  (『ヒンドゥー教』 シベール・シャタック)
草原の祈り…  (『モンゴル仏教紀行』 菅沼晃)
 
たえず空(笑)  (『良寛』 吉本隆明)

春風社
はーとはーとはーと(笑)  (『横浜の時を旅する』 山崎洋子)

旬報社
 
歩く芳香剤?  (『香りの源氏物語』 嶋本静子)
 
人形劇とは…  (『豊竹咲甫太夫と文楽へ行こう』 豊竹咲甫太夫 協力・長峯英子)
 
満月の夜?  (『げっしょく』 中西昭雄・写真 えびなみつる・文)

翔泳社
 
食の殿堂?  (『みんなの機内食』 機内食ドットコム・Rikiya)
 
ジュネプリュファン?  (『パリのおいしい店案内』 とのまりこ)

小学館
 
探訪の京?  (『源氏物語を行く』 文・秋山けん 写真・中田昭)
非日常の愉しみ?  (『いくぞ!オペラな街』 朝岡聡)
県を超え行こぉよ?  (『県民性の法則』 葦田万)
公器?公器(笑)  (『TV博物誌』 荒俣宏)
ご飯、ご飯~  (『上方食談』 石毛直道)
身近な品々~  (『犬養智子の私の見つけたいい品好きな品』 犬養智子)
食いに行くぞぉ(笑)  (『ぐうなび』 大田垣晴子)
明日も音楽っ~  (『楽都ウィーンの光と陰』 岡田暁生)
きらきら?  (『失敗しない宝石選び』 岡本憲将)
NYへ行きたいかぁーっ(笑)  (『世界最高のホテル プラザでの10年間』 奥谷啓介)
華麗なる一族…  (『華族家の女性たち』 小田部雄次)
 合正勝
見かけと粋とドレスコード?  (『「紳士」と呼ばせる服装術』 落合正勝)
いつでもいっしょ?  (『持つべき男の小道具30』 落合正勝)
 
腹が減っては戦は出来ぬ(笑)  (『海自レシピ お艦の味』 協力・海上自衛隊)
涼菓?  (『東京 和のおやつどき』 春日一枝 名久井直子)
 合隼雄
薫衣草のかほり(笑)  (『紫マンダラ』 河合隼雄)
脱グローバリゼーションという普遍性?  (『物語を生きる』 河合隼雄)
 
古き良き、古き良き?  (『英国で一番美しい風景湖水地方』 木谷朋子・文 辻丸純一・写真)
うどんの東?  (『さぬきうどん偏愛』 小石原はるかと極東うどん喰え喰え団(蓮見壽+みずのじんすけ))
隕石はどこに(笑)  (『ロンドン・デイズ』 鴻上尚史)
ぎょ、ご、お、おん、み?  (『図説 天皇家のしきたり案内』 「皇室の20世紀」編集部・編)
 
焼きそば天国?  (『焼きそばうえだ』 さくらももこ)
一食入魂(笑)  (『池波正太郎が愛した味』 佐藤隆介)
新しい、懐かしい?  (『カルティエ時計物語』 「サライ」「ラピタ」編集部)
かみさまの言うとおり~  (『神様手塚を読む』 小学館文庫編)
 
0系よ、永遠なれ~  (『新幹線をつくった男 島秀雄物語』 高橋団吉)
こころのきよらかさをみがくための作庭とは(笑)  (『「日本庭園」の見方』 田中昭三 「サライ編集部」編 監修・斎藤忠一)
米と酒?  (『米作りからこだわるとっておきの名酒』 田中宏幸 「サライ」「ラピタ」編集部編)
いんふらすとらくちゃーっ(笑)  (『イギリスの近代化遺産』 文・田中亮三 写真・増田彰久)
そこにあるもの…  (『神社の見方』 外山晴彦 「サライ」編集部 編)
酒の肴になる日まで?  (『話のつまらない男に殺意を覚える』 ドレミファガール・編)
 
千差万別?  (『おじさん図鑑』 画・文 なかむらるみ)
百花繚乱♪  (『イタリア野菜のABC』 長本和子)
 
つまり、つまる?  (『つまらない手みやげですが』 葉月二十一)
行ってみたいと思いませんかぁ(笑)  (『旅先で寄る奇想博物館』 塙ちと・編)
ロマンチック・サスペンス・サクセス・ストーリー?  (『誰も教えてくれなかった「源氏物語」本当の面白さ』 林真理子 山本淳子)
象の耳?  (『日本語ぽこりぽこり』 アーサー・ビナード)
 田由紀子
まんじゅうこわい?  (『老舗饅頭』 本田由紀子)
そうだっカニを食べに行こう!  ({『カニ食大図鑑』 本田由紀子・サライ編集部編)
 
すていしょん?  (『驛の記憶』 真島満秀・写真 山田啓介・詞)
正しき人達の群れ(笑)  (『日本の未来について話そう』 マッキンゼー・アンド・カンパニー責任編集)
そうだ旅に出よ~  (『大日本道楽紀行』 松山猛)
眠れる森の?  (『眠る鉄道』 丸田祥三)
正装と日常と…  (『江戸のきものと衣生活』 丸山伸彦 編著)
ほーほー  (『日本列島ホタル前線の旅』 宮嶋康彦)
かたちあるもの…  (『近代建築散歩 京都・大阪・神戸編』 宮本和義・アトリエM5)
 好和義
にほんのおやど~  (『和の楽園「日本の宿」』 三好和義)
どこかのどこか~  (『ホテル楽園 世界旅行』 三好和義)
ぱらだいすっ!  (『HOTEL楽園オリエンタルリゾート』 三好和義)
 
旅ゆけば~  (『平成食の風土記 日本の旅ごはん』 向笠千恵子)
まつりだまつりだーっ  (『京都の祭り暦  森谷尅久・編 中田昭・写真)
 
それで今どの位あるのだろ?  (『フランス世界遺産の旅』 山田和子・文 21st Century Library・写真)
 内史子
やかただぞーっ(笑)  (『英国貴族の館に泊まる』 文・山内史子 写真・松隈直樹)
ふぁんたじーにあおー  (『英国ファンタジー紀行』 文・山内史子 写真・松隈直樹)
 
文化の中の丼の中(笑)  (『旅の尻尾』 横田耕治)
YK-35って?  (『日本酒案内』 吉沢実祐 監修・松崎晴雄・西野亮)
はうりんぐ?  (『賞味期限知らず』 吉田照美 アーサー・ビナード)
 養老孟司
いきとしいけるもの…  (『ねこバカ×いぬバカ』 養老孟司 近藤誠)
いいことは人に知られないようにやりなさい。  (『養老孟司の旅する脳』 養老孟司)
 etc.
西にも東にも(笑)  (『世界美術館の旅』)
どん底なら穴を掘れ(笑)  (『25歳の補修授業』)
不退の行法または春よ来い(笑)  (『東大寺お水取り』)
さかなのえ?  (『魚の手帖』)
牛肉食わねば開化不奴?  (『サライ』 2008/10/16号)

小学館クリエイティブ
はっぶるはっぶる(笑)  (『ハッブル宇宙望遠鏡25年の軌跡』 沼澤茂美 脇屋奈々代 共著)

裳華房
 
ちょうちょ~ちょうちょ~  (『チョウと共に生きる』 阿江茂)
 
そこに道具があるからだ(笑)  (『スポーツグッズの科学』 小山義之)

祥伝社
 
赤い誘惑(笑)  (『いちごスウィーツ』 いがらしろみ)
れみにせんすこーか(笑)  (『脳はなにかと言い訳をする』 池谷裕二)
せーかいはひぃとつぅー?  (『日本全国「ヨイショ」のツボ』 岩中祥史)
 
そうだ温泉に行こう(笑)  (『温泉の底力』 小池静一)
食魔亭フルスロットル(笑)  (『「食魔亭」日録』 小泉武夫)
取りあえず歩いとけ(笑)  (『京都をてくてく』 文と絵 小林由枝)
 
花鳥風月桜富士山(笑)  (『雪月花の数学』 桜井進)
タバカムとルスチカ?  (『グレート・スモーカー』 祥伝社新書編集部・編)
 
 口治明
カルペ・デイエム?  (『仕事に効く教養としての「世界史」Ⅱ』 出口治明)
自分が生まれる前のことについて無知でいることは、ずっと子どものままでいること(笑)  (『仕事に効く教養としての「世界史」』 出口治明)
 
 
とてつもない京都(笑)  (『とっておき京都』 中村嘉男 絵・すげさわかよ)
ろいやるぶらんど?  (『皇室御用達ものがたり』 日本文化再発見研究室)
 
継続の保持と一大改革の並存(笑)  (『日本人とは何か。』 山本七平)

松柏社
きんぐす・すぽぉつ?  (『競馬の文化誌』 山本雅男)

昭文社
 
ほかほか(笑)  (『岸本葉子の根菜ごはんのすすめ』 岸本葉子)
 etc.
祝、聖地♪  (『ことりっぷ 大阪』)

晶文社
 
 内了
想定外と無用の用…  (『生きのびるための科学』 池内了)
これで、我々は全員悪党だよ…  (『禁断の科学』 池内了)
ズルズルやん、ズルズルやんか(笑)  (『ヤバンな科学』 池内了)
 
ほっちっちっかもてなや?  ぼくの東京案内  植草甚一
中今?  (『家具の本』 内田繁)
 田樹
のろいののろい(笑)  (『街場の憂国会議』 内田樹 編)
ふつうのひとびと?  (『「おじさん」的思考』 内田樹)
 
東京と言うより江戸なのか?  (『J.C.オオザワの古き良き東京を食べる』 J.C.オオザワ)
 
解説の解説?  (『解説屋稼業』 鹿島茂)
古典籍、古書、古本…  (『私の神保町』 紀田順一郎)
せんろはつづく?  (『鉄道世界旅行』 小池滋 絵・鈴木伸一)
ぴあのぴあの(笑)  (『グレン・グールドとの対話』 ジョナサン・コット)
 
水で割らなくてもアメリカン?  (『世界を変えた野菜読本』 シルヴィア・ジョンソン)
 
へんしゅーって?  (『読書欲編集欲』 津野梅太郎)
 ィータイム・ブックス集部編
飲み物なのか?食べ物なのか(笑)  (『チョコレートの本  ティータイム・ブックス編集部編)
ティータイムよ、永遠なれ(笑)  (『世界のお茶 ふだんのお茶』 ティータイム・ブックス編集部編)
うつくぅしぃ~  (『美しい書物の話』 アラン・G・トマス)
 
わわわいん~  (『ソムリエという仕事』 細川布久子)
 
そして本は巡る?  (『パブリッシャー』 トム・マシュラー)
 
すわろーっ!  (『椅子と日本人のからだ』 矢田部英正)

情報センター出版局
 
 井幸子
やっぱ肉なのか(笑)  (『韓国まんぷくスクラップ』 浜井幸子)
へんはおち?  (『中国まんぷくスクラップ』 浜井幸子)
 
さんくちゅあり?  (『ニッポン聖地案内』 松岡絵里)

松籟社
真理がわれらを自由にする又はいつでもどこでもだれにでも。  (『読書三到』 紀田順一郎)

女子栄養大学出版部
寺で食べる?  (『禅寺のおばんざい』 西川玄房)

書籍情報社
 花隆
と・あぺいろんって何だ?  (『エーゲ 永遠回帰の海』 立花隆 写真・須田慎太郎)
過去からの手紙?  (『思索紀行』 立花隆)

而立書房
記号論とは嘘をいうために利用しうるあらゆるものを研究する学問である(笑)  (『ウンベルト・エコ インタヴュー集 記号論、「バラの名前」そして「フーコーの振り子」』 L・パンコルボ T・シュタウザー C・ノーチボーム)

新紀元社
いえす、うぃ、きゃん(笑)  (『真田一族』 相川司)

新教出版社
この道はいつか来た道(笑)  (『神学部とは何か』 佐藤優)

新講社
 
すしくいねぇ~  (『江戸前寿司一の一の店を行く』 嵐山光三郎)
アンドロゲンの言う通りぃー(笑)  (『男の脳は「欠陥脳」だった』 大島清)
 
新宿三丁目と言えば?  (『伊勢丹セラピー』 4コママンガ・エッセイ 小林光恵)

シンコー・ミュージック
つー訳で…  (『LED ZEPPELIN』 デイヴ・ルイス)

新思索社
体裁の良い世界観?  (『社会学への招待』 P.L.バーガー)

新宿書房
 
 ッド・スタンガー
リサーチとかスカウティングって何だろぉ?  (『なんだこりゃ!アメリカ人』 テッド・スタンガー)
無用な法律は、必要な法律をダメにする…  (『なんだこりゃフランス人』 テッド・スタンガー)
 
冬が来た♪  (『アイルランド冬物語』 アリス・テイラー)
 
元祖健康食品?  (『牛乳と日本人』 雪印乳業広報室編)
そーだ、お寺に泊まろー(笑)  (『お寺に泊まる京都散歩』 吉田さらさ)

新書館
 
みためがすべて(笑)  (『アラマタ美術誌』 荒俣宏)
 
おうちのなかのおうち?  (『ヨーロッパ名家101』 樺山紘一 編)
 田秀
アンバランスのバランス?  (『「悲しみ」という感情』 岸田秀)
プロパガンダとコマーシャル?  (『嘘だらけのヨーロッパ製世界史』 岸田秀)
 
 
オマージュ(笑)  (『シネマ今昔問答』 和田誠)

㈱新人物往来社
 
ひろげてごらん?  (『戦国武将の合戦図』 小和田哲男 監修)
 
スマートで、目先が利いて、几帳面、負けじ魂、これぞ艦乗り(笑)  (『海上自衛隊のめちゃうまカレーレシピ48』 協力・海上自衛隊)
 
 人物往来社・編
君の名は(笑)  (『源氏物語絵巻』 新人物往来社 編)
人の御世話にならぬ様。人の御世話をする様に。そして報いをもとめぬ様…  (『日本全国ユニーク個人文学館・記念館』 新人物往来社・編)
収蔵点数、800万?  (『大英博物館』 新人物往来社 編)
 
 
みえますかぁー(笑)  (『戦国武将の肖像画』 二木謙一 須藤茂樹)
 
時間よりどこなのか(笑)  (『時刻表の謎』 三宅俊彦)
 
命短し恋せよ乙女?  (『恋する日本史』 山名美和子)
 etc.
永遠の今を千年?  (『源氏物語への招待』)
お姫様の出番?  (『ヨーロッパ 名家と令嬢物語』)

新星出版社
 ア
ボーノボーノボーノ(笑)  (『おいしいイタリア料理の教科書』 青木敦子)
 
おふらんすのかほり(笑)  (『イチバン親切なフランス料理の教科書』 川上文代)
 
とんでけとんでけとんでけ(笑)  (『ボールのひみつ』 新星出版社編集部 編)
 
シンプルで奥深い?  (『味わい深い豆腐料理』 中島貞治)

新泉社
大阪の空の下?  (『天下統一の城 大阪城』 中村博)

新潮社
 
全ロンドンが舞台(笑)  (『シェイクスピアのロンドン』 青山誠子)
米国ではない、どこか(笑)  (『菊とポケモン』 アン・アリスン)
そこに山が…  (『山男にみる生き方の研究』 A・アルヴァレズ)
水平で垂直?  (『ル・コルビュジエの勇気ある住宅』 安藤忠雄)
人の作った料理はおいしい(笑)  (『あの人の食器棚』 伊藤まさこ)
たてものたてもの~  (『名建築に泊まる』 稲葉なおと)
日本文明?  (『ニッポンの評判』 今井佐緒里・編)
京都人は美しい檻に住んでいる…  (『怖いこわい京都』 入江敦彦)
 田清彦
常に問うのは、差?  (『この世はウソでできている』 池田清彦)
自然のあとさき…  (『ほんとうの復興』 池田清彦 養老孟司)
ヘルシー・デッド(笑)  (『正義で地球は救えない』 池田清彦 養老孟司)
あまねく、あまねく…  (『38億年生物進化の旅』 池田清彦)
一番じゃなきゃいけないんですかぁー(笑)  (『分類という思想』 池田清彦)
マスメ○ィアを一緒に輪になって踊ろっ(笑)  (『ほんとうの環境問題』 池田清彦 養老孟司)
 波正太郎
美味しいは正義っ(笑)  (『食卓の風景』 池波正太郎)
昔懐かしい味?  (『剣客商売包丁ごよみ』 池波正太郎 料理・近藤文夫)
真夏の鍋(笑)  (『男の作法』 池波正太郎)
日本のノスタルジー?  (『味と映画の歳時記』 池波正太郎)
シチューの付け合せ(笑)  (『むかしの味』 池波正太郎)
風さそふ花よりも猶…  (『男の系譜』 池波正太郎)
ですかばーえど?  (『江戸切絵図散歩』 池波正太郎)
 
 田樹
百才あって、一誠足らず(笑)  (『呪いの時代』 内田樹)
辺境人で行こー(笑)  (『日本辺境論』 内田樹)
 
中の人しかいない(笑)  (『中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?』 NHK-PR1号)
ゆゆゆゆゆ~  (『物見遊湯』 太田垣晴子)
べじたりあん?べじたりあん(笑)  (『サラダ野菜の植物史』 大場秀章)
ぷらりねじゃないのぷらりーぬ~  (『ショコラが大好き!』 小椋三嘉)
日本にはクルマがある(笑)  (『クルマ界のすごい12人』 小沢コージ)
終わるまではすべてが起こりうる…  (『日本人よ!』 イビチャ・オシム)
 
めんくいっ?  (『イケ麺!』 文・写真 勝谷誠彦)
野生のそれは~  (『ペンギン大好き!』 川端裕人)
 鹿島茂
相続は財産を浄化する(笑)  (『蕩尽王、パリをゆく』 鹿島茂)
巴里においでませ(笑)  (『パリの日本人』 鹿島茂)
 合隼雄
恋が真か、真が恋か(笑)  (『とりかへばや、男と女』 河合隼雄)
あなたのねこはどんなねこ(笑)  (『猫だましい』 河合隼雄)
 
未来のあなた?未来のわたし??  (『クローン人間』 響堂新)
街の中の街?  (『私の銀座』 「銀座百点」編集部・編)
みってるしゅたんと?  (『あっぱれ技術大国ドイツ』 絵と文 熊谷徹)
三界に一人の罪人でもあれば悉く自分の責である…  (『出家とその弟子』 倉田百三)
筆舌に尽くし…  (『発酵する夜』 小泉武夫)
それでも身体は動く(笑)  (『身体から革命を起こす』 甲野善紀 田中聡)
ふらんすへいきたしとおもえども?  (『文豪たちの大陸横断鉄道』 小島英俊)
 林秀雄
利口な奴はたんと反省するがよい。私は馬鹿だから反省なぞしない(笑)  (『モオツァルト・無常という事』 小林秀雄)
千篇一律(笑)  (『人間の建設』 小林秀雄 岡潔)
朝日ににほふ山さくら花?  (『本居宣長 上下』  小林秀雄)
 
どこでもご飯?  (『戦場でメシを食う』 佐藤和孝)
全世界が舞台っ(笑)  (『炭素文明論』 佐藤健太郎)
あんまりにもうまそうに書き過ぎるんだよなァ先生は…(笑)  (『池波正太郎の食卓』 佐藤隆介・文 近藤文夫・和食 茂出木雅章・洋食)
 西原理恵子
のたりのたりかな(笑)  (『とりあたまGO モンスター襲来』 西原理恵子 佐藤優)
だっだぁーんっ(笑)  (『とりあたま大学 世界一ブラックな授業!編』 西原理恵子 佐藤優)
建前と本音?  (『サイバラの部屋』 西原理恵子)
あれは3年前?  (『とりあたま帝国 右も左も大集合!』 西原理恵子 佐藤優)
コラボは化学反応の夢を見るか?  (『週刊とりあたまニュース』 西原理恵子 佐藤優)
しきしまの大和心のをゝしさはことある時ぞあらはれにける…  (『とりあたまJAPAN 日はまた昇る!編』 西原理恵子 佐藤優)
 井寛
のりものの定義?  (『世界乗り物いろいろ事典』 櫻井寛)
とりあえず世界一周?  (『今すぐ乗りたい!世界名列車の旅』 櫻井寛)
 藤優
係争の地は指導者の器量を洗いだす(笑)  (『動乱のインテリジェンス』 佐藤優 手嶋龍一)
丹色の習作?  (『インテリジェンス人間論』 佐藤優)
少年よ、大志を抱け?  (『紳士協定』 佐藤優)
 
年に一度の狂乱は許されるべし?  (『パンのようにおいしいイタリア人』 アレッサンドロ・G・ジェレヴィーニ)
この世は夢幻の間…  (『戦国武将の死生観』 篠田達明)
旅は宿から(笑)  (『こころを癒す自然の宿』 シンラ編集部編)
とりとりどりどり?  (『カラスの早起き、スズメの寝坊』 柴田敏隆)
人生の中為切(笑)  (『ワインをめぐる小さな冒険』 柴田光滋)
日本には桜がある(笑)  (『夜桜』 清水洋志)
夢のあとさき?  (『奇想遺産Ⅱ』 鈴木博之・藤森照信・隈研吾・松葉一清・木村伊量・竹内敬二・山盛英司)
健康食とダイエット(笑)そしてビジネス…  (『スローフードな人生!』 島村菜津)
うさぎうさぎ(笑)  (『月のかぐや』 JAXA宇宙航空研究開発機構・編)
君よ知るや西の国々(笑)  (『小林秀雄 美と出会う旅』 白州信哉・編)
歴史的事実は共有できるが、歴史認識は共有できない(笑)  (『塩野七生「ローマ人の物語」スペシャル・ガイドブック』 新潮社出版企画部編)
 野七生
海賊というテロ?  (『ローマ亡き後の地中海世界 4』 塩野七生)
大局は?  (『ローマ亡き後の地中海世界 3』 塩野七生)
海は誰のもの?  (『ローマ亡き後の地中海世界 2』 塩野七生)
泥沼には泥沼の戦い方がある?  (『ローマ亡き後の地中海世界 1』 塩野七生)
諸行無常の響きあり?  (『ローマ人の物語 43 ローマ世界の終焉 下』 塩野七生)
お神輿が上がる時?  (『ローマ人の物語 42 ローマ世界の終焉 中』 塩野七生)
セレネッシマ?  (『ヴェネツィア物語』 塩野七生 宮下規久朗)
ローマの休日?  (『ローマ人の物語 41 ローマ社会の終焉 上』 塩野七生)
世紀末?  (『ローマ人の物語 40 キリストの勝利 下』 塩野七生)
真の反逆者とは何か?  (『ローマ人の物語 39 キリストの勝利 中』 塩野七生)
流れに乗るか、流れに逆らうか、流れから身を引くか?  (『ローマ人の物語 38 キリストの勝利 上』 塩野七生)
人間の馬鹿さ加減には限界があると信じている(笑)  (『人びとのかたち』 塩野七生)
私心と私欲(笑)  (『ローマ人の物語 37 最後の努力 下』 塩野七生)
権力とは己の頭上だけに(笑)  (『ローマ人の物語 36 最後の努力 中』 塩野七生)
インクの滴り?  (『ローマの街角から』 塩野七生)
国破れずに増税あり(笑)  (『ローマ人の物語 35 最後の努力 上』 塩野七生)
力に関与しなくなれば統治力も失われる…  (『ローマ人の物語 34 迷走する帝国 下』 塩野七生)
見たい、知りたい、分かりたい(笑)  (『ルネサンスとは何であったのか』 塩野七生)
神がそれを望んでおられる…  (『絵で見る十字軍物語』 塩野七生 絵・ギュスターヴ・ドレ)
分離し、統治せよ。  (『ローマ人の物語 33 迷走する帝国 中』 塩野七生)
どんな悪い結果におわったことでも、それがはじめられたそもそもの動機は、善意によるものであった…  (『ローマ人の物語 32 迷走する帝国 上』 塩野七生)
魚は頭から腐る…  (『ローマ人の物語 31 終わりの始まり 下』 塩野七生)
ローマ人の間で生じた問題は、ローマ人以外の者どもの関与することではない…  (『ローマ人の物語 30 終わりの始まり 中』 塩野七生)
公正に善良に行動すること、のみが求められているときが来ている(笑)  (『ローマ人の物語 29 終わりの始まり 上』 塩野七生)
エスプリの中のエスプリ?  (『イタリア遺聞』 塩野七生)
民衆は抽象的なことに対しては判断を誤っても、具体的な形で示されれば正しい判断を下す能力をもつ(笑)  (『ローマ人の物語 28 すべての道はローマに通ず 下』 塩野七生)
必要な大事業、人間が人間らしい生活をおくるためには(キパッ)  (『ローマ人の物語 27 すべての道はローマに通ず 上』 塩野七生)
愛あればこそぉーっ(笑)  (『愛の年代記』 塩野七生)
君よ、知るや、南の国?  (『イタリアからの手紙』 塩野七生)
他者が考えるのと同じことを考えていたのでは絶対に勝てない(笑)  (『想いの軌跡1975-2012』 塩野七生)
一貫していないということでは一貫していた(笑)  (『ローマ人の物語 26 賢帝の世紀 下』 塩野七生)
イン・エクストレミス?  (『ローマ人の物語 25 賢帝の世紀 中』 塩野七生)
残念ながらわれわれは、善人からよりも、悪人からより多く学ぶものである(笑)  (『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』 塩野七生)
まれなる幸福な時代(笑)  (『ローマ人の物語 24 賢帝の世紀 上』 塩野七生)
共和国よ、永遠なれ…  (『海の都の物語 下』 塩野七生)
海に向かって走れぇ(笑)  (『海の都の物語 上』 塩野七生)
権力はそれを持たない者を消耗させる…  (『サイレント・マイノリティ』 塩野七生)
ヴィルトゥ、フォルトゥーナ、ネチェシタ(笑)  (『わが友マキアヴェッリ』 塩野七生)
リーダーの条件(笑)  (『ローマ人の物語 23 危機と克服 下』 塩野七生)
かわいそうなオレ、神になりつつあるようだよ(笑)  (『ローマ人の物語 22 危機と克服 中』 塩野七生)
泣くの?笑うの?闘うの(笑)  (『ルネサンスの女たち』 塩野七生)
ライン川とドナウ川?  (『ローマ人の物語 21 危機と克服 上』 塩野七生)
ば〇かんさまはみてる(笑)  (『神の代理人』 塩野七生)
どの不如帰にしますか(笑)  (『ローマ人の物語 20 悪名高き皇帝たち 四』 塩野七生)
エリートの責務は公益への奉仕にある。  (『ローマ人の物語 19 悪名高き皇帝たち 三』 塩野七生)
民の声は神の声…  (『マキアヴェッリ語録』 塩野七生)
世界の首都にふさわしいのは誰?  (『ローマ人の物語 18 悪名高き皇帝たち 二』 塩野七生)
あなた方は羊を殺して肉を食すよりも、毛を刈り取る対象として考えるべきである…  (『ローマ人の物語 17 悪名高き皇帝たち 一』 塩野七生)
ある職業でもなく、ある技術でもなく、高度な緊張を要する生活?  (『ローマ人の物語 16 パクス・ロマーナ 下』 塩野七生)
見たいと欲しない現実までも見通す者とは…  (『ローマ人の物語 15 パクス・ロマーナ 中』 塩野七生)
悪いは、具体的なことは何一つともなわず、イメージのみが独り歩きする場合である(笑)  (『ローマ人の物語 14 パクス・ロマーナ 上』 塩野七生)
3.15.懐古主義者たちの自己陶酔がもたらした、無益どこか有害でしかなかった悲劇…  (『ローマ人の物語 13 ユリウス・カエサル ルビコン以後 下』 塩野七生)
市民たちよ、女房を隠せ。禿の女たらしのお出ましだっ(笑)  (『ローマ人の物語 12 ユリウス・カエサル ルビコン以前 中』 塩野七生)
カエサル渡河、南進中。  (『ローマ人の物語 11 ユリウス・カエサル ルビコン以後 上』 塩野七生)
統治システムを賭けた闘争(笑)  (『ローマ人の物語 10 ユリウス・カエサル ルビコン以前 下』 塩野七生)
透徹した文体を愛した人…  (『ローマ人の物語 9 ユリウス・カエサル ルビコン以前 中』 塩野七生)
まずは始まり、始まりぃー(笑)  (『ローマ人の物語 8 ユリウス・カエサル ルビコン以前 上』 塩野七生)
グレートだぜ(笑)  (『ローマ人の物語 7 勝者の混迷 下』 塩野七生)
市民であると言う事は?  (『ローマ人の物語 6 勝者の混迷 上』 塩野七生)
正義と不正義ではなく、ただの勝者と敗者…  (『ローマ人の物語 5 ハンニバル戦記 下』 塩野七生)
何であろうと、ハンニバルは通過する(笑)  (『ローマ人の物語 4 ハンニバル戦記 中』 塩野七生)
海に行くぞぉー(笑)  (『ローマ人の物語 3 ハンニバル戦記 上』 塩野七生)
SPQR?SPQR(笑)  (『ローマ人の物語 2 ローマは一日にして成らず 下』 塩野七生)
永遠の都とは何ぞや?  (『ローマ人の物語 1 ローマは一日にして成らず 上』 塩野七生)
すべての歴史はローマにつながっている?  (『ヴァチカン物語』 塩野七生・石鍋真澄ほか)
 州正子
そこにあるということ…  (『白洲正子と歩く京都』 白洲正子 牧山桂子 ほか)
染物と織物(笑)  (『白洲正子のきもの』 白洲正子 牧山桂子 青柳恵介 八木健司)
まとまりのつかぬところ(笑)  (『西行』 白洲正子)
視点の統一?または不統一について(笑)  (『両性具有の美』 白洲正子)
かげんところあい?  (『白洲正子 美の種をまく人』 白洲正子・川瀬敏郎 他)
西行は歌よみだが、定家は歌をつくる(笑)  (『私の百人一首』 白洲正子)
序破急?  (『お能の見方』 白州正子 吉越立雄)
極盛相の一歩手前(笑)  (『おとこ友達との会話』 白州正子)
にほんのいたるところに~  (『日本の神々』 白州正子 堀越光信 野本寛一 岡田荘司)
 
 
宇宙の美と愛とを、食者に伝える芸術?  (『私の好きな料理の本』 高橋みどり)
多様性という名の雑多性という名の渾然一体(笑)  (『ラーメン屋vs.マクドナルド』 竹中正治)
まずは一杯~  (『世界のビールベスト50』 巽一夫)
人は良き方向、正しい理由に基づいて行動しているときに強い信念を持つ事ができる。  (『傷ついた日本人へ』 ダライ・ラマ14世)
 橋秀実
おさえると浮いてくる。浮いてくるから、またおさえる?  (『はい、泳げません』 高橋秀実)
奮戦記?奮闘記?  (『「弱くても勝てます」』 高橋秀実)
みんなおつかれ…  (『トラウマの国』 高橋秀実)
 
モラルとモラール…  (『知の武装』 手嶋龍一 佐藤優)
これを知らないとはモッタイナイ(笑)  (『タダで入れる美術館・博物館』 東京散策倶楽部)
エッフェル塔の電飾広告?  (『大人のためのブランド・カー講座』 徳大寺有恒)
 
さまよえる大都会?  (『ヒトラーのウィーン』 中島義道)
マテリアルの総本山?  (『あのころのデパート』 長野まゆみ)
ワインは踊る?  (『ワインと外交』 西川恵)
心塵脱落?身心脱落?  (『迷える者の禅修業』 ネルケ無方)
 
げるまんだましい?  (『モノが語るドイツ精神』 浜本隆志)
東都の東…  (『銀座の達人たち』 早瀬圭一)
 本治
幸福には、そういう残酷な一面がある?  (『モディリアーニの恋人』 橋本治 宮下規久郎)
移り変わって行く流れそのものが重要なものだ…  (『ひらがな日本美術史』 橋本治)
 川光
トーキョー・ブランド?  (『東京名物』 早川光)
どの水にしますか(笑)  (『ミネラルウォーター・ガイドブック』 早川光)
 
すすんでいるのか?おくれているのか?  (『ニホン語話せますか?』 マーク・ピーターセン)
生きとし、生けるもの…  (『「生きた化石」の世界』 マルコ・フェラーリ)
戦うことより遊ぶことを考える方が知性的(笑)  (『せいめいのはなし』 福岡伸一)
ねこもしゃくしも?  (『豆腐百珍』 福田浩 杉本伸子 松藤庄平)
花のみを待つらん人に山里の雲間の草の春を見せばや  (『コクと旨味の秘密』 伏木亨)
やまとごころの(笑)  (『手妻のはなし』 藤山新太郎)
トンカツだけじゃないんです(笑)  (『ブルドックソースレシピ集』 ブルちゃん愛好会)
 原正彦
永遠の最先端っ  (『大いなる暗愚』 藤原正彦)
パーティはどこに(笑)  (『日本人の矜持』 藤原正彦)
美しさ罪ぃ(笑)  (『天才の栄光と挫折』 藤原正彦)
ならぬものはならぬものです…  (『国家の品格』 藤原正彦)
 
 
どんな人にも必ず良いところがある。物事は良い方に考えろ。  (『白州次郎・正子の食卓』 牧山桂子 写真・野中昭夫)
世界の辺境で言語を叫ぶ(笑)  (『言語世界地図』 町田健)
いつの時代でも世界を変えるのはマイノリティであってマジョリティではない(笑)  (『マツ☆キヨ』 マツコ・デラックス 池田清彦)
京都、参上(笑)  (『マイ京都慕情』 みうらじゅん)
すいーと(笑)  (『最高のホテル 極上の部屋』 美野香)
安全と安心と良心と…  (『日本人が食べたいほんもの』 向笠千恵子 写真・松村映三)
あれは忘れもしない…(笑)  (『恐るべきさぬきうどん 麺地創造の巻』 『恐るべきさぬきうどん 麺地巡礼の巻』 麺通団)
 
いと、をかし(笑)  (『日本語は天才である』 柳瀬尚紀)
遊び方を知っている最後の旦那?  (『夏彦の影法師』 山本伊吾)
されど行うは神なり…  (『禁忌の聖書学』 山本七平)
祖国とは国語だ。それ以外の何ものでもない…  (『一寸先はヤミがいい』 山本夏彦)
熱と渇きより歓声と拍手と口笛と…  (『メキシコの青い空』 山本浩)
 口由美
光もあれば、闇もある?  (『消えた宿泊名簿』 山口由美)
日本の中の西洋?  (『百年の品格 クラシックホテルの歩き方』 山口由美)
旅は爆発だぁー(笑)  (『世にもマニアな世界旅行』 山口由美)
 
通常運転?  (『ホワイトハウスの職人たち』 マイケル・ユー)
日本には温泉がある(笑)  (『温泉主義』 横尾忠則)
行く先ざきで豆を煮ている?  (『私の中の日本』 ホセ・ヨンパルト)
 老孟司
結論なんて出ない旅の結論?  (『骸骨考』 養老孟司)
習慣は女王である。それによってなし得ないことはなにもない?  (『身体巡礼』 養老孟司)
日本人よ、自然に還れ(笑)  (『「自分」の壁』 養老孟司)
共通了解可能性(笑)  (『養老孟司 特別講義 手入れという思想』 養老孟司)
読書の秋(笑)  (『身体の文学史』 養老孟司)
人は利を見て害を見ず、魚は餌を見て鉤を見ず(笑)  (『復興の精神』 養老孟司 茂木健一郎 山内昌之 南直哉 大井玄 橋本治 瀬戸内寂聴 曽野綾子 阿川弘之)
私はウソしか言いません(笑)  (『大切なことは言葉にならない 養老孟司の大言論Ⅲ』 養老孟司)
またいつ会えるか、分からないからね(笑)  (『嫌いなことから、人は学ぶ 養老孟司の大言論Ⅱ』 養老孟司)
それでいいではないか。  (『希望とは自分が変わること 養老孟司の大言論Ⅰ』 養老孟司)
遠い人類より、隣の人を愛しなさい。  (『虫眼とアニ眼』 養老孟司 宮崎駿)
対偶?対偶(笑)  (『逆立ち日本論』 養老孟司 内田樹)
 
劣化コピー乙(笑)  (『浮世絵 消された春画』 リチャード・レイン)

新典社
君により よよよよよよと よよよよと 音のみぞ泣く よよよよよよと(笑)  (『光源氏とティータイム』 岩坪健)

新日本出版社
健康食品?  (『「とうふ大好き!」レシピ110』 池上保子・池上正子・小林秀一)

新評論
 
らしさの中の京都とは?  (『秘密の京都』 入江敦彦)
 
ホタルホタル…  (『ホタルの水、人の水』 遊磨正秀)

新風舎
 
山の彼方の空遠く?  (『オーロラを見に行こう!』 岩井律子)
きちっとな(笑)  (『ヨーロッパの七五三と寺子屋』 奥田征夫)
 
まねーばんくす(笑)  (『貯金箱の本』 森宣子)
ガイヤーンっ(笑)  (『タレを付けたり付けなかったり』 松実)

公益財団法人 新聞通信調査会
きんのがちょうはたいせつに(笑)  (『大地震・原発とメディアの役割』)

秦文堂
じゃぱにーず・いんぐりっしゅ?じゃぱにっつぁー・どいっちゅ?じゃぽね・ふらんせ?  (『英語のバカヤロー!』 古屋裕子 編)

新曜社
 
et aux(笑)  (『女たちの単独飛行』 C.M.アンダーソン、S.スチュアート・著 S.A.ディミジアン・協力)
 
鏡映像は、人が見ていないときには存在するのをやめてしまう(笑)  (『鏡という謎』 リチャード・グリゴリー)
 
全てはここから始まった?  (『人間はどこまでチンパンジーか?』 ジャレド・ダイアモンド)
 
過去は未来において真に生き残る(笑)  (『古いメディアが新しかった時』 キャロリン・マーヴィン)

人類文化社
ほのぼの~  (『ねこねんね』 坂東寛司)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目次 書 さ~し: